Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

大学生の満足度1位!マルタ留学がおすすすめな理由10選

留学先として「マルタ」が注目されるようになったのはここ5年程のことです。以前はカウンセラーがお客様にマルタをおすすめしても「どこですか?」「初めて知りました」というお声があったのですが、ここ数年でお客様の方から「マルタってどうなんですか?」「インスタでマルタを見てここに行きたいと思いました」というリクエストもいただいています。

Instagramの人気投稿、「マルタ留学あるある」を見たい方はこちら😀

そんなマルタ留学。改めて魅力をご紹介します。

【目次】
🌸マルタの基本情報
🌸マルタへの行き方
🌸マルタ留学を選ぶ人って?
🌸マルタ留学の魅力10選
🌸Withコロナでもマルタは人気
🌸マルタ留学体験談
🌸マルタ留学あるある

マルタの基本情報

まずはマルタの基本情報。

【国名】マルタ共和国
【首都】ヴァレッタ
【島】 マルタ島・コミノ島・ゴゾ島
【公用語】マルタ語・英語
【面積】316平方キロメートル(およそ東京23区の半分)
【人口】約40万人(およそ東京都品川区の人口)
【通貨】ユーロ
【日本との時差】-8時間(サマータイム時は7時間)

地中海に浮かぶ小さな島です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなっていて、一番大きなマルタ島に主都のヴァレッタやマルタ国際空港があります。公用語がマルタ語と英語ですが、イタリアが近いためイタリア語を話す人もいます。EU加盟国でもあり、通貨はユーロが使用されています。日本との時差は-8時間で、日本の方が8時間進んでいます。

【年間平均気温】

地中海性気候で、年間を通して温暖な気候です。朝晩は冷え込むものの、最低気温が10℃を下回ることはほとんどありません。ハイシーズンは6月~8月で、ヨーロッパから多くの観光客が訪れます。

マルタへの行き方

マルタ留学の魅力10選

日本からの直行便は出ていないため、ドバイ(エミレーツ航空)やイスタンブール(トルコ航空)、アブダビ(エディハド航空)など、乗継便を利用します。所要時間は利用する航空会社によっても異なりますが約20時間。往復ともそれぞれ2日間は移動に必要です。

留学の場合は月曜日から学校が始まるので日本を土曜日に出て、翌日の日曜日にマルタ着。帰りは金曜日に学校が終わり、土曜日にマルタを出発し、日本の日曜日に到着します。

2週間の場合のスケジュール例

マルタ留学を選ぶ人って?

ISS留学ライフでは毎年200名以上の方がマルタ留学をしています。それではどんな方が留学先としてマルタを選んでいるのでしょうか?

年代

マルタ留学者年代別
ISS年代別マルタ留学者(2015~2019)

大学生に人気の理由

♡留学費用が安く抑えられる
♡乗継便でも時間に余裕があるので選択しやすい
♡インスタ映えスポットがたくさん

期間

マルタ留学者期間
ISS期間別マルタ留学者(2015~2019)

1ヵ月未満の留学者に人気の理由

♡小さい島なので2~3週間あれば十分満喫できる
♡リゾート旅行気分で留学できる

マルタ留学の魅力10選

こんにちは!ISS留学ライフカウンセラーの米澤です。ここからは、大学生の春休みに2週間マルタ留学を経験した私が、マルタの魅力をご紹介します!

①ヨーロッパの留学生が多く日本人が少ない

マルタ留学

ヨーロッパにあるため、イタリア、スペイン、ドイツの西ヨーロッパやウクライナ、チェコなどの東欧から多くの留学生が訪れます。一方で日本からは移動に時間がかかるということもあり、カナダやオーストラリアと比較しても日本人留学生は少ない傾向にあります。

ただし6月~8月のサマーシーズンは留学生全体の人数が多くなるので、(学校全体の日本人比率は低くても)英語レベルが下のクラスになってしまうとクラスの半分くらいが日本人ということになってしまうこともあります。その時期に行く場合は出発前に英語力をアップしてなるべく上のクラスに入れるようにしましょう。

◇シュプラッハカフェ2019年の留学生割合

西ヨーロッパ(スペイン、ドイツなど):42%
南米(ブラジル、コロンビアなど):21%
東ヨーロッパ(チェコ、ウクライナ):18%
アジア(日本など):14%
その他(トルコなど):5%

私のクラスは真ん中のレベルのクラスで、全部で10名。ブラジル、ドイツ、スペイン、スウェーデン、台湾、ロシア、イタリアなど様々な国籍の生徒がいました。日本人は私を含めて2人で、2週目はその子が帰国して私ひとりでした。ちょっぴり不安でしたが1週目でロシアの子と仲良くなっていたので心強かったです。

②寮滞在で留学生同士仲良くなれる

マルタ留学

アメリカやカナダ、オーストラリアなどでの留学は、学生寮はあまり多くなく、また長期滞在でしか利用できない場合が多いので、1ヵ月未満の留学であるとほとんどの場合がホームステイ滞在になります。その点マルタは1週間単位で寮滞在ができるので、気軽に学生寮滞在を体験することができます。

シェアキッチンで食事を作ったり、リビングで宿題、勉強をしたり、留学生同士で交流する機会が増えるので現地で友達を作りたい方にはおすすめです。

部屋はほとんどの学校で1人部屋から2人、4人部屋まで希望と予算に合わせて選択できます。

色々な経験をしたかったので、ホームステイと寮滞在を1週間ずつ手配しました。1週目のホームステイはとても親切な老夫婦でよかったのですが、シャワーの時間を気にしなければいけないのと、夜ご夫婦が早く寝てしまって退屈でした。寮滞在は同じ年代の留学生がたくさんいて皆で夜遅くまでパーティしていました(笑)。英語をたくさん話せる良い機会だったと思います。

③とにかく物価が安い

マルタ留学

マルタは他の留学先として人気のイギリスやアメリカ、旅行で人気のイタリアやフランスに比べて物価が安いことでも人気を集めています。

マルタ留学物価
マルタ・イギリスの物価の目安

学校の近くにある地元のピザ屋さんのマルゲリータが1枚4ユーロでボリュームもあってよく寮の友達とシェアして食べていました。イタリアも近いのでちょっとしたパスタやパン屋さんも安くてとっても美味しいです♡

④治安が良い

マルタ留学

マルタはヨーロッパの中でも36ヵ国中3位の犯罪率が低い国です。観光地やバーでの置き引きやスリには一定の注意が必要ですが、これまで留学した女性でも「夜7時くらいに街を歩いても全然怖さは感じませんでした」「治安はとってもよかったです!他にもアメリカやイギリスに行きましたがマルタが一番良かったと思います。」という感想をいただいています。

夜の街や都会が苦手な私にとって、マルタはとっても落ち着いて過ごせた所でした。時間がゆっくり流れていて、現地の人は見知らぬ私にも「Hello」と笑顔で声をかけてくれます。とても暖かい雰囲気で、すぐマルタが好きになりました。

⑤インスタ映えスポットが沢山

マルタ留学

近年のマルタ人気はInstagramの人気と共に上昇してきました。地中海の青い海、16世紀の歴史的建造物や街並み、イタリア仕込みの料理やスイーツなど、とにかくインスタ映えするものに溢れています。

マルタ留学インスタ映え

マルタは映えスポットが沢山あると聞いていたので、iphoneを最新の機種に買い替えて出発しました(笑)カメラセンスのない私でも映え写真がいっぱい取れて「いいね」をたくさんゲットしたので大満足です!

⑥バスで島中どこでも移動できる

マルタ留学交通

マルタ島内の留学生や観光客の移動手段は徒歩かバスで、市内バスでほとんどの主要都市、観光地に行くことができます。バスの料金は1.5ユーロ(サマーシーズンは2ユーロ)で一度乗車すると2時間以内であれば同料金でいくらでも移動可能です。観光客向けに21ユーロで7日間乗り放題のパスもあります。

バスは朝5:30頃から夜23:00まで運航しており、金・土曜日は深夜バスも運行しています。バス停や時刻表も存在していますが、マルタではバス停以外でもお年寄りが手を挙げれば止まってくれたり、時刻表通りにバスが来ないこともしばしば。せっかちな人にはちょっとストレスかもしれませんが、1週間もいればこの「マルタ時間」に慣れちゃいます(笑)

授業が午前中で終わるので、午後はバスを利用してマルタ中を巡りました。主要な観光地や繁華街も気軽にバスで行けて、バスのルートも簡単だったので良かったです。行くところがない時はビーチに行って、ただ何時間もクラスメイトのロシアの子と話していました。全部いい思い出です♪

⑦安くヨーロッパ旅行ができる

マルタ留学ヨーロッパ

マルタからLCCを使って1~3万円でヨーロッパのイタリアやフランス、ドイツといった国に行くことができます。また「シェンゲン協定」に加盟している国なら入国審査も必要ないので、国内旅行気分で気軽にヨーロッパ中の旅行ができます。

シェンゲン協定とは、加盟しているヨーロッパの国家間において、出入国検査(国境検査)なしで国境を越えることを許可する協定のことです。現在26ヵ国が加盟しており、主な加盟国はオーストリア、ベルギー、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、マルタ、スペイン、スウェーデンなどです。

イタリアに行くのがずっと夢だったので、木曜日の授業後から金曜日の授業を休んで(笑)週末イタリア旅行をしました!最初は一人で行こうと思っていたのですが、仲良くなったロシアの子に話したら「いいね~私も行く!」とかなりノリで一緒に行くことになりました。そのくらい気軽なものなんだと思います。憧れのローマは見どころ満載で圧巻でした!

⑧年間を通して気候が良い

マルタ留学気候

前述の「マルタ基本情報」でもご紹介した通り、地中海性気候で、年間を通して温暖な気候です。

夏は日本に比べ最高気温が高いですが最低気温は一緒なので朝晩は涼しく感じます。また降水量も少なく乾燥しているので、ジメジメとした湿気を感じることはなくカラっとした暑さです。

冬はそれなりに寒くなるので薄手のコートやある程度の防寒具は必要です。また乾燥していますのでマスクや化粧水は必須です。

春は日本がまだ寒い日があるのに比べ、20℃を超える日も出てきて快適に過ごすことができます。

私が行ったのは3月下旬だったのですが、日本で着ていったコートは暑くて脱ぎました(笑)チェコ人のクラスメイトは毎日Tシャツと短パンで過ごしていました。ただイタリアは寒かったのでコートは持って行ってよかったです。

⑨猫好きにはたまらない、別名「猫の島」

マルタ留学ネコ

人口よりも猫が多いと言われるほど猫が多い島です。実際にはマルタのネコは野良猫が大半のため、正式に数えられておらず、その数は30万匹から70万匹といわれています。(人口は約40万人です。)

マルタの猫は非常に人懐っこく、人が近寄っても気にせずのんびり寝転がっています。そのため猫のリラックスした様子の写真がたくさん撮れちゃいます。

普通に歩いていてもネコに出会うのですが、1日は「猫の日」と決めて猫スポットをたくさん回りました。天気のいい日だったので公園や港で日向ぼっこしている猫がたくさんいて、すっっごい可愛かったです。また地元のおじいちゃんが猫と戯れている様子がなんとも癒されました。

猫スポットの記事はこちら↓(米澤さんの撮った猫写真もあります📷)

猫好きさん必見!別名「猫島」と呼ばれるマルタ共和国の魅力人間より猫が多い!? マルタのネコは野良猫が大半のため、正式に数えられておらず、その数は30万匹から70万匹といわれています。2016年のマルタの人口(外務省デ…

⑩歴史ファン必見のスポットが多く残っている

マルタ留学

マルタは世界の歴史の中でも侵略と支配が多く繰り返された国です。中でも有名なのは1500年代にオスマン帝国軍に追われた聖ヨハネ騎士団がマルタ島を新たな本拠地とし、その後マルタ島を攻めてきたオスマン帝国をマルタ騎士団がわずか4か月で撃退した話です。

この当時の騎士団長のジャン・ド・ヴァレットの名前にちなみ、現在の首都がヴァレッタと名付けられたそうです。

街には当時の城壁や戦いの様子が残るスポットが残っていて、映画「トロイ」や「グラデーション」など歴史映画の撮影地にもなっているので歴史ファンだけでなく映画ファンも必見の場所です。

世界史はあまり詳しくないですが、城壁の街は映画のセットみたいで圧巻でした。マルタに関する歴史を学んでから留学したらもっと楽しかったと思うので、皆さんはぜひ事前にマルタの歴史を調べてから行くことをおすすめします!

Withコロナでもマルタは人気

そんな魅力たっぷりのマルタですが、「実際、今はコロナで行けないんでしょ?」と思う方も多いかと思います。

実は、Withコロナでもマルタは一番人気の留学先なんです☆その理由を見ていきましょう。

【理由① 入国後の隔離期間がない】

マルタは2020年夏以降、入国後の隔離期間がなく留学できる国として人気があります。今後ワクチン接種が進み、入国後の隔離が不要な国が増えて来るとは思いますが、隔離なしで留学生活に入れる国は多くありません(2021年5月現在)。夏休みなどの短期留学だと留学期間自体が1ヵ月以内になるため、隔離がないのは嬉しいですよね✨

【ビザ】
 3ヵ月以下:観光 
 3ヵ月以上:学生ビザ(現地で申請)
【日本国籍の方の入国】可
【PCR検査の陰性証明】必要
【入国後の自主隔離】無し(PCR検査の陰性証明提示が条件)

\コロナ状況の詳細はこちら/

【マルタ】新型コロナウイルスに関する最新情報(6/3更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【理由② コロナの感染者数が減っている】

2021年5月時点で新規感染者は毎日30名以下と減りつつあります。5/10よりレストラン、カフェも再開したのでほぼ日常通りの生活が戻ってきています。

語学学校IELSのスタッフよりも以下のようにコメントをくれました。

5月に入り、飲食店はテイクアウトのみだったのがテラス席での飲食も可能になりました。今はランチだけですが、まもなくディナー時間の営業も許可される様子です。 スリーマはカフェやレストランが海沿いに並ぶ人気のエリアなので、今は人が多く行きかい、活気があります。新規感染者が一桁の日もあり、気温が上がって陽気な天候の日も多く、皆さん海沿いのベンチでリラックスされている光景をよく見ます。現在はマスクの着用は必須で街中でも取り締まりの強化がされていますが、マスク無しで歩いている人はスリーマでは見かけません。

【理由③ ワクチンの接種が主要留学国で1番進んでいる】

マルタは小さい国ということもあり、ワクチン接種がかなり進んでいます。主要留学国(英語圏)などでは、トップの接種率となっています。下記は、5/21時点のデータです。

1回目の接種完了率:59.6%
2回目の接種完了率:33.7%
日本人留学生のワクチン接種:基本的に対象外

<最新情報>Times of Maltaにて発表通り、人口の60%近くの方の1度目接種が完了。2回目の接種の完了者は、26%にあたる12万人。ワクチンはファイザー、アストロゼネカ、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンが使われています。医療従事者、高齢者ホーム滞在者、学校関係者、70代、60代と順番に案内が来て接種が行われています。そのあと、50代から若い層は登録制になり、登録した日程や住まいの場所で接種場所とワクチンが自動的に決められます。現在は順調に50代、40代、30代、20代と済んで今は10代が可能となっています。日によって2000~6000人が接種しています。

以上、Withコロナでもマルタ留学がしやすい理由3選でした。コロナの状況としては日本のほうが深刻かもしれないですね。。。今の時期でもどうしても留学をしたいという方はマルタがおすすめです!

マルタ留学体験談

ここからはマルタ留学をしたお客様の感想をいくつかご紹介!

マルタでの生活は本当に快適でした!みんなゆっくりのんびりしていて、バスもまず時間通りに来ることはないし、お店も平気で休む(笑)でもそんなのんびりした雰囲気が私にはとても心地よく何のストレスもなく過ごすことができました!
豊かな自然を見るにも、昔の建造物を見るにもバスでどこへでも行けるので、気軽に観光できます。観光しない日はすぐそばにビーチがあるのでそこでゆっくりしていました。マルタは良い人も多く治安の面での心配もありません!(2月出発:8週間)

橋本さん(大学生)
橋本さん(大学生)

マルタのロケーションは本当にすばらしいと思います。地中海に面していて冬でも過ごしやすいです。また、ヨーロッパなので周りにはたくさん訪れる国があります。私は滞在中ローマに行きました。マルタを留学先として決めた理由の一つに治安が良いということでしたが、いくら治安が良いと言っても海外なので少し不安がありました。しかし夜に一人で歩いていても大丈夫なくらい安全で、現地の人もとても優しく、とても良い国だと実感しました。(2月出発:4週間)

伊東さん(大学生)
伊東さん(大学生)

海に囲まれたとても落ち着いた街並みで、落ち着いて過ごすことができました。また、約3 ヵ月の滞在の間、天気にも恵まれて傘をさした記憶がないくらいです。ルームメイトは2 つ年上のアルジェリアの女性で、話すのはお互い英語で、わからない時は身振り手振りで伝えていました。一緒にごはんを食べたり作ったり、出かけたりと多くの時間を過ごし、私にとってはお姉さん的な存在でした。今回の留学が充実していたのは、この方との出会いが大きかったと思います。(8月出発:12週間)

松岡さん(社会人)
松岡さん(社会人)

マルタ島はたくさんの観光スポットがありますが、昼と夜で全く違う風景があるので、同じ場所でも見え方が全然違います。毎日が新鮮でした。海を見たり、散歩したり、週末にはイタリアに行ったり、英語も身につけたい!バカンスも楽しみたい!他国の文化も学びたい、触れたい!と思う方は、マルタがおすすめです。マルタ留学を経験して外国で暮らすぐらいの英語力はついたと思います。(8月出発:12週間)

多田さん(社会人)
多田さん(社会人)

もっと見るならこちらから↓

たった1週間のマルタ留学が私を変えてくれました留学のきっかけとISSに決めた理由 大学4 年次に就職先が決まり、私が外国語大学に通っていたことから、内定先から「英語力を期待している」と言われました。TOEI…

マルタを大好きになりました運命的な選択 今年の私の目標は、「思いついたことを全部成し遂げる」でした。最後の大学生活を、破天荒な私らしく、友だち皆がびっくりするような生き方をしたいと突然思…

人生は1度きり!自分の気持ちに正直に、悔いのない選択を私が留学を決めた理由 私は高校生の頃から漠然と、外国人と英語を通して仲良くなりたいという思いがあり、留学に憧れていました。しかし、高校、大学と部活動に所属してい…

マルタ留学あるある

最後に、Instagramで紹介して人気投稿となった「マルタ留学あるある」を紹介します✨

見てみましょう💕

ここ=ポパイビレッジ

ポパイの映画でロケ地として使われた場所。カラフルな家々ときれいな海のコントラストがとにかく映える!

これ=ジェラート

Amarinoの可愛いジェラートはみんな絶対食べる!帰国後のお客様からジェラートの写真をいただくことも多いです♪

Whatsappは必須

日本でのLINEみたいに、ヨーロッパで使われているアプリ!先に登録しておく必要があるので要注意。

マスクが大活躍

もはやマスクは必須アイテムですが、乾燥しがちなヨーロッパでは更に必須アイテム。多めに持っていきましょう⁂

暗い部屋にもそのうち慣れる!

リビングの電気、これ以上つかないの!?と最初は驚きますが、だんだんと慣れてきます。暗くなったら寝るというのはまさに人間らしい生活ですね(笑)

以上、マルタ留学あるあるでした!
もちろん私もアイスの写真を撮りましたよ💕

\マルタ留学が気になったら/

マルタ留学に関する問合せ・メール相談

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学体験談