Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

今、有給インターンができる「Co-op留学」が人気の5つの理由/本当におすすめのカレッジ10選

今、有給インターンができる「Co-op留学」が人気の5つの理由/本当におすすめのカレッジ10選

カナダの留学を調べ始めると目にするのが「Co-op留学、Co-opプログラム、Co-opビザ」などという言葉。

カナダには有給インターン経験ができるプログラム、その名も「Co-op留学」があります。これが今、大学生や社会人を中心に大人気なんです!

カナダのCo-op留学って何?

今、大学生や社会人を中心に大人気のCo-op留学とは何なのでしょうか?詳しい内容を見ていきましょう!

カナダのCo-opプログラムは「学校での授業」と「就労体験」がセットになっている留学

※就労(インターン)期間はプログラム全体の50%を超えてはいけないという決まりがあります。
※DiplomaではなくCirtificateを取得するコースもあります。

Co-opは簡単にいうと「海外で勉強もでき、働くこともできるプログラム」のこと。カナダに入国後、プログラムの前半は専門分野に関する講義を受け、プログラムの後半では学んだことに関連した有給インターンをします。

期間は専門分野や通う学校によって異なりますが、基本的に「授業」の期間と「インターン」の期間は同じになります(例外あり)。

👉「Co-opプログラム」とは、“学校での授業”と“就労体験(有給インターン)”がセットになったプログラム。Co-opができるのはカナダだけ!

ワーキングホリデーとは違う?

「ワーキングホリデーも現地で働けると聞きますが、Co-op留学と違うんでしょうか?」という質問もよく頂きますが……答えは「ワーキングホリデーとは違います」

以下の表を参照してください。

co-opビザとワーホリビザの違い

ワーキングホリデーは、そのビザさえ取ってしまえば何でもアリなのが特長です。語学学校に行ってもいいし、行かなくてもいい。アルバイトをしてもいいし、しなくてもいいビザとなってます。勿論、大多数の人は学校に行ったり、アルバイトをしたりしますが…一応、ビザの規定としては何もしないでカナダでぼーっと暮らしててもOK、なんです!

一方、Co-op留学のビザの場合は、学校に行くことを事前に決め、その学校に通うことを前提としてビザが発行されます。また、学校のあとは必ず「インターン」「職業体験」をする必要があります。

👉自由度の高いワーキングホリデービザ、就学と就労をしっかり学ぶCo-opビザ。目的に合わせて選択してくださいね。

\Co-op留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

※ご要望欄に、「Co-op留学」とご記入いただくとスムーズです。

今、「Co-op留学」が大学生に人気の5つの理由

それでは、Co-op留学はなぜこんなに人気があるのか?その理由を見ていきましょう!

理由①給料の出る有給インターンなので、現地で生活費を稼げる

カナダCo-op留学

大きなメリットとなるのが、給料が出るという点です。

上述①のように、「英語力+α」だけが目的であれば、英語力を付けた後に大学で学問を極めるということでも良いのですが…。留学期間が長くなればなるほど、留学にかかる費用は高くなりますよね。特に学生ビザの場合、アルバイトは一切できないので、支出のみとなってしまいます。

カナダの最低時給は、バンクーバーエリアで$14.60(日本円にすると約1,200円程)です。仕事によりますが、ホテルやオフィスなどでの仕事と考えるともう少し時給が良い場合が多く、これだけでもかなりの生活の足しになります。「長く留学したいけど、初期費用は少ない」という方にも魅力的なのがCo-opプログラムとなっています。

理由②留学で“語学だけ”を学んだ学生との差別化ができる

カナダCo-op留学

語学留学のハードルが下がり、今はお金と時間さえあれば誰でも語学留学に行ける時代です。

就職活動の自己PRで、「留学して英語力をあげてきました!」という学生はとても多いのです。多すぎて珍しいエピソードではなくなってしまっているという現実…。留学をするにしても英語力アップだけを目指すのではなく、英語力をあげて何をするか。即ち、「英語力+α」の何か別の経験が欲しいところ。そこで、唯一無二の経験ができるのがCo-op留学なんです!

特に2021年以降は新型コロナウィルスの影響もあり、就職活動が厳しくなることも予想されます。これから就活を控えているという大学生の皆さんは、他の人とは違う能力や経験をPRすることが大事になる時代を迎えます。その際に、「語学留学をしてきました!」だけではなく、「語学力を活かして、海外で実務経験を積んできました!」と言えるCo-op留学はまさにおすすめ!

理由③海外でのインターン経験を、帰国後の就職活動や転職活動にいかせる

カナダCo-op留学

近年、日本でも就職活動の前にインターンをする学生が多くなっています。

就活前にインターンを経験しておきたい!と大学3年生くらいから焦り始める人が増えるのは、10年前にはそれほどなかった光景です。実は、欧米では大学生の大半がインターンを経験します。欧米では、様々な専門コースの勉強や資格取得とインターンが実施され、自身の職業選択や適性を図るためにも、まず専門の勉強をして次にインターンをし、即戦力として就職するのが一般的となっています。

Co-op留学では、コース終了後に“Diploma”と呼ばれる修了証を発行してもらえます。(※)日本への帰国後、関連する業界や職種への就職を考えている場合には活かすことができます。また、全く関係のない業界や職種だとしても、海外で英語で実務経験を積んだという経験はマイナスにはならないでしょう。

現在は、新型コロナウィルスの影響により、日本でも学生向けのインターンが軒並み中止になっています。インターンも経験できず、授業もオンラインばかり…という生活のあとにいきなり就職活動となる大学生の方も多いですよね。カナダのCo-op留学を利用して、海外でのインターン経験を積んでおくことで、実践的な力を身につけられること間違いなしです。また、転職を考えている社会人がキャリアチェンジをするためにCo-op留学をするパターンも年々増加しています。

※Cirtificateが発行されるコースもあります

理由④学生ビザとワーキングホリデービザの良いとこドリ

カナダCo-op留学

上述の「英語力+α」を考えた時に現地でアルバイトやインターンなど働いてみることを考える方は多いと思います。しかし、カナダの学生ビザでは残念ながらアルバイトもインターンもできません。

一方でアルバイトができるワーキングホリデービザでは、最長6ヵ月までしか学校で学ぶことができません。

Co-opビザなら自分の語学力や目標に合わせて就学の期間が決められます。そして語学力や専門知識をしっかりと身に着けた後にインターンができるので、学生ビザ(就学)とワーキングホリデービザ(就労)の良いところをどちらも経験できるのです。

⑤ワーキングホリデーでは見つけられない、オフィス系やホテルでの仕事ができる可能性が高い

カナダCo-op留学

30才までの方が取得できるワーキングホリデー(通称ワーホリ)ビザだと、1年間にわたりアルバイトをしながら海外経験をすることができるのはよく知られています。

しかし、ワーホリでするアルバイトは、日系の飲食店でのフロア係やキッチンハンドと呼ばれる調理場補助がほとんどなのが実情です。もちろん、飲食店等でのアルバイトでも日本のそれとは内容が異なるので、文化の違いや接客を通じての経験値をUPさせることは可能です。

ただ、大学生や社会人の皆様の中には、「海外でオフィスワーク、または自分の興味のある専門分野の仕事をしてみたい」という方もいらっしゃるかと思います。海外の企業は、日本のように採用してから教育する、ということをしない即戦力重視なので、英語がペラペラで業界経験がない限り、簡単な接客や作業以外の仕事を見つけるのは困難です。ところが、Co-opビザならば事前にしっかりと専門分野の知識・英語力を戦略的に身につけるので、オフィスワークも可能!しかも給料も貰えるんです。

以上、①~⑤のようなメリットをあげてみると…語学留学ではなく、カナダでCo-op留学をしたくなってきませんか?

👉Co-op留学は、ワーキングホリデーや語学留学と比べて初期投資はかかります。しかしその分、語学力+学歴、資格、職歴を付けることのできるプログラムです!

\Co-op留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

「Co-op留学」は現地でどのくらい稼げる?~130万稼いだ夏希さんの場合~

Co-op留学の大きな特長の1つとして、インターンで給料が出るという点があげられます。留学費用を少しでも抑えたいという方には魅力的ですよね!一体どのくらい稼げるのでしょうか?実際に、Co-op留学を経験した夏希さんに聞いてみました。

大学2年生の夏希です。都内の大学に入学したものの、オンライン授業が続いて、大学生らしい経験が詰めない日々が続きました…。そこで、大学を休学して留学することを決意!初期費用として親には150万円を援助してもらい、出発しました!あとは現地のインターンで稼ぐと決めていました。ホスピタリティ学を学び、インターンも経験して、帰国後の就活にいかせそうだと思っています。

カナダCo-op留学

👉トータルで約250万円の支出があったものの、現地で約132万円を稼ぐことができました!

留学するのに費用のことが一番の悩みだったので、Co-op留学はまさに私にピッタリでした!ただお金を稼ぐだけではなく、以前から興味のあったホテルでのインターンもでき、就活にもいかせそうです。Co-opを勧めてくれたカウンセラーさんに感謝です😀

詳しく知りたい方は

カナダで稼げる留学!有給インターンができるCo-op留学モデルプラン今、大学生に一番人気のカナダのCo-op留学。大学生で半年以上の長期留学を考えているなら、知らなきゃ損するかも!?Co-op留学って何なのか、何が人気の秘密なの…

「Co-op留学」で学べる、専門分野とインターン内容

では、一体どんな専門分野の勉強・インターンができるのでしょうか?選択肢は多岐にわたりますが、その中でも人気が高く、学びやすい分野をまとめました。

帰国後の就職活動や転職に直結しやすい、以下2つの専門分野の人気が高くなっています。

人気①カスタマーサービス系を学ぶ

カナダCo-op留学

カスタマーサービス系のCo-op留学の場合、飲食、接客、旅行系などの分野について学ぶことが多くなっています。具体的には以下のようなものがあります。

飲食系 レストランでの接客、料理やお酒の知識
接客系 ホテル業務全般、客室管理など
旅行系 旅行業界の知識、マーケティングなど

\具体的なプランを見てみたい/

【Co-op留学】トロントで専門スキルを学ぶ(カスタマーサービスエクセレンスコース)(6ヵ月以上)コミュニケーション、リーダーシップ、チームワーク、問題解決力を身につける留学を就職に活かしたい方向け!専門スキル取得コース学んだ内容を有給インターンで実践的に学…

【Co-op留学】ホテルや飲食店での仕事を学ぶ(ホスピタリティマネジメントコース)(6ヵ月以上)ホテルや飲食店での基本的な仕事から管理まで学べるコースです。大学生に今一番人気のCo-op留学バンクーバーで人気のカレッジで学べる

人気②ビジネス系を学ぶ

カナダCo-op留学
ビジネス基礎 ビジネス基礎知識
チームビルディング 仕事におけるコミュニケーション 、チームワーク、リーダーシップ力など
マーケティング デジタルマーケティング、広告、SNSなど

\具体的なプランを見てみたい/

【Co-op留学】バンクーバーで専門スキルを学ぶ(デジタルマーケティングスペシャリスト)(6ヵ月以上)WEB分析、YouTube広告、ディスプレイ広告などを学ぶことができる留学を就職に活かしたい方向け!専門スキル取得コース学んだ内容を有給インターンで実践的に学ぶ…

【Co-op留学】トロントで専門スキルを学ぶ(ビジネスエッセンシャルコース)(6ヵ月以上)ビジネスの基礎知識や円滑なコミュニケーションを学ぶことができる留学を就職に活かしたい方向け!専門スキル取得コース学んだ内容を有給インターンで実践的に学ぶことがで…

※他にも多数プランを紹介しています。お気軽にお問合せください。

\Co-op留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

※ご要望欄に、「Co-op留学」とご記入いただくとスムーズです。

ISS留学ライフ厳選!今、本当におすすめのカナダのカレッジ10選

ISS留学ライフが、今本当におすすめなカレッジ10選を紹介します。

①Cornerstone International Community College of Canada

おすすめポイント
★座学だけでなく、実践的なトレーニングも取り入れており、就活に活かせるカリキュラム
★レッスンの時間帯が午前(8:30-12:30)/午後(1:00-5:00)/夜(5:30-9:30)と3つあるため、生活リズムによってスケジュールを調整できる
★日本人スタッフの丁寧なサポート
★バンクーバーの中心駅からすぐ

\学校の詳細はこちらから/

Cornerstone International Community College of CanadaCICCCは専門学校だからできる留学をテーマにしており、英語学習だけでは終わらない、プラス専門スキルを目指す学校です。プログラムがディプロマプログラムで、現地で…

②Vancouver International College career campus

おすすめポイント
★Cambridge, Pearson発刊の教材の他、VICオリジナルの教材で効率よく学習できる
★人気の「Cutomer Service Professional」コースの場合、あらゆる分野に対応できるようにモジュールが設けられているため、卒業後は様々な分野に応用でき、学習した内容がビジネスの場面(説明・交渉など)でいかせる
★Co-op専任のコーディネーターが在籍しており、入学2週間以内に、①全体向けCo-opオリエンテーション、②複数回の個別面談 がある

\学校の詳細はこちらから/

Vancouver International College career campus各プログラムに実習またはCo-opのオプションがあり、キャリアに活きる専門知識の習得+海外インターンの両方を実現することが可能です。特にTESOL はバンクーバ…

③Tamwood Careers

おすすめポイント
★バンクーバーとウィスラーにキャンパスがある
★カスタマーサービス系はカナダの大学から単位認定を受けているほどクオリティが高いプログラム
★Tamwood独自のユニークなプログラム(Global Start Up School)がある

\学校の詳細はこちらから/

Tamwood CareersTamwood Careers はビジネス専門学校です。経営・マーケティング系(2 コース)とカスタマーサービス系(2 コース)を提供し、非常に実践的な勉強がで…

④SELC Career College

おすすめポイント
★バンクーバー発祥の地ガスタウンの中心にある学校
★定期的に様々な企業の採用担当者を招待し、キャンパス内でジョブフェアを開催
★カナダ国内200以上の企業と提携しているため、学生1人ひとりの英語力やスキルに合った仕事斡旋を100%保証
★キャリアカレッジの1年~2年のプログラムでは、人材育成サポートが受けられる

\学校の詳細はこちらから/

SELC Career CollegeSELCバンクーバーは、バンクーバーの中心地ガスタウンのど真ん中にある、おしゃれでアットホームな学校です!世界各国の留学生が集まるので、海外の友だちをたくさん作…

⑤ILAC Career College(ILAC IC)

おすすめポイント
★カナダで一番人気のある語学学校ILACのキャリアカレッジ
★大規模校なので、自分に合ったレベルで友人を作りやすい
★Co-opスペシャリストが在籍しており、学生のスキルや経験、英語力、需要などにより求人のご紹介やカウンセリングを行う
★私立のキャリアカレッジとして初めて公立大学やカレッジへのPathwayを契約しており、提携校ではILAC ICで取得した単位を提携校へ移行することが可能

\学校の詳細はこちらから/

ILAC International College TorontoカナダNo.1人気の語学学校ILACの、Career Collegeです。ブティックスタイルのオシャレなキャンパス。英語コース(ESL)の生徒とは受講する時間帯…

⑥Toronto School of Management

おすすめポイント
★日本人が少ない
★1モジュール約3週間で完結、その後に1~2週間の休校日を挟むため、学習に集中ができる
★現場で使用されている最新のシステムやプラットフォームを使って学習できる
★専任のキャリアカウンセラーがおり、個別カウンセリングから、履歴書・カバーレターの書き方指導、面接・LinkedInセミナー、キャリアフェア、ネットワーキングイベントなどの参加、模擬面接などを行う

\学校の詳細はこちらから/

Toronto School of Managementトロントのダウンタウンの中心地にあるTSoM は、80ヵ国から学生が集まるビジネスカレッジです。ビジネスを基礎から学びたい方から、ホテルやリゾートで働きたい方、…

⑦IH Vancouver

おすすめポイント
★全ての講師は業界経験者、CELTA資格を持つ。大変フレンドリーな講師で、生徒からの信頼も高い
★おおよそ毎月1回のスタート日がある(夏・年末は2週間程休みあり) 
★Hospitality&Hotelmanagementの場合、外資系ホテルで働くに断然有利とされる、AHLEIの資格をそれぞれの科目で取得することができる

\学校の詳細はこちらから/

International House Vancouverインターナショナルハウスは、バンクーバーで数少ないJ-SHINE(日本小学校英語指導者認定資格)を取得できる学校です。TOEIC500点以上、または学校の英語レ…

⑧VGC International College

おすすめポイント
★開始日が1ヵ月に約1回あるため、フレキシブルにスケジュールを組みやすい
★生徒の目的や受講期間に合わせて選択肢がある。(Certificateなら1か月~、Diplomaなら6か月。 Diploma & Co-opなら1年)
★ジョブサポートスタッフとの定期的なミーティング
★日本人スタッフの丁寧なサポート

\学校の詳細はこちらから/

VGC International CollegeVGCはこだわりのカリキュラム、経験豊富な講師陣など、英語習得はもちろんのこと、ワークショップやスタディラボなどの学生サービスも充実しています。更に豊富なアクテ…

⑨Greystone College

おすすめポイント
★Co-op専門の部署を設置しており、コープ先の紹介やキャリアフェア、ジョブフェアを行っている
★Co-op部署のスタッフが約50社のローカル企業を訪問し、Greystone Collegeの学生のための空きポジションを獲得
★Greystone Collegeに通学中の学生はILSCの日本人学生アドバイザーとも日本語で相談することが可能
★少人数クラス制で、講義型ではなく、実践・参加型のカリキュラム

\学校の詳細はこちらから/

Greystone College Vancouverグレイストーンカレッジのキャンパスで定期的に行われるキャリアフェアでは学生たちは企業の担当者に直接会い、企業の求める様々な内容や採用の機会について話をすることが…

⑩VanWest College

おすすめポイント
★インターン先手配は100%保証
★Co-op部署があり、200社以上の提携会社がある
★カリキュラムは全て、カナダ高等教育省傘下のBC州BCIBから厳しい審査を受け、認定を受けている
★学校内でグループ面接の機会があったり、Jobフェアに参加したり、ワークショップなどのアクティビティが行われる

\学校の詳細はこちらから/

VanWest Collegeバンウエストのビジネス専門プログラムで、特に人気なのがCo-op付きのプログラムです。全てのプログラムはカナダの高等教育省傘下の BC 州 Private Tr…

Co-op留学をした方のリアルな体験談

30代男性 長塚様

CICCCのホスピタリティマネージメントコースを受講
インターン先はホテル

日本では一般企業で営業をしていました。転職の際にホテル業界を考えた時、ホスピタリティ産業で発展してきている都市といえばバンクーバー、さらには語学力の向上も望めると思い留学先に選びました。Co-opプログラムの授業では、北米のホスピタリティ産業を基盤に、毎月科目が変わって色々と学ぶことができました。テスト、レポート、プレゼンがあり、様々なことを学べて楽しかったです。クラス自体が多国籍な故、様々な意見や各自の経験からの話が聞けて面白かったです。インターンでは、新規オープンホテルの開業前からプレオープニングメンバーとして働くことができました。オープン前からトレーニングを始めたことにより、チームビルディングも問題なくでき、どの立場からでも意見やアイデアを出すことができたのは、日本とは違うカナダの働きやすさの一つだと思い勉強になりました。終了後は、日本に戻りホスピタリティ産業に関連する仕事をする予定です。

30代女性 依田様

CICCCのホスピタリティマネージメントコースを受講
インターン先は旅行会社

修学旅行や語学研修の実施が主な業務ですが、プログラム提供を支える多くの事務仕事があり、とても大変ですがやりがいがありました。観光地の予約手配では、日本のように即レスポンスがあるところばかりではないので、傾向を把握した上で、電話予約をまずして、駄目押しでメールでのコンファメーションを行うこともあります。各所に料金問い合わせをして比較表を作成したり、お客様向けにお見積りを作成したりなども行います。日常会話では、どれだけ遠回りな話し方をしても耳を傾けてもらえることが多いですが、ビジネスではそうはいきません。的確な表現でないと、すぐに電話も「メールにしてもらえる?」と冷たくあしらわれます。ショックを受けることもありますが、「これならどうだ」といろんな切り口で問い合わせ、すっと情報を引き出せた時は感動すら覚えます。
プログラム中一緒に仕事をするカナダ人大学生やESL講師と連絡をとり、責務についてやお客様に関する情報の伝達をするのも私の役目です。カナダ人とやり取りをする時は、要点を明らかにしつつ、コンパクトに伝えないと内容がうまく伝わりません。丁寧を心掛ける日本人の感覚よりも、簡潔・明瞭が優先されると感じたことは多々あります。コミュニケーションをとる上で、話す前に大事なポイントの個数を把握しておくことで、スムーズに行くと学びました。「この時に3つのポイントを押さえて欲しいんだけど」等と伝えることで、相手も自分の把握具合がつかめるので、双方に責任感が生まれることを実感しました。

\Co-op留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

※ご要望欄に、「Co-op留学」とご記入いただくとスムーズです。

気になるCo-op留学Q&A

コロナ禍でも行ける留学として増々人気となったCo-op留学ですが、この2年間でどのような変化があったのでしょうか?現地スタッフやお客様から聞いた最新情報をQ&Aにしてまとめました。

コロナ禍でもインターンシップ先は見つかりますか?
コロナ後すぐは、職種によっては求人の減少や解雇なども見られましたが、 現在はビジネスも営業を通常時と同じように再開しており、インターンシップ先は問題なく見つけられております。但し、コロナ前もコロナ後も、自分自身のこれまでの経験、スキル、英語力次第となります。

インターンシップって、どんな企業で働けるんですか?
インターン先は、’会社’や’企業’ で選ぶのではなく、’ポジション’で選びます。例えば、企業は「〇〇ホテル」でも、’受付’ ですとホスピタリティ系に該当しますし、’マーケティング部門’ で働くのであれば、それはビジネス系に該当します。「どこで働くか」ではなく「どんな仕事をしたいか」でコースを選ぶことをおすすめします。

これまでアルバイトなどしたことないのですが、現地でカフェなどで働く事はできますか?
まったくの未経験でしたら、難しい可能性が高いです。ですので、もし「〇〇がしたい」というものがあるのであれば、今からご出発までの期間、短くてもいいのでその関連のアルバイトなどを日本でしておくことをおすすめします。

カナダは今日本人が多いですか?
一時期は①日本から行ける留学先がカナダ+数国に限られていた②カナダに留学できる国籍が限られていた、ため日本人比率が高くなっていました。しかし2022年以降は①日本から留学できる国が増えた②カナダに留学できる国籍が増えた、ため今後はコロナ禍前の国籍割合にもどっていくと予想されています。

👉その他にも気になることがあれば何でもご相談ください!

\Co-op留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

※ご要望欄に、「Co-op留学」とご記入いただくとスムーズです。

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学プラン

あわせて読まれている
留学体験談