• issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2017.04.20

2017年版 夏秋冬号
渡辺 直美さん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会のお申込み
  • 資料請求
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

留学体験談

【留学体験談】オーストラリア - 英語圏

「大きく広がった可能性」

藤井一城さん (ホームステイ
国:オーストラリア 期間:2004年7月出発

 

いつも楽しかったステイ先

「最初の1週間は、やはり自分から話すことは難しく、マザーやファーザーに話しかけられて、初めて口を開く。」といった状態だったそうです。日が経つにつれ、ファミリーや、ブリスベンの環境にも慣れてきたのでしょうね、「2週目からは、自分から積極的に話すようにしました。話の内容は『学校での事』『学校でできた友達の事』『日本の友達の事や自分の街の事』など、何でもいいからとにかく自分から話題を作るように心掛けました。」ステイ先にはもう一人留学生がステイしていたそうで、「僕以外にもう一人、台湾人の留学生がステイしていました。その人とは兄弟のように仲良くなり、家でのフリータイムの時はほぼ、一緒に喋っていたり、週末も一緒に出かけたりと、『外国人ベストフレンド第一号』になりました。」「家での食事の時間は本当に楽しかったです。毎日ファミリー、台湾人留学生と食事をとり、たまに、近くに住むファミリーの長男が遊びに来て、一緒に食事をしたり話の相手をしてくれたり、いつも楽しい話題で盛り上がりました!」と話す一城君の様子からは、素敵なファミリーだった事がよく伝わってきますね。

 


話す力がついたディスカッションの授業

1日2コマの授業で、それぞれ女性と男性の先生だったそうです。「女性の先生の方が、何故だか分からないですが、聞き取りにくかったです。少し早口だったし…。慣れるまでは多少苦労しましたよ(笑)。」授業内容については、「僕の苦手なディスカッションをメインにやってくれたので、『話す力』は行く前よりかなりつきましたよ!」と一城君。それが、ステイ先で積極的に話せるようになったきっかけになったのでしょうね。 授業以外では友達作りに力をいれていたそうですが、「歳が一番下だったせいもあり、皆が話し掛けてきてくれて、すぐにたくさんの友達ができました。僕はラッキーでした!」と話してくれました。

 


帰国してから

「もっと英語が上手に話せるようになりたいので、英会話学校に通い始めました。学校での授業でも、以前より積極的に発言するようになりました!」留学した成果が出てきているようですね。最後に今後のチャレンジについて「オーストラリアで色んな人と出会い、色んな事を体験して帰国して、改めて自分が持っている可能性が大きく広がった事に気づきました。今度は、ワーキングホリデーという形で渡航し、その可能性を更に大きく広げていきたいです。 近い将来、お世話になったファミリーと台湾も訪れたいです。」と次への意欲を強く感じるコメントを残してくれました。

 


 

おすすめプラン

>>オーストラリア留学

11月フェア
     
無料カウンセリング   お問合せ
     
留学説明会   資料請求

ここにしかない強みをご紹介! issを選ぶ理由

8月ミニフェア
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services