Z-KAI Group

MENU

Voice 留学体験談

今しかない!と思ったときが行動するとき

木田 彩虹 さん

韓国

PROFILE

年齢・ご職業 26歳・ 社会人
国・都市 韓国、ソウル
期間 3週間(2017年3月)
学校 慶熙大学 国際教育院
参加プラン ソウル短期語学研修

韓国を好きになったきっかけ

私が韓国に興味を持ったのは、中学生の時に見た韓国ドラマがきっかけでした。社会人になって仕事を辞めた時に、久しぶりに韓国ドラマを見て、やっぱり韓国が好き!と再確認。それから韓国語を学びたいと思い始めました。次の仕事を決める前に、短期で韓国留学に行くなら今しかない!と思い、語学留学を決心しました。今思うと、韓国に行くのが決まっていたかのように、近日にISSの留学イベントがあり、全てのタイミングが良くて準備は順調に進んでいきました。

9年振りの学生生活

社会人から学生に戻った生活は、毎日が新鮮でとても楽しかったです。学校が楽しみで、毎朝1番に教室に着いていました(笑)。先生は韓国語だけで話すので、聞く力はかなり習得できたと思います。ジェスチャーをたくさん交えながら話してくれたので分かりやすかったです。校外学習でソウルタワーや民俗村に行ったり、陶芸体験をしたり、課外授業では、韓国の歌や昔の遊び、食事のマナーなどを学びました。内容が盛り沢山で、かなり内容の濃い3週間が過ごせました!また、先生が本当に面白くて、いつも勉強のやる気を上げてくれるような、素晴らしい先生ばかりでした!もっと教わっていたかったです。

韓国生活の過ごし方

私は、短い留学生活を満喫するためにも、たくさん友達を作りたい!と思っていました。コシテルで生活していたので、同じ階に滞在していた香港出身のお姉さんに声をかけて、ご飯に誘ったり、管理人のおばちゃんに「韓国人の友達がほしいです!」とお願いして紹介してもらったりしました。そういった出会いのおかけで、滞在中とても楽しく過ごせました。日本では決して出来ない事が、韓国では出来た自分には驚きました。韓国の人達も、とても親切に接してくれました。食堂に行った時は、店員さんと韓国語で意思疎通ができて、本当に嬉しかったです。

留学を通して気付いた大切なこと

この3週間の留学は、私にとって本当に毎日かけがえのない時間でした。新しい自分を発見できたし、人と話すことの大切さ、語学の楽しさに気づけました。日本に帰国してからも仲良くできる友達がたくさんできました。人生は人との出会いが一番大切だと、私は今回の留学で改めて感じました。もっともっと大好きになった韓国。次は、韓国にワーキングホリデーで行きたいと思っています!留学に少しでも興味がある方、「また今度」とか、「仕事を辞めたら」など、後ではありません!今!そう思ったときが行動するときだと、私は思います。

木田 彩虹さん が通った学校はこちら

Kyunghee University 慶熙大学 国際教育院

Kyunghee University

この学校について詳しく知る