Z-KAI Group

MENU

Voice 留学体験談

人生の第二スタートが切れた留学

北里 涼子 さん

オーストラリア

PROFILE

年齢・ご職業 54歳・ 主婦
国・都市 オーストラリア、パース
期間 8週間
学校 ミルナー インターナショナル カレッジ オブ イングリッシュ
参加プラン 世界一美しい街、オーストラリア パースで英語研修ホームステイ

海外に行こうと思ったきっかけ

もともと中学生のころから英語が好きで、洋楽の歌詞を辞書で調べてカタカナ訳で一緒に歌っていました。いま思えば、これが私の英語への入り口だったように思います。その後、高校、大学はスポーツに明け暮れ、いつの間にか社会人になり、英語を勉強したいと頭の片隅にはありましたが、仕事をしているとそんな時間が取れず、気づけば50 代に差し掛かっていました。そんな時、英会話スクールに通うようになり、私の中に眠ってい た英語を勉強したい! という気持ちに火がつき、さらに、本場の英語に触れてみたい! という気持ちが年々強くなってきました。そこで、31 年勤めていた会社を退職し、留学を決意しました。夫もいつも応援してくれていたので、それも大きかったです。

オーストラリアを選んだ理由

まず留学先を選ぶにあたって、オーストラリアかカナダを考えていました。特に、当時テレビで見ていた英会話の番組がオーストラリアを旅するという設定だったので、広大なこの国に行きたい! と思いました。そして、なるべく日本人が少ない所を選び、パースにしました。

学校や友達

学校はパースの中心(シティ)にあり、とても便利でした。授業は、午前中はグラマー、午後はスピーキング、そして、週に2 回、発音矯正のクラスがありました。南米、ヨーロッパ、台湾、中国、韓国など、約13ヵ国の生徒と一緒に勉強をしました。国籍も年齢も違うクラスメートとすぐに仲良くなりました。 特に、台湾の友達とは日本に帰ったいまでもFacebook でやりとりをしていて、近いうちにお互いの国に行こうと約束をしています。 学校帰りにはショッピングやカフェでお茶をするなど、楽しめました。日本とは違い、年齢は全く関係ないということも新鮮でしたし、充実した学校生活が送ることができました。

パースでの生活

ホームステイ初日、飛行機が遅れ、ホストファミリー宅に着いたのがなんと夜中の2 時くらいでした! ハプニングで始まったホームステイ生活でしたが、ホストファミリーはとても良い人で、つかず離れずの感じで、私にとっては良い環境でした。 1 番の思い出は、ホストファミリーとそのお孫さん、ホストファミリーのご友人ファミリーと、2 泊3 日のキャンピングトリップに行ったことです。このホストファミリーに出会わなければ、広大なオーストラリアを満喫できた旅は一生経験できなかったと思います。 パースに着いてまず感じたことは、オーストラリアは水がとても貴重だということです。毎日、いかに自分がぜいたくに水を使っていたのか実感しました。シャワーの時間が10 分ということが最初は大変でしたが、慣れると平気でした。オーストラリアは日本と比べると質素( 特に食事) でしたが、その代わり家族や友達をとても大切にしています。そして、日々の生活に「Thank you」、「Sorry」、「No worries」が根づいている素敵な国でした。

自分から動く

私は54 才で留学をしました。行く前は「私の年齢で大丈夫かな。友達できるかな」と心配をしていましたが、実際に行ってみると、取り越し苦労だったことがすぐにわかりました。困ったことや大変だったことはあまりありませんでしたが、こういう気持ちをもつかどうかは自分次第です。海外では、日本のように「察する文化」がありません。仲良くなりたいのであれば自分から話しかけないと、その後の留学も楽しくならないと思います。せっかく海外に来たのだから、いろいろなことを楽しもう! 考え方を変えよう! と思うことが大切です。私世代の人は、まだまだ自分のことに時間を取れる方が少ないかもしれません。でも、そんな方にこそ留学はオススメです。これからの人生が豊かになります!

北里 涼子さん が通った学校はこちら

Milner International College of English ミルナー インターナショナル カレッジ オブ イングリッシュ

Milner International College of English

この学校について詳しく知る