Z-KAI Group

MENU

Voice 留学体験談

【Withコロナ留学】帰りたくないと思うほど、マルタが好きになりました

中山 あすかさん

マルタ

PROFILE

年齢・ご職業 39歳・ 社会人
国・都市 マルタ、セントジュリアン
期間 2週間(2021年6月)
学校 EC マルタ校
参加プラン マルタ(セントジュリアン)英語研修 寮滞在

2週間のマルタ留学に参加された中山様より、素敵な留学体験談を伺いました。コロナ禍の留学ではありましたが、勉強も観光も大満喫されたそうです✨

Withコロナでも留学を決意

学生時代はあまり考えたことがなかった留学ですが、シェーン英会話で英語を習っていた時期があり、留学に興味を持つようになりました。とはいえ仕事があったので実現は難しいと諦めていたのですが、転職をする合間の期間を利用して2週間の留学を決意しました!

特にこの国が良い!というのはなかったのですが、コロナ禍でもあったので「今行ける国」かつ「観光も楽しめる国」というのを重視し、マルタを選びました。コロナ禍だからといってそこまで大きな不安はありませんでしたが、出発まで、外務省の渡航情報などは毎日のようにチェックしていました。 

日本出発~マルタ到着

トルコ航空を利用し、トルコのイスタンブールで乗り継いでマルタへ向かいます。イスタンブールまでの飛行機は3席を1人で使えて、広々でした。逆にイスタンブールからマルタは満席で、全然違うなあと感じました。

コロナ禍なので、通常と異なる点がありました。日本で事前にPCR検査を受け、マルタで陰性証明を提出するのですが、無事に入国できるかなど少し不安もありました。実際には、ちょっとした質問をされたくらいでスムーズに入国できました!ただ、送迎が一緒だった他の日本人の方は色々と質問をされてかなり時間がかかったようでした。

初日から楽しかった授業

授業初日は緊張をしていましたが、いざ始まってみると初日から楽しかったです!

「日本人あるある」で、テストはできるけれどスピーキングで圧倒されてしまう…ということが私にもありました。

授業はそれぞれの意見を聞かれることが多く、特にヨーロッパからの留学生はそういうディスカッションに慣れている様子でした。授業は基本的に、テキストに沿った話題で進みます。例えば「仕事について」のテーマでは、お互いの仕事や職場でのルールについて、「あなたの国ならどう?」と国によっての違いを比較するような内容でした。

クラスに日本人は私1人で、他はフランスからの方が多かったです。ヨーロッパの留学生の方の話を聞いているのはとても面白く、興味深く、初日から楽しかったです!でも、自分の意見を英語で言うとなると上手く言葉がでてこないこともあって、歯がゆい思いもありました。

あとは、ヨーロッパの留学生の方の発音が独特で、何度聞いても聞き取れないことがよくありました。そういう時は何度も聞いてごめんなさい!と思いながら確認していました(笑)

授業前に寄ったカフェ「Costa」のコーヒーとマフィンが可愛いです✨

最高だった、青の洞窟(Blue Grotto)

2週間しかない!という思いから、放課後や週末にはマルタの観光地をたくさん回りました💛

予定が合えば語学学校で出会った友達と食事に行ったり、1人でも観光したりと充実していました。マルタはどこも本当に良かったのですが、その中でも本当に最高だったのは、ゴゾ島にある青の洞窟(Blue Grotto)です。青い海が本当に綺麗で感激でした。

食事も美味しかったです💛

マルタでの生活

マルタ島内での移動は、主にタクシーかフェリーを利用しました。タクシーは、Boltという配車アプリを使って簡単に呼ぶことができました。アプリでさっと入力すると、あと何分と表示されて車が来るので本当に便利です。タクシー以外にも、電動スクーターを予約することもできます。首都ヴァレッタなどに行く時はフェリーを使いました。こちらも30分に1度は出ているので乗りやすかったです。

フェリーから眺めるマルタも最高です😀

学校の寮に滞在しましたが、日本人の方が他に2人いて、よく情報交換をしました。現地のスーパーでここなら日本食買えるよ!とか水はここが安い!とか、お土産はこれが良いなどの話で盛り上がりました。また、1人は既にマルタに長期滞在をしている方だったので、日本のコロナの最新情報なども話したりしました。寮のフラットには特にルールはなく、ごみ捨てなどは気がついた人がやる形でした。

大きなスーパーは寮から約1キロ、徒歩20分程でした。私が滞在していた6月、マルタにヒートウェーブ(熱波)が来ていたそうで、毎日35℃以上の気温でした…。歩いていると、ものすごく暑かったです(笑)

マルタは本当に猫が多かったです😸

マルタのコロナ状況や話題

コロナ禍だからといって不便だったことはそんなにありませんでした。コロナが原因で入れない観光地などはなく、美術館の一部エリアが閉まっていたというくらいです(そのお陰で入場料のディスカウントがあったりもしました)。

私の行った6月、既にマルタではワクチン接種がかなり進んでいて、接種を終えた人はマスクをしなくて良いことになっていたので、コロナ禍だという感じはあまりありませんでした。街中でもマスクをしていない人は多かったです。ただ、観光地は例外で、入場したら名前と電話番号の記入、検温の実施、マスク着用義務がありました。ヨーロッパからの観光客や留学生もマスクをしていました。

現地ではコロナの話が話題に出ることが多かったです。日本はワクチン接種が進んでいないため、ワクチン系の話が出た時に返答が難しいと感じました。ワクチンに対しての私の返答が、日本の考え方と思われてしまうのではないか…と思い、言葉はかなり選びました。 また、同じくらい東京オリンピックの話題が出ることも多かったです。正直、日本の人たちは政治や外交などについてあまり関心がない人も多いかと思うのですが、留学で出会った人たちは自分の意見を持っている人が多く、自信を持って話すので圧倒されることも多かったです。

人が優しいマルタ、帰りたくない

マルタ滞在を通して、本当に人が優しい国だと感じました。レストランで1人で食事をしていても、「日本人?」などと現地の方が話しかけてくれて会話が弾みました。たった2週間の留学期間はあっという間に過ぎ、最後のほうには「帰りたくない」と思うほど、マルタが好きになりました。またいつか必ず留学したいと思います!

中山 あすかさん が通った学校はこちら

EC Malta EC マルタ校

EC マルタ校

この学校について詳しく知る