Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

オーストラリアのスーパーで絶対買いたいお菓子5選

 海外のお菓子って、カラフルなパッケージで見ているだけでワクワクしませんか!?今回はメルボルンに留学していたISSスタッフがハマった、スーパーで購入できるオーストラリアのお菓子をご紹介します。

① Tim Tam

オーストラリアのお菓子といえば定番のTim Tam!日本でも輸入食品を取り扱っているお店で購入可能ですが、その大体が定番のオリジナルという味です。オーストラリアのスーパーに行って驚いたのはTim Tamの種類の多さです。期間限定なものや新発売と書かれた商品もあり、常に10種類くらい販売されていました。オーストラリア限定の味もあり、甘いものがお好きな方はぜひ買ってみて下さい!!

② Caramello Koala

チョコレート繋がりでオーストラリア感が出るのは、キャドバリー社のコアラの形をしたチョコレートです。その名も“Caramello Koala”!中にキャラメルソースが入っているミルクチョコレートで、個包装なのでお土産として配りやすいです。Tim Tamだとありきたりだし日本でも売ってるし…と思った方はぜひ買ってみてくださいね。

Tim Tam(写真上・右下)、Caramello Koala(左下)

③ANZAC Biscuit

 次はアンザックビスケットです🍪年中スーパーのお菓子コーナーで売られていますが、年に1回だけ脚光を浴びる日があるのです!それは4月25日のアンザック・デーです。アンザックは英語でANZACと書き、A=Australia・NZ=New Zealand・AC=Army Corpsのことで、オーストラリアとニュージーランドの連合軍という意味です。アンザック・デーは元々、第一次世界大戦中の最も悲惨な戦いの一つだったガリポリの戦いで犠牲となった連合軍の兵士を追悼するための日でしたが、第二次世界大戦後には全ての戦争で戦った兵士の追悼の日となりました。アンザック・デーとビスケットがどんな関係かというと…実は第一次大戦の時に兵士のお母さんや奥さん達が戦場へ向かう兵士に持たせたり、送ったりしたものがアンザックビスケットなのです。材料が日持ちのする栄養たっぷりの物ばかりで、当時の女性が兵士たちのことを思う気持ちが伝わってきます。

アンザックデ・デーの歴史を知ると買いたくなりますね

④ SHaPes

 次はしょっぱい系のお菓子をご紹介します。箱がカラフルで「THE海外のお菓子」といった見た目のSHaPesは、クラッカーにしっかりとした濃い味付きのパウダーが付いたお菓子です。バーベキュー味・ピザ味・チーズ味・チーズ&ベーコン味など様々です。色々な味を試して自分のお気に入りの味を見つけてみてくださいね。ファミリーパックもあり、1箱に小袋がたくさん入っているのでお土産としても最適ですよ!

包装がカラフルでかわいいので、お土産におすすめ

⑤ RED ROCK DELIのHONEY SOY CHICKEN味

そして私の1番オススメのスナック菓子は、RED ROCK DELIのHONEY SOY CHICKEN味です。甘じょっぱいポテトチップスで、一度食べたら忘れられない味です。お土産でたくさん買って帰りたくなるですが、飛行機の手荷物で持ち帰る際は注意です⚠気圧で破裂してしまい、ボストンバッグの中がポテチの匂いになりました💦皆さんも持ち帰る際は気をつけてください。ファミリーパックで小袋5個のセットも売ってますので、お土産にはファミリーパックの方がオススメです。大きい箱で売っているので若干かさばりますが、飛行機の中で破裂する心配が軽減されます。これが日本に売っていればいいのに…と何度も思いました。ここのメーカーのポテトチップスは少し固くてザクザク系で、日本では売っていないような珍しいライム&ブラックペッパーの味のものもあります。期間限定の味もあるので、ぜひ見つけた際は買ってみて下さい!

一度食べたら忘れられない味!絶対買ってみてください^^

 今回は私のオススメのスナック菓子を紹介しましたが、留学中はスーパーに行くことも多いと思うので、色々な食べ物を試してみて自分のお気に入りの物をお土産にすると喜ばれると思いますよ!

メルボルンのおすすめの学校

ILSC メルボルン校 – ILSC Melbournキャンパスは 、市内はもちろん郊外への移動にも便利な拠点となる、サザンクロス駅前に位置しています。創立は2016年と世界に8校あるILSCグループの中では比較的新しいキャンパスですが、オーストラリア他の3校(ブリスベン・シドニー・メルボルン校)と変わらず年間平均1,000人以上の学生が在籍する人気校です。人気のコース、「English through Melbourne」ではメルボルンの街を先生と散策しながら英語力を身につけることができます。

セントラル クイーンズランド大学 – CQ Universitセントラルクイーンズランド大学は現在オーストラリア国内に10のキャンパスがあり、3万人以上の学生が在籍しています。English Language Center メルボルン校は、メルボルンの活気あるセントラルビジネスディストリクト(CBD)の中心にあります。メルボルンは、オーストラリアで最も活気のある国際的な都市の1 つであり、世界で最も「住みやすい」都市の1 つと言われています。英語のコースでは、日常的なコミュニケーションのためのスキルアップを目指すことが出来ます。高度な資格を持った教師人が献身的にサポートをしてくれます。

留学お役立ち情報一覧へ