Z-KAI Group

MENU

高校生のための正規留学カナダの中学・高校教育制度

イギリスの教育方針を根底に伝統的な教育哲学を持つカナダ。自然にも大変恵まれています。カナダの中学・高校は、日本と同じように公立と私立に分かれています。カナダには、公立と私立を合わせて約5,500校の中学・高校があり、95%の生徒が公立に通っています。

ESLについて

多民族国家で移民の多いカナダの高校では、公立高校でも私立高校でも多くの学校で英語集中コースESL(English as a SecondLanguage)のクラスを設けています。ESLのクラスでは、留学生だけでなく、移民してきたばかりの家庭の子どもも学んでいます。ほとんどの留学生は、始めはESLコースに入学し、9月又は1月から普通の授業を受けるか、ESLと並行して科目履修をするというのが一般的です。

カナダの学期

セメスター制
9月 Fall Semester(秋学期)
10月
11月
12月
Winter Vacation(冬休み)
1月
Spring Semester(春学期)
2月
3月
4月
5月
6月
Summer Vacation(夏休み)
7月
8月

カナダの教育制度

(カナダの教育制度は州ごと、または公立・私立によって違います。場合によっては、その学校独自の制度をとっているところもあります。)

拡大して表示

中等教育

日本でいう高校は中等教育(SecondarySchool、Junior High School、HighSchool)に分類されます。州によってかなりの違いがあります。4年制、5年制、3・3年制等があり、特にケベック州はセジェップ(CEGEP)という大学進学の予備機関があり、他の州より1年早く中等教育を終了し、2年間のセジェップへ進学します。高校はGrade8〜12で、義務教育はGrade10までの州がほとんどです。

公立高校

ほとんどのカナダ人の高校生が通っているのが公立高校です。州を学区に分け、人口密度によって設置されています。留学生を受入れている学校や管轄の教育委員会には、コーディネーターがおり、様々な面で留学生をサポートしています。ホームステイ先もコーディネーターが直接選定しているため、質の高いステイ先をみつけることができます。授業料は、カナダ人は無料ですが、留学生は有料になります。

私立高校

私立高校は、学校独自の伝統的な授業と個性をもつのが特長です。共学校のほかに寮制の学校、男子校、女子校、遠隔地からの生徒や留学生にホームステイ先を用意している学校などいろいろなタイプがあります。私立の入学条件は、学校によっても様々ですが、過去2年間の成績証明書と推薦状は、ほとんどの学校が要求します。なかには、エッセイや健康診断書、TOEFL®のスコアが求められることもあります。