Z-KAI Group

MENU

Voice 留学体験談

【Withコロナ留学】韓国オンライン授業でも工夫された授業でした

長谷川 詩歩さん

韓国

PROFILE

年齢・ご職業 22歳・ 大学生 名古屋大学大学院 修士2年
国・都市 韓国、ソウル
期間 24週間(2021年9月)
学校 弘益大学 国際言語教育院
参加プラン 語学堂で学ぶ!韓国ソウル韓国語研修(弘益大学)

現地の友だちができました

留学生活で最も楽しかったのは、現地の友人を作って、韓国の色々な場所に遊びに行ったことです。もちろん、最初は韓国語がなかなか話せず、コミュニケーションをとることも難しかったですが、失敗を恐れずどんどん話すことが大事だと思いました!そのおかげで、韓国語は一気に上達しましたし、現地の人しかわからないようなスポットやお店に連れて行ってもらえました。 

オンラインの授業も工夫されていました

弘益大学は말하기, 쓰기, 읽기, 듣기をバランス良く学べるため、偏ることなく韓国語を学ぶことができました。コロナ禍でほぼオンライン授業となり、授業が終わっても友達とご飯や遊びに行くことができないのが残念でしたが、授業中に生徒同士電話を繋いで말하기の練習をしたり、先生と会話の練習をしたりなど、生徒参加型の授業であるのが良い印象でした。 

コシウォンと下宿に住みました

コシウォンに3ヶ月間、下宿に2ヶ月間住みました。コシウォンはキッチン、洗濯機は共同でしたが、トイレ、シャワー、冷蔵庫が部屋にありとても快適に過ごせました。下宿先はシャワー、トイレ、洗濯機、冷蔵庫が共同でした。キッチンは基本的に電子レンジや湯沸かしなど簡単な調理にしか使えません。部屋の壁が薄く夜中など声が気になることがありました。ですが下宿では、大家さんが朝晩食事を用意してくださり、毎日栄養のある食事をすることができました。朝晩ご飯付きで家賃もコシウォンより安かったのが引っ越した理由でした。 

コロナが流行っている間は学校や駅から少し遠い場所に住んでいても問題はないと思います。学校や駅に近い場所だと家賃や保証金の高い所が多いためです。また、韓国の冬は予想以上に寒く、マイナス10度台の日もありました。暖かい格好で外に出るか、もしくは非常に寒い日はバスや地下鉄、タクシーでの移動がおすすめです(韓国での地下鉄、バス、タクシーは日本と比べて料金が安いです!)。 

これから韓国へ留学する人へ

コロナ禍での留学は現地によって様々な対応があると思いますが、少なくともこれから韓国に行く方は日本でワクチンを摂取すること、現地で電話番号を取得することをおすすめします。現在韓国では飲食店などの様々なお店で、QRコードの提示を必須としているところが多いです。このQRコードは韓国での身分証明書のようなもので、自分のワクチン接種歴などがお店にわかるようになっています。様々な場所で必要になってくるため、私も作ろうと思いましたが、電話番号がないとQRコードは作れませんでした。

また私は途中で韓国の電話番号を持ちましたが、既に外国人登録証を現地の番号なしで作ってしまった後だったので、QRコードを作成することはできませんでした(QRコードを作れない人は代わりに電話番号や氏名などを書いたり、お店の番号に電話をしたりすれば店内に入ることはできます)。また、韓国ではワクチン接種をしていない人はいろいろと制限があるように思えました。ワクチンを摂取していない場合で旅行や飲食店に行く場合、毎回PCR検査を受けなければいけないと聞いたことがあります。

長谷川 詩歩さん が通った学校はこちら

Hongik University 弘益大学 国際言語教育院

弘益大学 国際言語教育院

この学校について詳しく知る