• issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2017.10.20

2018年版 春夏号
IMALUさん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会のお申込み
  • 資料請求
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

留学体験談

【留学体験談】カナダ - 英語圏

「Yes!I can speak English!」

嶋野佐紀さん (ホームステイ 語学留学
参加コース:8・12・24・36・48週間英語研修ホームステイ
国:カナダ(バンクーバー) 期間:2007年6月出発(6カ月)

 

「これ以上最悪なことはない」から始まった留学

Canada19_02「“Can you speak English?”この問いに、今ではハッキリ応えられますが、実は出発までには色んなことがありました。」 「えっ・・・?最悪。もう留学なんか行けへん。」出発予定日3日前の嶋野さんの言葉でした。オーストラリアの学生ビザを取得出来ず、出発出来ない事を知らされ、困惑が怒りとなり発した一言でした。そして次のiSSを訪れてくれた嶋野さんは、急遽留学先をオーストラリア・ブリスベンからカナダ・バンクーバーへ変更。何がなんだか分からないまま出発日を迎えました。「どうにでもなれ、これ以上に最悪な事はないはず。」そんな思いを抱えての旅立ちでした。

 


カメラが救ってくれた

Canada19_03「カナダに着いたものの、まず空港から出られないなど、まだまだ最悪は続きました。英語が全くわからない、何度言っても通じない。学校でも、先生の言う事が分からない。質問されてもyesかn o か首を振る事でしか返事が出来ず。毎日“Are you OK?”を連発されました(笑)。文法は得意でしたが、日本人のクラスメートに通訳してもらう日々が続きました。「何しに来ているんだろう。」そう思いながらも、何も出来ない事を悔しく思っていました。そんな生活を救ってくれたのが、カメラです。“Could I take yourpicture?”こう尋ねた時、笑顔で応えてくれた人がいた。「どんなに間違えていても、精一杯話してみると、相手も聞いてくれて、あの時は嬉しかったな」と笑顔で話す嶋野さんはもともと日本でカメラマンをされていました。 「それからは、必死でした。毎日、駅で配布されている新聞に目を通すようにしたり、バスの中やカフェで会話の盗み聞きしたり。無理矢理スピーキングの相手も見つけました。知らない人に話してみたり、目が合うとウインクしてみたり(笑)。参加したホッケー教室で、日系カナディアンの方々や長年カナダに住んでいる人との出会いがありました。みんなに日本語と英語で教えてもらえるというラッキーな環境でした。スラングまで覚えちゃったり。そんなこんなで、今の状態にまで伸びました!」

 


ワーホリ世界制覇

次の夢は?という問いに「もちろんワーホリ。世界中を制覇すること!英語はもちろん、他国の言語も学びたいです。そして、日本の人々と世界の人々との架け橋になること。馬鹿デカイけれど、それが今の私の夢です。まずは、次のオーストラリアでのワーホリから・・・」嶋野さんは現在、今年秋からのワーキングホリデーに向けて準備中です。

 


おすすめプラン

>>カナダ留学

     
無料カウンセリング   お問合せ
     
留学説明会   資料請求

ここにしかない強みをご紹介! issを選ぶ理由

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services