留学お役立ち情報

取引先で選ぼう!アメリカ英語とイギリス英語の違い

 

取引先で選ぼう!アメリカ英語とイギリス英語の違い

 

取引先で選ぼう!アメリカ英語とイギリス英語の違い

「英語」とひとくちに言っても、アメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語・ニュージーランド英語・インド英語・フィリピン英語など世界中にはさまざまな「英語」があふれています。
「それら1つ1つが別の言語」といって良い位に、独自の発展を遂げていますが、数ある英語の中でも特にメジャーな存在がアメリカ英語イギリス英語です。両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

どの地域で使われてるの?

 

アメリカ英語とイギリス英語、両者がどのような地域で話さ(学ば)れているかを見てみると

・アメリカ英語
アメリカ、メキシコ、フィリピン、日本、中国、韓国、南米諸国

・イギリス英語
イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、インド、ヨーロッパ諸国、その他旧イギリス領

となっています。カナダは少し特殊で、発音がアメリカ寄り、スペルがイギリス寄りです。

基本的に、両国ともビジネス英語、日常会話で使う英語には大きな差はありません。
しかし、イギリス英語とアメリカ英語ではスペルに大きな違いがありますし、単語やイントネーション、アクセントについても違いがあります。

一般的には、仕事の取引先がヨーロッパ系やアフリカ系であればイギリス英語、アメリカ系や中南米であればアメリカ英語を選ぶのが無難でしょう。

 

 

アメリカ英語の特徴

 

イギリス英語と区別するため「米語」と呼ぶこともあるアメリカ英語。日本の英語教育は、アメリカ英語が主流となっています。

アメリカ合衆国は広大であるにもかかわらず、東部方言の発音やいわゆる「南部なまり」を除き、発音の地域差は少ないです。

アメリカ英語は、「r」の音韻がはっきり発音されます。「r」の発音は日本人にとって最も苦手な発音の一つなので、アメリカ英語の発音は少し難しく感じるかもしれません。また、単語が連結し、単語同士の切れ目がイギリス英語より分かりにくいのも特徴です。
一方でつづりは、基本的にイギリス英語より簡素になっています。

NASAやマイクロソフトをはじめ技術立国として知られるアメリカですが、専門的なウェブコンテンツや技術系の情報がアメリカ英語で書かれていることも多いです。テクノロジーやサイエンスの分野で働いている方であればアメリカ英語の方が有利かもしれませんね。

 

 

イギリス英語の特徴

 

国際会議など改まった席で使われることも多く、アメリカ英語よりフォーマルとも言われます。

イギリスは小さな島国ですが、アメリカ英語とは逆にアクセントのバリエーション非常に多く、「30km程度しか離れていない街でもアクセントがまったく違う」ということがままあります。それだけでなく、階級によっても使う単語が違うためイギリス英語はバラエティ豊かです。

標準的なイギリス英語では、母音が綺麗に発音され、子音がはっきり発音されているので、「r」の発音は滅多に出ません。

勉強する場合、イギリス英語のほうが辞書の質・量ともに充実しています。アメリカ英語を中心に紹介している辞書は比較的少なく、多くの英語辞書はイギリス英語をベースに作られているためです。イギリス英語の発音だけではなく、アメリカ英語の発音も紹介されている辞書も多く、両者の発音を同時に学ぶことが可能です。

他の英語もそうですが、アメリカ英語とイギリス英語、「どちらが正しくてどちらが間違っている」などということはありません。相互に言い回しや単語など影響を与え合っており、変化し続けています。
語学研修や英会話教室に通う場合も、取引先に合わせて好きな方から学び、次第にそれぞれの差異を理解していくのが理想的でしょう。

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

まだ間に合う夏留学!計画しよう!長期留学・ワーキングホリデー
  • 資料請求
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会お申込み

お問合せ

ISS International Students Service