Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

大切な人へ英語で送ろう!コロナ禍のクリスマスカード例文集

街中のお店にクリスマスカードが並ぶ季節になってきました。可愛いカードが沢山あって見ているだけでもワクワクしちゃいますよね。

ヨーロッパではクリスマスシーズンになると家族や恋人だけでなく、友人や職場の人同士でもクリスマスカードを送り合って、家や職場がカードでいっぱいになるんだとか。

こんな時期だからこそ、思いを込めたクリスマスカードをあなたの周りの大切な人へ送りませんか?

🎄一般的なメッセージ
🎄友人・職場の同僚向けのメッセージ
🎄家族向け(親)のメッセージ
🎄家族向け(子)のメッセージ
🎄恋人向けのメッセージ
🎄新年の挨拶
🎄コロナ禍に送るメッセージ

一般的なメッセージ

Merry Christmas!(メリークリスマス!)

基本中の基本のメッセージです。日本語でも「メリークリスマス」で通じますよね。ちなみに”Merry”は日本ではクリスマス以外にあまり使われない英語ですが、「楽しい」「愉快な」といった意味をもった単語です。

また、”Christmas”はキリスト(Christ)からきている固有名詞なので、文頭でも文中でも大文字のCから書きます。

ひと昔前までは”Christmas”をXmasまたは”X’mas”と書くこともありましたが最近はあまり見られないですね。このXはギリシャ語からきているそうです。

ギリシャではキリストのことをXと表すことがあるため、そこからクリスマスも”Xmas”と表記されることがありました。

間違いではありませんが国や相手によっては使用しない方がよいとも言われていますので、特別な理由がない限りは”Christmas”と表記することをおすすめします。

May your Christmas be merry and happy.(楽しく幸せに満ちたクリスマスになりますように)

この”May”は「○○でありますように」という願いを込めた表現です。

“May+主語+動詞の原形”で、よく使われるクリスマスメッセージになります。

Have a lovely Christmas period.(素敵なクリスマスを送ってください)

“Have a nice day!”(よい1日を!)や”Have a nice weekend.”(よい週末を)など”Have + a +○○”はよく使われる表現です。

日本ではクリスマスというと12月24日、25日だけをイメージする人が多いですが、欧米では12月に入ってから約1ヵ月間クリスマスシーズンを楽しむため、”Christmas day”ではなく”Christmas period”と表記します。

We wish you a Merry Christmas.(クリスマスおめでとう)

誰もが知っているクリスマス・キャロルのタイトルでもあり、歌の中に出てくる言葉です。みんなが幸せになれるように祈りが込められています。

May your Christmas wishes come true.(あなたのクリスマスの願いがかないますように。)

前述にもあった”May+主語+動詞の原形”を使った表現です。この場合の”wishes”は名詞の「願い」で某有名アーティストグループ名にもあるように”come ture”で「願いが叶う」と訳します。

日本ではあまり子どもがサンタさんにお願いをする以外「クリスマスにお願いする」という習慣はありませんが、欧米ではクリスマスの時期に皆が協会でのミサ、礼拝に参加し、祈りをささげるため「クリスマスの願い」というイメージがついています。日本で元旦に初詣に行き、お祈りをすることと似た感覚かもしれません。

友人・職場の同僚向けのメッセージ

Wishing your family peace and love at Christmas and always.(あなた達家族に平和と愛に溢れたクリスマスが訪れますように。)

”Wising + you +○○”で「あなたの○○を願っています」という新年の挨拶や誕生日のお祝いでよく使われるフレーズです。

Hope your holiday season is fun.(楽しい冬休みを過ごしてください。)

直訳すると「あなたの休暇が楽しいものになりますように」ですが、クリスマスメッセージの場合は冬休みなので、「楽しい冬休みを送ってね」という訳になります。

Thank you so much for everything this year. I look forward to working with you in the coming year.(今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。)

”I look forward to working with you”「あなたと一緒に働くのを楽しみにしています」から職場の同僚に向けた「来年もよろしくお願いします。」という挨拶になります。

家族向け(親)のメッセージ

Merry Christmas, Mom and Dad! I hope both of you stay in good health forever.(メリークリスマス!2人がいつまでも健康に過ごせますように。)

両親に向けたメッセージで、”both of you”で”Mom and Dad”の二人を指します。両親のどちらかにまたは別に贈る場合は”you”のみでOKです。

I’m blessed to have Mom and Dad in my life. Merry Christmas!(2人と一緒にいれることに感謝します。メリークリスマス。)

“bless”は「祝福する」と訳すことが多いですが、祝福されている→恵まれている→感謝するという使い方をされます。

家族向け(子)のメッセージ

That you were born to us is the best Christmas gift ever. We love you forever, our little angel.(私たちのもとに生まれてきてくれたことが、今までで1番のクリスマスプレゼントです。いつまでも愛しているよ。)

愛しい我が子を表現する言葉として英語では”our little angel”やmy little girl(boy)”女の子の場合は”honey”や”Sweetie”などもよく使われます。

May Santa bring you all the presents you wished for on the day of Christmas.(サンタさんが欲しいものを持って来てくれるといいね)

サンタさんへの願いが叶うように子どもに向けたメッセージです。

I can’t be with you for Christmas. But I’m always thinking about you.(クリスマスは一緒にいられないけれど、いつもあなたを思っているよ)

クリスマス当日にお子様と一緒にいられない、お仕事が忙しい日本のお父さんやお母さんにはよくあるメッセージかもしれません。

恋人向けのメッセージ

All I want for Christmas is you.(私がクリスマスに欲しいのはあなただけ。)

1994年の発売以来、クリスマスソングとして世界中で流れているマライヤキャリーの名曲のタイトルであり、曲中にも歌われているフレーズです。恋人に直接伝えるのはちょっと恥ずかしい言葉ですが、クリスマスのメッセージカードなら言えちゃうかも!?

 I am happy just because you are with me, my darling(honey).(あなたと過ごせるだけで私は幸せです)

ここでの”just”は”only”に近い意味を持って、「~だけ」という訳になります。

Thanks for always being there for me. Merry Christmas!(いつもそばにいてくれてありがとう。メリークリスマス!)

恋人だけでなく家族や友人にも使われるフレーズです。

I hope I can be with you forever.(これからもあなたとずっと一緒にいられますように。)

新年の挨拶

日本ではクリスマスを祝った後、大晦日、年賀状などで元日の挨拶とクリスマスとお正月を別々にお祝いしますが、欧米ではクリスマスシーズンを新たな年明けとして一緒にお祝いの言葉を贈ります。そのためほとんどのクリスマスカードには”Merry Christmas”と”Happy New Year”が一緒に書かれているのです。

Merry Christmas and Best Wishes for a happy new year.(メリークリスマス、そして良いお年を。)

“Best wishes”は特にイギリスでメールや手紙の結びの言葉としてよく使われるフレーズです。”Best wishes”だけで「お幸せに」や「幸運を祈ります」といった意味になります。

Merry Christmas and Happy New Year! Wishing you a fantastic year to come.(メリークリスマス&新年おめでとうございます!素晴らしい年になりますように。)

“Wishing + you + ○○”で「あなたの○○をお祈りします」という意味になります。

Merry Christmas! All the best for the New Year.(メリークリスマス!新年のご多幸お祈り申し上げます。)

“All the best”は前述の”Best wishes”に近いフレーズで、アメリカで使われることが多いです。どちらも相手の幸せを祈るメッセージです。

“Wishing + you + ○○”と組み合わせて”Wishing you all the best”「あなたの幸せをお祈りします」「お幸せに」というフレーズもよく使われる表現です。

コロナ禍に送るメッセージ

I hope your family are doing well during this difficult time.(この困難な時期に、あなたの家族が元気であることを願っています。)

“this difficult time”ですこし婉曲な表現をしていますが今年に限っては「この困難な状況」でコロナ禍の状況ということが伝わる表現になると思います。

I hope things get back to normal soon.(すべてが早く元通りになるといいですね)

”things get back to normal soon”は「元通りになるといいですね」という意味で、ケガや病気をした時や災害の時などもよく使われるフレーズです。

I hope you are doing well. Stay safe!(元気であることを願っています。気を付けてね!)

前述にもあった”be + doing + well”で「元気でいる」「元気」という意味になります。

Please take care of yourself.(ご自愛ください。)

前述の”Stay safe”を丁寧に表現したフレーズです。相手の体調を気遣う時によく使われます。

Take care of COVID-19(coronavirus).(コロナウイルスに気をつけてね。)

コロナウイルスに気を付けてね、という直球的な表現です。

ちなみに”COVID-19”は”coronavirus disease 2019”を略した言葉だそうです。

2020年も終わりに差し掛かっていますが、COVID-19の脅威はまだまだ終わりそうにありません。しかしアメリカやイギリスなど海外ではワクチンの接種も始まり少しずつ希望が見えてきました。

2021年は全ての人にとって元通りの日常が戻り、平和に暮らせますように。そんな願いを込めて是非大切な人へメッセージカードを送ってみてください。

新型コロナウイルスに関する各国最新情報(随時更新中)ISS各国の現地オフィススタッフが見た最新の現地情報と語学学校の情報をお伝えします。以下のリンクより各国の情報をご覧ください。 ・カナダの最新情報・アメリカの最…

今、行ける留学(1/15更新)新型コロナウィルスの影響で、「留学に行けなくなってしまった」「留学を予定していたけれど、いついけるのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。今、海外な…

留学に関するお問合せ・メール相談

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学体験談