まだ間に合う夏留学!計画しよう!長期留学・ワーキングホリデー

  • issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2017.04.20

2017年版 夏秋冬号
渡辺 直美さん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会のお申込み
  • 資料請求
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

留学体験談

フィリピン - 英語圏

フィリピンのセブ島へ留学しました。かかった費用は?

今とても人気の高くなっているセブ島への留学を考えている方に留学でかかった費用をご紹介していきたいと思います。

私はセブ島に1ヶ月滞在しました、その時にかかった費用をまとめています。

 

日本支払いの費用

現地へ向かう前の日本で支払う費用とは、全留学費用の内の学校やエージェントに払うものです。

私の場合は約15万円ほどでした。基本的には授業料金が大部分を占めていました。フィリピンの留学学校であれば10万円から20万円の間です

授業のカリキュラムにもよるかと思いますが、マンツーマンの授業・4人部屋・1ヶ月だと、セブ島の留学学校の有名どころは約15万円くらいになると思います。

 

現地支払いの費用

現地に着いてから施設や学校に対して支払う費用もあります。

まず、原則としてどこの留学生も支払う特別就学生許可証(SSP)を発行する際の費用です。これが6500ペソ、日本円にすると約17400円です。これは現地の学校に代行発行してもらうので、その申請料と代行手数料です。

また、寮保証金(デポジット)というものがあり、いわば敷金のように寮に対する管理費のようなものです。これが2500ペソ、日本円で約6700円です。

あとは光熱費です。私の場合は平均して週に約500ペソなので1ヶ月だと日本円で約5000円ちょっとくらいです。

その他として、学生証やテキスト代がありますがあわせて5000円いかないくらいです。

 

生活費

これは人によってかなり変わってくるかと思いますが、私の場合は少し多めに見積もって6万円を用意しました。

フィリピンの物価は日本の約3分の1と言われています。なので私の6万円はちょっと高めですが、せっかくのセブ島なので観光の目的も含んでこの費用は惜しまないようにしました。

一つ例を挙げるとしたら夕食は一回500円程度で済みます。

 

飛行機代

航空会社によって値段はもちろん違ってきますが、平均的に往復60000円くらいです。私の場合は片道27000円だったので往復54000円でした。

留学するタイミングは大抵長期休みを利用したりすると思いますので、その時期の飛行機代は少し高めに設定されているので早めの予約とかでも値段が変わってくると思いますので注意した方が良いでしょう。

 

最後に

フィリピン

私のセブ島留学にかかった費用を合計すると、28万円ほど。欧米地域の留学ですと倍以上になってしまうので、本当にセブ島はおすすめです。

リゾート地として有名なので綺麗な海や、美味しい食べ物も楽しむ留学ライフを是非送ってみてはいかがでしょうか。

 

まだ間に合う夏留学!計画しよう!長期留学・ワーキングホリデー

無料資料請求はこちら

     
資料請求   無料カウンセリング
     
留学説明会   お問合せ

ここにしかない強みをご紹介! issを選ぶ理由

まだ間に合う夏留学!計画しよう!長期留学・ワーキングホリデー
  • 資料請求
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会お申込み

お問合せ

ISS International Students Service