• issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2017.10.20

2018年版 春夏号
IMALUさん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会のお申込み
  • 資料請求
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

留学体験談

【留学体験談】アメリカ合衆国 - 英語圏

「1週間で本場のジャズを堪能!」

北山綾香さん (ホームステイ
国:アメリカ合衆国 期間:2003年5月出発

 

ジャズの本場ニューオーリンズへ

usa03_02ギターを続けてきた北山さんにとって、留学先はニューオーリンズ以外にありませんでした。なぜならそこはジャズの本場。北山さんにとってずーっと憧れの街だったのです。実際に訪れてみた感想を聞いてみると、「充実してました。街のいたるところにジャズミュージックが溢れているんです。街角で昼間からサックスを吹いている人がいたりして、最高にかっこよかった!」と嬉しそうに話してくれました。 彼女が参加したコースは、1週間のマンツーマンコース。午前中に先生と一対一の英語の授業を受けて午後から自由行動なのですが、短い時間の中でいろいろな体験をされたようです。「午後から出かけない日はなかったですね。先生のお嬢さんのボーイフレンドが美術館や動物園に連れて行ってくれたり、先生の友達のホームパーティにも招待されたんです!」現地のホームパーティに呼ばれるなんて長い期間留学に行ってもなかなか無いことなのに、充実した時間をすごされたようですね。「それだけじゃないんです。3日目ぐらいに連れて行ってもらったレストランの御主人が、本場の地元の料理を食べさせてくれるということで、次の日にザリガニとワニの料理を食べに連れて行ってくれたんですよ!もうびっくりしました。」とますます目を輝かせていました。

 


待ちに待った本場のジャズ

あちこち行かれたようですが、当然ジャズの演奏を聴きに行ったんですよね?と尋ねると、「もちろん!夜はPreservation Hallという大きなホールや、ジャズバーなんかに連れて行ってもらって、たくさんジャズを聴きましたよ!やっぱり本場のノリは違います! !」北山さんの今回の留学の目的である本場のジャズは、彼女の音楽にどんな影響を与えたのでしょうか。「私は結構小心者なので、演奏の時とかすごく緊張するんです。でもあちらの人たちは、本当にリラックスして演奏してる。そのテクニックは私からすると神業なのに、いとも簡単に弾いているので私にも出来るかなって思えてきました。そしてなんと言っても、心から楽しんで演奏してる。日本人はどうしても上手に演奏しようと頑張るから、緊張してしまうのかなと思いました。」と北山さん。その事を午前中の英語のレッスンで先生に話してみたそうです。「先生が私に、『後は自信を持つことね。そうすればあなたはきっと上手くいくわ。』と言ってくれて、すごく嬉しくなりました。それ以降は思い切って演奏できるようになったんです。」なるほど、かなり影響があったようですね。 帰国後、北山さんは4人のメンバーでバンドを結成。ジャズギタリストとしてあちこちでライブ活動をしているそうです。

 


おすすめプラン

>>アメリカ留学

     
無料カウンセリング   お問合せ
     
留学説明会   資料請求

ここにしかない強みをご紹介! issを選ぶ理由

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services