Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

日本から持っていくべきもの、そうでないもの

初めての海外長期滞在だとどうしてもあれこれ持っていきたくなり、手荷物で持ちきれず、小包を送ることも検討するかと思います。ですが、ほとんどの国や地域では、実際に到着してみると「何でも売っている」ということが多いです。

日本から持っていく必要のないものは?逆に、日本から持っていったほうが良いものは?
ISSのカウンセラーが実際の経験をもとにアドバイスをします!

日本から持っていくべきもの

足のサイズが小さい方は海外だと合う靴がないかも!
男性で25㎝以下、女性で23㎝以下の場合は日本から持参したほうが良いです。
(逆に、足のサイズが大きめという方は、日本だとあまり売っていないサイズも豊富にあるのでお買い物が楽しいと思いますよ。)

下着類

靴と同様、サイズが小さめの方はサイズが無い場合もあります。

爪切り

切れ味が違います。

耳かき

綿棒しかないので、日本の物を持っていくのがおすすめです。

生理用品

これは国にもよりますが、日本の物のほうが良い場合もあるので気になる方は持っていったほうが良いです。

化粧水、化粧品など

お金を出せば良いものもあるのですが、日本ほど安くて使えるプチプラコスメが充実していない国も…化粧水は自分で作っていたというお客様もいました。

マスク

海外では売っていない場合が多いです。

ホッカイロ

海外では売っていない場合が多いです。

日本から持っていかなくても良いもの

衣類

衣類に関してはあれこれ持っていかなくても現地で買えますし、金銭面で余裕があれば海外で好きな服を買うのも良い経験になるのでおすすめです。

日本食

海外でもある程度の都市であれば、醤油、めんつゆ、味噌などの調味料系、カップラーメンやお米、海苔なども手に入ります。(割高にはなってしまいますが)

チャイナタウンやコリアンタウン、あるいは普通のスーパーマーケットで購入できることが多いです。日本食レストランやラーメン店、寿司店なども増えてきているので、日本食は外食で楽しむということも可能です。

お気に入りのもの、気持ちが落ち着くものは持っていくのがおすすめ!

色々と紹介しましたが、「日本で使っているお気に入りの物」を持っていくことはおすすめしています。
普段着ている洋服や使っている日用品があることで不安な時、悩んだ時にリラックスできたり、いつも使っている勉強道具があることで、気合が入ったり…。

持ち物のことで迷いがあれば、お気軽にカウンセラーに相談してくださいね!

ISSでは出発の1ヵ月前を目途に、出発前オリエンテーションを実施しています。その際にも荷物のことはお伝えしますので、是非ご参加ください。

留学お役立ち情報一覧へ