Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

30周年を迎えるISSが厳選!ホームステイの評価が高い都市ランキング

留学に行く時に、皆さんが1番不安に思うのがホームステイ。どんなファミリーなのか?食事は合うだろうか?家のルールは厳しくないだろうか?楽しく過ごせるだろうか?色々な心配の声をいただくことが多いです。

ISSのホームステイ手配の流れ

①プランお申込み時に、「Homestay Application Form」をご記入いただき、小さな子どもの有無・ペットの有無・アレルギーの有無などのリクエストを承ります

②世界各国の現地提携オフィス、または提携学校にお客様のリクエストを伝え、マッチングをします
※マッチングの努力をしますが、必ずしもリクエストが通るというわけではありません。ご了承ください。

③ご出発の1週間~10日前にホストファミリーの詳細をお伝えします

ホームステイの選出は上述のように、現地提携オフィスまたは提携学校による紹介となりますが、ISSではお客様の「帰国後アンケート」をもとにホストファミリーの評判を確認しています。万が一「低評価」がつくファミリーがあった場合には原因の確認や次には紹介しないなどの厳しい対応をし、お陰様で、9割以上のお客様より「滞在に満足した」という回答をいただいています。

ほとんどのお客様に満足していただいてますが、国や都市ごとにホームステイの特色もあります。そこで、お客様の声をもとに、「ホームステイの評価が高かった都市ランキング Best 5」を大発表!

ホームステイの評価が高かった都市ランキング Best 5

No.5 エクセター(イギリス)

大聖堂が街のランドマーク

イギリス南西部に位置するエクセターは、J.Kローリングが卒業したエクセター大学があることでも有名な都市です。歴史的建造物が多く英国情緒あふれる街並みとなっていますが、街自体はそれほど大きくはないため、語学学校まで徒歩圏内というホストファミリーがほどんどです。

ホストマザーとは私より1つ年上ですぐ打ち解けました。国は違っても考えることは同じで、私のつたない英語を我慢強く聞き取ってくれ、ました。話題は、毎日庭にやってくる2羽のカモメや、夫が野菜嫌いで困るとか、料理のことなど尽きることはありませんでした。台所でジルと一緒に料理を作ることも楽しかったです。(60代・女性)

No.4 バンクーバー(カナダ)

留学人気No.1!自然も都会も楽しめる

バンクーバーは、2019年留学の人気都市ランキングの1位でした!ホームステイの評価も高くなっています。バンクーバーのホームステイは、ISSの現地提携オフィスの日本人スタッフが選定しています。バンクーバーという街自体に、アジア系の移民や留学生がとても多く、ホストファミリー自体が移民というパターンも多くなっています。そのため、日本人に対してもフレンドリーな対応であったり、日本人の口に合う食事が出たりすることも多いです。

ホストマザーが作る食事が本当に美味しくて毎日楽しみにしていました。フィリピン系のホストファミリーだったので、フィリピン料理の名前などをよく話し、会話のきっかけにもなりました。一緒にリビングで映画を見ながらディナーを楽しんだのが、特に思い出に残っています。生活習慣で驚いた点は、土日は朝11時頃まで家族みんな寝ていたことです(笑) (20代・女性)

No.3 オークランド(ニュージーランド)

自然を楽しみたい方におすすめのオークランド

ニュージーランドで人気No.1の留学先、オークランドです。オークランドのホームステイは、ISSの現地提携オフィスの日本人スタッフが選定しています。日本人が気になる点(特に衛生面や食事など)をしっかりチェックした上で選定しているので、日本人留学生にぴったりなファミリーをご紹介可能です。

老夫婦の2人が生活している家で世話になりました。もちろん最初はとても不安でしたが、家族がとても優しく、生活の仕方や地域の風習など多くのことを親切に教えてくださったので、時間と共に安心して生活ができるようになりました。基本的に、ニュージーランドの人達はフレンドリーであり、コミュニケーションがとりやすいため、生活しやすく、英語学習において最適な国だと感じました。(20代・男性)

No.2 ボーンマス(イギリス)

ビーチを一望できる観覧車

ヨーロッパで有名なリゾートがあるボーンマスは、実はロンドンに次いで留学が盛んな都市です。ボーンマスは徒歩圏内またはバス1本で学校に通えるホストファミリーが多く、通学時間を短縮できるのが魅力です!

No.5で紹介をしたエクセターも同様ですが、大都市で過ごすことにこだわりがないという方には、ロンドンよりエクセターやボーンマスのような郊外がおすすめです。ホームステイ先から学校が近いですし、ロンドンと比べてホームステイ先の家が大きかったり、比較的忙しくないファミリーが多かったりというパターンが多いです。

ホストマザーがとにかく優しく、私がイギリスのお金を理解するまで何度も何度も説明してくれたり、体調不良で学校を休んだ日には看病してくれたり、とても良くしてくれたので良い意味で驚きました。帰国日も最寄りのバス停まで見送りに来てくれ、いつでも帰って来ていいのよと言ってくれました。私にとって、とても居心地がよく大好きな場所になり、本当にお世話になったので、必ずまた会いに行こうと誓いました。(20代・女性)

No.1 パース(オーストラリア)

世界一美しい街と呼ばれるパース

世界一美しい街とも言われるパースは、治安が良く、緑豊かな都市です。夜9時には街は静かになって家での時間を楽しむ傾向があり、ホストファミリーと仲良くなったという声をよく聞きます。パースは比較的富裕層が多く、ホームステイ先が大きな家でゆったり過ごせたという方も多くいらっしゃいます。また、アジア人留学生が程良くいる環境なので、アジア人への偏見がないのも魅力です。

ホームステイ先は大家族で、毎日が賑やかで楽しかったです。毎日色々なところに連れて行ってくれたので、たくさんの思い出ができました。ホストファミリーのみなさんがとても優しくて仲良くしてくださったので、第2のファミリーができたみたいです(10代・女性)

第2のファミリーとなるほど仲良くなれたらいいなと、誰もが思いますよね。いくつかの都市でのホームステイ経験があるISSのカウンセラーも、「パースが1番良かった。ファミリー全員がフレンドリーで、パースでホストファミリーが良くなかった、という話を聞いたことがない」と話しているほどです。

ホストファミリーと仲良くなるための秘訣はこちら

ホストファミリーと仲良くなる5つのルール今も昔も、海外留学と切っても切れないのが「ホームステイ」です。誰だって自分の家に他人を招くときは気を使います。これはホームステイ先も一緒。過去に何人も生徒を受け入れているベテランのファミリーでも毎回生徒の国籍や年齢はちがうので、どうすれば”Feel at home”になるか気にしています。この不安を取り除く方法のひとつが

その他ランキングもチェック

30周年を迎えるISSが厳選!留学の人気都市ランキング留学に行くことを決めたけれど、どの国や都市を選んだらいいのか⁉分からないことだらけですよね。2020年に30周年を迎えるISSが、“帰国後のお客様の声”をもとにランキングにまとめました!実際に、多くの留学生に人気の都市はどこなのでしょうか?ISSで2019年に出発したお客様のデータをもとに、「 Best5 」を発表します!

30周年を迎えるISSが厳選!選んで良かった「穴場」な都市お客様の中には、「ISSに相談に行ってみて、意外な留学先を提案され、そこに決めました!」という方もいらっしゃいます。例えば、「日本人が少ないところが良い」という希望を持ちながら、留学先にアメリカのロサンゼルスを希望されているお客様がいらっしゃったとします。私たちISSのカウンセラ-は「ロサンゼルスはすごく良い所だけれど、少し日本人が多いかも…日本人が少ない、というのが第一条件であれば、こんな場所もありますよ」というように別の場所を提案させていただくことがあります。最終的に決断するのはお客様ですが、決断がしやすいよう、様々な選択肢をご提案できるよう心掛けています。そんな、いわゆるメジャーな留学先ではないけれど、帰国後のフィードバックが良い、

留学お役立ち情報一覧へ