Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

ロンドンだけじゃない!イギリス地方都市のすすめ コッツウォルズ編

イギリス=ロンドンを想像する方が多いと思いますが、実はロンドン以外にもイギリス留学におすすめな都市がたくさんあります。イギリスに長期滞在の経験があるISSカウンセラーがおすすめ都市をご紹介。今回は、絵本の世界にタイムスリップしたような、中世の街並みが残るコッツウォルズ地方です。小さな村や街が多いのですが、コッツウォルズエリアに滞在して語学留学も可能なので、是非最後まで読んでくださいね。

※他の都市も紹介しています

ロンドンだけじゃない!イギリス地方都市のすすめ ブライトン編イギリス=ロンドンを想像する方が多いと思いますが、実はロンドン以外にもイギリス留学におすすめな都市がたくさんあ …

ロンドンだけじゃない!イギリス地方都市のすすめ カーディフ編イギリス=ロンドンを想像する方が多いと思いますが、実はロンドン以外にもイギリス留学におすすめな都市がたくさんあ …

コッツウォルズってどこにある?

コッツウォルズという言葉をご存じでしょうか?コッツウォルズとは街の名前ではなく、イングランド中央部に広がる丘陵地帯一体のことを指します。

ちょうど、イングランドの中央部にあたる

特別美観地域に指定されていて、このエリアにある村や街はまるで絵本の中に迷いこんだみたい。中世の街にタイムスリップしたような気分になります。グーグルで検索すると「歴史的建造物がある風光明媚な田園地帯」となりますが、まさに風光明媚なイギリスの郊外らしい風景を堪能することもできます。コッツウォルズとは「羊の丘」を意味し、かつて羊毛産業で栄えたエリアでもあります。

そこで!絶対行くべき、コッツウォルズの可愛い村5選を紹介します。

①英国で一番美しい村、バイブリ―(Bibury)

コッツウォルズ地方の定番で、ガイドブックなどにもバイブリー村の写真が使用されることが多いです。かなり小さな村なので、30分もあれば見て回ることが可能。17世紀の家並みが点在しており、はちみつ色の家々が並ぶ姿はとってもかわいらしいです。

おすすめスポットは、The Swan Hotel。宿泊しなくても、レストランで食事をしたり、紅茶を楽しんだりができます。ホテル裏庭の池には名前の通り、白鳥が泳いでいます。

有名なThe Swan Hotel。紅葉の時期は本当にきれい。

②はちみつ色の家々が並ぶ、カッスル・クーム(Castle Combe)

バイブリーと似た雰囲気ではありますが、もう少し「絵本の中に迷いこんだ」感が強い可愛らしい村。石畳の橋だったり、石造りの家に飾られた花だったり、歩いているだけで楽しいです。村には1つ、Castle Innというパブがあり、美味しいランチを堪能できるのでおすすめ。

お天気が良い日は、外で食事を楽しむ(Castle Inn)
一年中、きれいな花が咲き乱れる

③水の都、ボートン・オン・ザ・ウォーター( Bourton-on-the-Water )

村を横切るウィンドラッシュ川がアクセントになった村。上述の2つの村より規模は大きく、レストランやカフェ、お店も色々とあるので一日いても飽きないです。おすすめの過ごし方は、川を眺めながらぼーっとすること!夏はアイスクリーム屋さんがたくさん出ているので、アイスクリームを食べながらもいいですね。

夏の時期は観光客でいっぱい!
ショップやレストランも充実

モデル・ビレッジ(Model Village

ボートン・オン・ザ・ウォーターの街並みを、ミニチュアで再現した小さなテーマパークがあります。本物そっくりな、はちみつ色の家々を俯瞰で眺められるので、結構楽しいです。入場料も£4.50(約500円)なので気軽に入れます。鬼怒川にあるテーマパークのような感じです(笑)

一見、小ささがよく分からないのですが…
人間と比べるとミニチュア感がわかりますね!

④ノスタルジックタウン、ブロードウェイ(Broadway)

ブロードウェイは、羊毛産業の中継ぎ地として栄えた街です。今でもハイストリートにはレストランやカフェが立ち並び賑わっている一方、美しい緑の丘はどこか懐かしさを覚えます。

ブロードウェイ・タワー(Broadway Tower)

特におすすめなのが、緑いっぱいの丘からブロードウェイの街を見渡せる、ブロードウェイ・タワー。高さ17メートルの塔となっているので、晴れた日には上りたい。

ブロードウェイ・タワー横のベンチに座って、街を見渡したい
6~8月頃はラベンダーの季節(写真はイメージ)。
ラベンダーの石鹸やハンドクリームなど、ラベンダー関連のお土産も豊富。

⑤映画ファン必見、レイコック(Lacock)

切妻屋根と古い木造住宅が並ぶレイコックは、村全体がナショナルトラストに登録されています。古い街でコッツウォルズの中でもそこまで有名ではなかったのですが、映画『ハリーポッター』のロケ地となってから人気大爆発!他の村とは少し離れた場所にあるのですが、訪れる人が多いです。上の写真の廊下、ハリーやロン、ハーマイオニーが話しながら歩いているシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか?この回廊だけでなく、ハリーポッターの生家やゴドリックの谷もこの村で撮影されているそうです。映画ファンはワクワクしてしまいますね!

<番外編>ストラトフォード・アッポン・エイヴォン(Stratford-upon-Avon)

コッツウォルズ地方ではないのですが、コッツウォルズとあわせて行きたい街、ストラトフォード・アッポン・エイヴォンを紹介します。『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『リア王』などで有名な、劇作家シェイクスピアの生まれた街。シェイクスピアの生家やシェイクスピアの周りの人々のゆかりの地、劇場などがあります。シェイクスピアが活躍した16世紀にタイムトラベルできそうな街なので、時間があれば是非寄ってみてください。

必ず行きたい、シェイクスピアの生家

シェイクスピアが生まれた家が今も残っています。中世らしい木組みの家が特徴的で、内装も当時の様子が再現されています。裕福な家庭の出身だったようで、その広さに驚きます。

可能な限り、当日の様子をそのまま再現しています

シェイクスピアの妻、アン・ハサウェイの家

シェイクスピアと結婚するまで実際に住んでいた家です。外見はとてもおしゃれな感じなのですが、かなり素朴な民家なのに驚きます。中は観光用にきれいになっており、お土産品なども売られています。素敵なガーデンは必見、イギリスのお庭を満喫できますよ。

ロイヤル・シェイクスピア劇場(Royal Shakespeare Theatre

シェイクスピアが生まれた街だけあって、歴史ある劇団の拠点があります。日々、シェイクスピア作品を中心にミュージカルを上演しています。また、ミュージカルを観なくても、ガイド付きの劇場案内や展示室の見学ができます。イギリスの演劇に興味がある方はおすすめ。

コッツウォルズの魅力を紹介しました。イギリスらしさを感じられるコッツウォルズ、行ってみたくなりますよね。 コッツウォルズ地方、最大の都市であるチェルトナム( Cheltenham)に滞在しながら、紹介した村や街を巡ることができますよ。

コッツウォルズ地方を堪能できる語学学校はこちら!

インリンガ チェルトナム – Inlingua Cheltenhaイギリスの昔ながらの風景が残る小さな村が集まった地域です。緑の広がる丘と「はちみつ色」のかわいらしい家が並ぶ風景はまるで絵本の中に飛び込んだかのようです。チェルトナムは昔ながらの風景を残しながらも大きなショッピングセンターもあり大変暮らしやすい街です。学校からコッツウォルズ地域の観光地へのアクセスも良いので、ぜひ空き時間を使ってコッツウォルズ地方の特色である「はちみつ色」の石で造られた家を眺めながら、街を散策してみてください。

留学お役立ち情報一覧へ