Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

30周年を迎えるISSが厳選!キッズ留学、親子留学で人気の国ランキング

近年、留学の低年齢化が進んでおり、小学生でも夏休みや春休みを利用して短期留学をする方が増えています。 また、親子留学という形で、お父さんやお母さん、中にはおばあちゃんと一緒に留学をするという小学生、未就学児の方もいらっしゃいます。このような「キッズ留学」で人気の国はどこなのでしょうか?興味はあるけど、お子さんを連れてどこに行ったらいいか迷っているという方も必見!それぞれの国のおすすめの都市、語学学校も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。( ※ランキングは2019年の出発者を元に作成しています。)

※2020年は、新型コロナウィルスの影響により中止となっていますが、例年ご好評いただいているプランも紹介させていただきます。2021年以降の参考にしてください。

①11歳~12歳のお子さまにおすすめ

小学5年生、11歳以上であれば、保護者の方は無しに単独で参加ができるプランも多くあります。

No.3 イギリス

「イギリスってハードルが高そう」「小学生で参加して大丈夫?」という心配の声を頂くのですが、実はそんなことはないんです!イギリスでは、11歳以下のお子さんの1人での留守番、外出は禁止されていたりと、子どもの安全に関心が高い国。そのため、きちんとスタッフがケアできる「寮滞在」のプランが充実しています。

1人から参加できる寮滞在プランはこちら

校舎の一部が元宮殿!語学集中コース イギリス(南東部)英語研修 寮滞在 ※2020は中スポーツのアクティビティや健康的な食事が楽しめる充実の学校施設/午前と午後の週23 時間の 英語レッスンで英語力アップ/アクティビティや観光もついて勉強も遊びも充実しているプラン

添乗員付きプランはこちら

【添乗員同行】小学生夏休み海外語学研修(エガムコース)※2020は中ヴィクトリア女王によって開学されたお城のようなキャンパスでのプログラム/世界各国の留学生との交流を深めるアクティビティ/羽田空港から直行便利用。シェーン英会話スタッフ同行ツアー

<参加者の声>
充実した2週間でした。最初は英語が難しかったけれど、だんだん慣れて行って楽しくなりました。日本では見ることのできない建物や、日本ではあまり目にすることのない食べ物など、日本とロンドンの違いがよくわかったツアーでした。みんな優しい人ばかりです。初めて知ったこともたくさんありました。とても速く時間が過ぎて、もっといたかったなと思います。英語もけっこう上達したんじゃないかと思います。本当に楽しかった2週間でした。 ( 11歳、小学生、女子 )

No.2 アメリカ

「アメリカってハードルが高そう」「小学生で参加して大丈夫?」という心配の声を頂くのですが、実はそんなことはないんです!アメリカは小学生でも参加できる「寮滞在」のプランが充実している上に、小学生が楽しめるようなアクティビティが満載 です。カリフォルニアやディズニーランドやハリウッド、ユニバーサルスタジオなど、楽しみながら海外を体験できます。

添乗員付きプランはこちら

【添乗員同行】小学生夏休み海外語学研修(ロサンゼルスコース)※2020は中西海岸の名門、カリフォルニア大学 ロサンゼルス校でのキャンパス体験/ロサンゼルスの魅力を満喫できるアクティビティ付き/成田空港から直行便利用。安心の添乗員同行ツアー

<参加者の声>
ディズニーが好きなので、アメリカのプランにしました!初海外で親もいなくて最初は不安しかなかったのですが、毎日すっごく楽しかったです。UCLAの寮はきれいで、ご飯もおいしかったです。ディズニー、ユニバーサルが楽しかったです。授業もゲームなどが多くて楽しかったです。(12歳、小学6年生、女子)

No.1 オーストラリア

オーストラリアは、以下の理由から低年齢のお子さんの短期留学に人気があります。

①直行便が多く、フライト時間が短い

例えば、成田空港からケアンズは直行便で約7時間半です。(成田発 12:15→ケアンズ着18:45 ※2020年6月10日時点ジェットスター航空直行便の場合)

日本をお昼に出発し、現地に夕方に着きますので、到着したらそのままホームステイ先で体を休めることができます。このように日本と同じほぼ時間で過ごすことができますし、帰国した際にもすぐに元の生活サイクルに戻れます。更に乗り継ぎがありません!小学生であれば、乗り継ぎがないのは安心できますよね。ケアンズ以外の都市でも、欧米より飛行時間が短いです。

② 時差が少ない

留学やホームステイでよくあるのがホームシック。日本の家族に連絡を取りたい時にはLINE電話などを利用する方が多いですが、イギリスやアメリカ留学だと時差のためになかなか時間が合わない、なんてことも多いです。オーストラリアの場合、日本との時差は1時間なので、日本の家族の声を聞きたいとき、時差を気にせず連絡が取れます。お母さんの声を聞いて、安心して落ち着くというお子さんは多いです。また、保護者の方も連絡を取れると安心ですよね。

③ 親日家が多いので、ホームステイも安心感がある

オーストラリアは親日家が多いことでも知られています。高校などの第二外国語で日本語を学ぶ学生が多かったり、日本のアニメや漫画が人気であったりということから日本に対して好感を抱いている人が多いです。地域差はあれど、そんなオーストラリアなので、日本人留学生に対して寛大な方が多いです。また、ホームステイ~学校の毎日の送迎がついているプランも多く、公共交通機関に1人で乗るのは不安…という方も安心です。

1人から参加できるプランはこちら

英会話重視のレッスン ゴールドコースト英語研修ホームステイ滞在 ※2020は中学校からホームステイ間の送迎があるので通学の心配がない/オーストラリアの中でも過ごしやすいゴールドコーストにホームステイできる/土曜日の1 日遠足付きなので、ゴールドコーストを満喫できる

<参加者の声>
全部で3週間だったのですが、最初の1週間はホームシックになってしまって、なかなか楽しめませんでした。でも2週目くらいで、アクティビティでサッカーをして結構友だちができたので楽しくなりました。英語の勉強もすごく楽しかったです!帰る時には、ホストファミリーや友だちとの別れがつらかったです。(11歳、小学6年生、男子)

親子留学におすすめ

ここ数年、親子留学のお問い合わせも多くなりました。1番多いのは、お母さんとお子さん(未就学児や小学生)、次にご家族全員(両親とお子さん複数など)、その次にお父さんとお子さんというパターンが多いです。また“親子”ではないですが、おばあちゃんとお孫さん、というパターンも増えています。親子留学の場合、国から選ぶというよりはプランの内容が決め手になる場合が多いです。

No.3 イギリス

親子留学でイギリスを選ぶ方は、親御さんが大のイギリス好き!というパターンが多いです。イギリスの文化や歴史、芸術などが好きな親御さんが、「英語を学ぶならイギリスで」「小さいうちに本場の英語に触れてほしい」といった思いでイギリスを選んでいます。一見、敷居の高そうなイギリスではありますが、ロンドン市内には動物園や水族館、3D映画館、ハリーポッタースタジアム、スポーツ観戦など小学生くらいのお子さんでも楽しめるアクティビティがたくさん!更に、親子でホームステイができるプランもあります。

ロンドン郊外の落ち着いたエリアで学ぶイギリス(パーレイ)親子留学 ホームステイ滞在 ※2020は中ヨーロッパからの生徒が多く、国際色豊かな環境で学べる/ロンドン郊外の住宅街にある学校で学び、充実のアクティビティを満喫できる/学校スタッフは皆フレンドリーで、生徒一人ひとりの海外生活をしっかりサポート

<参加者の声>
昔から海外旅行大好き!で、友だちや夫とよく行ってたのですが、孫が小学4年生になったのでそろそろ行けるかと思い、孫を連れての留学に挑戦しました。大好きなイギリス、日本にはないロンドンの風景やミュージカル、食べ物など、孫に色々な体験をさせられて良かった。ホームステイは、ちょうど私と同世代のホストマザーで快適でした。(60代女性/小学生のお孫さんと2人で渡航)

No.2 フィリピン

親子留学でフィリピンを選ぶ方は、「価格をおさえられること」「マンツーマンレッスンを受けさせられること」に魅力を感じるパターンが多いです。親子で留学をするとなると、欧米圏の場合、たった1週間だとしても航空券を合わせて100万円近くの費用がかかります。ところがフィリピンの場合、2人で参加しても1週間で55万円程、2週間で68万円程となるので、欧米に行くよりだいぶ安くなります。その上、英語を学んだ経験がないお子さんでも安心して参加できる「マンツーマンレッスン」が主となるので、親子留学にうってつけ。滞在は、親子で寮の同部屋を選択できます。※親子でも異性の場合、年齢によっては別部屋になることもあります。

親子で英語の勉強を楽しもう!フィリピン(セブ島)親子留学 寮滞日本人に合わせた環境で学べる日系の語学学校/子供と保護者は別々の授業で受けるため、それぞれが授業に集中できる/お子様のコースは全てマンツーマンコースで勉強

<参加者の声>
家族で貴重な体験ができました。英語力はそこそこでも何とかなる。むしろ、表情豊かに思いを伝えたり、パーソナリティのほうが大事になるのではないかと思いました。フィリピン人の先生方から色々と学んだように、私も日本人として外国人に何かを伝えていきたいと思いました。自分自身や家族の紹介を英語でスムーズに話せるよう、もっと練習しておけば良かったです。(40代女性/旦那さん、小学生の娘さん&息子さんの家族4人で渡航)

No.1 ハワイ

栄えある第1位はハワイでした!ハワイは家族旅行でも人気のスポットなので、言わずもがなですね。ハワイは「親子で参加できるプランが多い」「治安面で安心できる」「コンドミニアムに滞在して、自炊が可能」といった理由で選ぶ方が多いです。特に1つ目の「プランが多い」というのは魅力的で、お子さんはキッズ向けのサマースクール、親御さんは同じ学校の語学コースというのも勿論ありますし、勉強はそこまで…という親御さんであれば語学+フラダンス、ヨガなど別の習い事をすることもできます。また、親子でホームステイ先にお世話になるのはちょっと…という方も、コンドミニアム滞在なら食事も洗濯も自分たちで出来るので自由に過ごせますよね。

初心者でも安心!親子で一緒に楽しめる ホノルル英語研修コンドミニアム滞在 ※2020は中ハワイの文化や自然を満喫できるアクティビティ付きで楽しめる/少人数制でアットホームな環境/安心してお子様を預けられる環境なので、親御様も英語学習に集中できる

<参加者の声>
この春、中学校を卒業した娘と2人での卒業旅行を兼ねてでした。普段、反抗期であまり話をしない娘ですが、このハワイ旅ではたくさん話ができて、それが1番良かったです。英語の授業は日本人の生徒も多かったですが、きちんと学校では英語を使って話すことができ、娘の今後の高校生活に活きてくると思います。放課後には2人でショッピングをしたり、観光地を周ったりと、ハワイ最高!!でした。(40代女性/中学3年生の娘さんと2人で渡航)

番外編

ランキング外ではありますが、親子で参加できるプランとして、以下の「先生宅でのホームステイプラン」があります!語学の先生の家にホームステイをして、授業を受けながら、生活も一緒にするプランです。こちらであれば、上述のランキングに入らないような国でも手配可能。レッスン時間もご希望に合わせてご案内が可能です。

ホーム ランゲージ インターナショナル – Home Language Internationaホームランゲージインターナショナルはホストファミリーが先生であり、ホームステイ宅がレッスンの教室となります。そのため国・都市は比較的自由に選ぶことができます。またレッスン内容は机上のレッスンに限らずクッキングやスポーツ、ダンスなど自分の興味や目的に合わせてプラスαのレッスンが可能です。ホームステイやレッスンはご家族や友人と一緒に受けることも可能です。また、未成年のお子様がお一人で参加する場合は、一人きりにならないようコクーニングオプションを付けることも可能です。

留学お役立ち情報一覧へ