• issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2018.10.25

2019年版 春夏号
山崎育三郎さん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • お問い合わせ
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

留学体験談

【留学体験談】カナダ - 英語圏

「積極的に話をしなければ何も始まらない」

野田彬さん (ホームステイ語学留学
参加コース:カナダモニター英語研修ホームステイ
国:カナダ 期間:2007年8月出発(3週間)

 

カナダの語学研修で学んだこと

野田さんが、カナダに行って一番感じたことは、日本人が多かったことだったそうです。「自分が行った学校が特にそうだったのかもしれないけど、日本人か韓国人しかいないから、どうしても日本語を話してしまうんです。でも、もし本当に英語を上達させたいなら、なんとか頑張って、英語しかしゃべらないようにすることが本当に大事だと思いました」と野田さん。もちろんそれは言葉で言うほど簡単なことではなかったようです。ただ、野田さんは、行く前にさんざん迷って参加を決めたので、自分の気持ちをしっかりもって頑張ったようすが見えました。「自分が言いたいことをうまく言えず、伝えたいことをうまく伝えられず、正直最初はストレスがたまると思いますが、そこを踏ん張って頑張ることによって、英語が上達していくのかな、と感じました」と話す野田さん。英語でコミュニケーションをとるという難しさ、もどかしさは、ネイティブスピーカーではない誰もが感じることだと思いますが、それをのりこえなければならない環境に放り込まれたときに、乗り越えようと思う、気持ちの強さを持ち続けることの大切さを野田さんは身をもって学んだようです。

ホームステイでは…

「ホームステイでも、同じことが言えると思います」と野田さんは話してくれました。「ホームステイ先の両親は、自分によく話しかけてくれるからコミュニケーションがとりやすかったですが、息子や娘とのコミュニケーションはとりにくくて、自分から話しかけないと、あんまり話しかけてもらえないので、食後や空いた時間もとくに、部屋にこもるのではなくて、積極的にリビングとかに行って、テレビを見ながら話題を探して、コミュニケーションをとるようにすることが重要だ」と感じたそうです。確かに同年代の、特に異性の子どもが家庭にいたりすると、なかなか初めは打ち解けて話すのが難しい場合もありますが、野田さんはホストファミリーとも積極的に関わるように努力したようです。野田さんのステイ先は、ダウンタウンから少し距離があったため、通学などには少し不便だったようですが、家族の人はみんな優しく、特に家のルールというものもなく、自由に生活できたのでとても満足しています、と答えてくれました。

 

 

おすすめプラン

>>カナダ留学

     
無料カウンセリング   お問合せ
     
電話でのお問い合わせ

ここにしかない強みをご紹介! issを選ぶ理由

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 電話相談

資料請求

ISS International Students Services