Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

フランス留学を満喫しよう!パリから行けるフランスの素敵な街10選

パリのおすすめスポットを紹介しました。

フランス留学を満喫しよう!パリのおすすめスポット10選フランス、パリと言えば皆さんは何を思い浮かべますか?おしゃれな街並みや美術館、凱旋門やエッフェル塔など有名です …

フランスは、TGVやSNCFといった高速列車が発達していて、パリを拠点にして東西南北いろいろなエリアへ気軽に旅することができます。フランスは、スペイン・ベルギー・ドイツ・スイス・イタリアと国境を接しており、地方によって文化や風景も様々。パリ以外にもおすすめの地方都市はたくさんありますが、実際にパリに留学していたISSスタッフが特におすすめな10つの素敵な街をご紹介!日帰りで行ける街、1泊したほうが楽しめる街など色々あるので是非最後まで読んでくださいね☆

芸術と自然を楽しめる

①睡蓮で有名なジヴェルニー(Giverny)

モネの睡蓮は有名

ジヴェルニーはクロード・モネが生涯の半分を過ごした場所です。モネといえば印象派の画家で「印象・日の出」「かささぎ」「アルジャントゥイユのひなげし」「睡蓮」(この作品はパリの美術館で鑑賞できます)など沢山の作品を残しています。日本人には睡蓮が一番有名でしょうか。モネはジヴェルニーの自宅で多くの睡蓮を描いていて、作品のモチーフになった場所も見ることができるので、訪れてみてはいかがでしょうか。まるで絵画の世界に入り込んだような気分になれますよ。

窓から見えるジヴェルニーの風景も美しい
オランジュリー美術館でみることのできるモネの”睡蓮”

ジヴェルニーはパリから電車で 片道45分程。MAPは下記より。

②ゴッホの最期の地”オーヴェル・シュル・オワーズ” (Auvers-sur-Oise) 

ゴッホの名作”オーヴェルの教会”がプリントされたバッグ

ひまわりで有名なヴィンセント・ヴァン・ゴッホが最期に過ごした場所です。ゴッホは亡くなる前の2ヶ月間で、晩年の傑作といわれる「オーヴェルの教会」など、村の建物や風景をモチーフにした70点あまりもの作品を仕上げました。題材となった場所には複製パネルが置かれているので実際の建物とゴッホが描いた絵を見比べることができます。ゴッホ以外にも、ピサロやセザンヌらがこの地に訪れています。

オーヴェル・シュル・オワーズはパリから電車で 片道 1時間半。MAPは下記より。

③建築好きにおすすめ”ポワシー “(Poissy) 

ル・コルビュジエの傑作の1つ、サヴォア邸

ル・コルビュジエという建築家をご存知でしょうか。近代建築の三大巨匠のひとりで、様々な建築物を残し「ル・コルビュジエの建築作品」として世界遺産にも登録されています(日本の国立西洋美術館も設計しています)。その中のひとつサヴォア邸(Villa Savoye)がポワシーにあります。20世紀の住宅の最高傑作の1つ。1931年に竣工され、フランスの歴史的建築物にも指定されています。90年近くたっているとは思えないほど新鮮さを感じることができます。住宅の中を見学することもできるので訪れてみてはいかがでしょうか。

ポワシーはパリから電車で 片道 30分。MAPは下記より。

ヨーロッパらしい可愛い街並み

④フランスにいながらドイツ感を味わえる”ストラスブール”(Strasbourg)

カラフルな家々がかわいらしい

ドイツの国境近くに位置し、stras“bourg”という発音の通り、ドイツの影響を深く受けている街。アルザス地方の可愛らしい街です。地図上は遠いように感じますが、パリから特急列車で2時間なので日帰りでも観光できます!実際に私も、朝10時頃にパリを出発して、ストラスブールをばっちり観光して、夕方17時頃にはパリに戻ることができました☆ストラスブールの見どころは、「ストラスブール大聖堂」「木組みの家々が並ぶプティット・フランス」「フランスにいながらドイツっぽさを感じられること」でしょうか。パリとはまた違う、街並みの美しさに感動します。

木組みの街並みから見える大聖堂
ドイツが近いのでプレッツェルを食べてみました🥨

ストラスブールはパリから電車で 片道2時間。MAPは下記より。

⑤映画の舞台としても有名”コルマール”(Colmar)

こんな家に住んでみたい

④のストラスブールと似た街並みですが、こちらも隠れた人気観光スポットです。同じくアルザス地方にあり、ドイツに近い街ですが、よりメルヘンチックなのがこのコルマール。映画『美女と野獣』で主人公のベルが暮らしていた街であり、映画『ハウルの動く城』でソフィーが暮らしていた街でもあります。映画に使われるくらい、メルヘンでおとぎ話のような街並みです☆ コルマールの見どころは、街並みがとにかく可愛らしい「旧市街」 、プティ・ヴニーズ(小さなベニス)でしょうか。特に何もしなくても、街歩きだけで楽しいので是非行ってみてくださいね。

どこで写真を撮っても映画のワンシーンのよう

コルマールはパリから電車で約2時間。MAPは下記より。

自然あふれる美しい街

⑥世界一美しい湖”アヌシー(Annecy)”

美しいアヌシー湖にそびえたつ マントン城

アルプス地方の山岳風景に囲まれた、美しい自然風景を堪能できるアヌシー。地理的にはスイスのジュネーブに近い街です。『社会契約論』で有名な哲学者ルソーが青年期を過ごした街としても有名です。アヌシーの見どころは、「ヨーロッパ1の水の透明度を誇るアヌシー湖」「アヌシー城」「中世の面影が残る旧市街」「花いっぱいの運河」でしょうか。

春から夏にかけては、運河沿いに花が咲き乱れる
写真映えスポットもたくさん

パリからリヨンまで2時間、リヨンで乗り換えてアヌシーまで更に2時間と 片道 計4時間かかるので、1泊するのがおすすめ。MAPは下記より。

フランスの世界遺産を見られる

⑦シャルトル

シャルトルは、ゴシック様式の”ノートルダム大聖堂”を中心とした町。ノートルダム大聖堂というのはパリ市内にもありますが、シャルトルにある大聖堂がとにかくおすすめ!ゴシック様式の建築は、天にいる神に近づこうと、高く高く建てられているのが特徴です。中に入ると、ヨーロッパ1と言われるステンドグラスの美しさに圧倒されます。

世界一美しいとされるステンドグラスは、一生に一度は見たい!

シャルトルブルーと呼ばれる青色を基調としたステンドグラスは、12~13世紀に造られたものがほとんど。面積にすると2500㎡もあります。このステンドグラスを見るだけでも行く価値アリですが、旧市街が美しい街並みも楽しめるのでオススメです☆

シャルトルはパリから電車で 片道 1時間半程。MAPは下記より。

⑧マリーアントワネットでお馴染み”ヴェルサイユ”(Versailles)

ヴェルサイユ宮殿内の鏡の間は必見

言わずとしれたヴェルサイユ宮殿で有名な街。宮殿だけに行く方がほとんどですが、実はヴェルサイユという街自体もとってもおすすめなんです!日本でいう城下町のような雰囲気があり、中世の街にタイムスリップしたような感覚になれます。石畳の道が続き、可愛らしいお店や教会、飲食店などが続きます。ヴェルサイユ宮殿を訪れる方は、少し足を伸ばして街歩きもしてみるのはいかがでしょうか。

雨に濡れた石畳の道が美しい
あたたかい時期には、cafeのテラス席が賑わいます

ヴェルサイユまでのアクセスは何パターンかありますが、パリ中心地より電車で 片道 1時間程。気軽に行ける距離となっています。MAPは下記より。

⑨世界遺産”モンサンミッシェル”(Mont Saint-Michel )

定番だけど行きたい、モンサンミッシェル

こちらも世界遺産となっている、有名観光地モンサンミッシェルです。モンサンミッシェルは礼拝堂として建てられたと言われていますが、戦時中には要塞となったり、18世紀には監獄となったり様々な形を経て、今の形となりました。絶景を楽しむも良し、修道院を楽しむも良し、定番観光地なのでレストランやお土産もいっぱい。留学中に行きたい場合は、語学学校のアクティビティなどで安くツアーが組まれている場合もあるので要チェック。

石畳の街並みがヨーロッパらしい

モンサンミッシェルまでのアクセスは何パターンかあります。鉄道+バスだと片道3時間半程、長距離バスで行くと片道5時間程、観光ツアーで行くとプランにより大きく異なります。日帰りも可能ですがかなりタイトなスケジュールとなるため、1泊するのがおすすめ。MAPは下記より。

歴史を感じられる

⑩ 町そのものが美術館!”ルーアン”(Rouen)

時をテーマとした大時計の博物館もあります

ルーアンといえば、英仏戦争でフランスを勝利に導いたジャンヌダルクでご存じの方も多いのではないでしょうか。セーヌ河が街中を流れていて、水運の拠点として栄えたフランス北西部の街です。ルーアン大聖堂(こちらも別名はノートルダム大聖堂といいます)を画家のモネが描いたことでも有名です。「町そのものが美術館」と称されるほど、 絵画のモデルになっている建築物もあり、美しい景観を楽しめます。 地元名物のカマンベールチーズやリンゴを使用したブランデーなどのグルメもおすすめ!

ルーアン大聖堂
中世の雰囲気が残る木造の建造物

ルーアンはパリから電車で片道1時間半程。MAPは下記より。

以上、”パリから行けるフランスの素敵な街10選”でした。お気に入りの街は見つかりましたか?紹介した10ヵ所に限らず、フランスには素敵な街がたくさんありますので是非、留学中のお出かけの参考にしてみてくださいね!

パリのおすすめの学校はこちら

フランスラング パリ ノートルダム校 – France Langue Pari一般フランス語コースや、長期コースはフランス語の基本の4スキル(話す、聞く、読む、書く)をバランスよく習得できるよう構成されています。よりしっかり学びたい方については、アトリエと呼ばれる補習授業を追加することで、上達スピードアップ、口語練習や書き方練習、発音矯正を学ぶことができます。フランス語のスキルだけでなく、フランス文化、文学、さらに、フランス語試験準備対策、ビジネスフランス語などのテーマも選択可能なので、フランスについての知識を深めたい方にもおすすめです。アクティビティも充実していて、パリならではのカルチェ散策やシネクラブでの映画鑑賞など、友だちを作る機会も豊富です。フランス語の授業だけでなく、プラスαとして、スポーツやフランス料理のクッキングなどの選択コースもあります。

シュプラッハカフェ パリ校 – Sprachcaffe Pariシュプラッハカフェの英語レッスンは大きく2つに分かれています。Integrated Skillsは基本的な英語能力を身につけるクラスです。1つのスキルに特化するのではなく、語学力上達に必要な総合スキル全てをしっかり学んでいきます。語学学習において最も大切な基盤となるクラスです。Active Listeningでは、より実践的な英語対話力を身につけるOUTPUT 中心の授業。このクラスでは、主にコミュニケーションに特化し、スピーキング力、リスニング力を強化していきます。基本会話はもちろん、自らの感情や考えを英語で伝える力、文化的な複雑な状況をコミュニケーションで解決していく力を学びます。

留学お役立ち情報一覧へ