留学お役立ち情報

留学して英語を話せるようになるために実施した3つの勉強法

留学して1年もすれば英語がネイティブ並に話せるようになると思っている方が多いのですが、それは大きな間違いです。

私は留学前に、既に海外留学から返ってきた友人に会いましたが、彼女の英語力はそれほど上達していませんでした。

そこで私は彼女にどのような勉強をしてきたのか尋ね、彼女の失敗を糧に、私の語学留学を成功させようと考えました。

もちろん渡航前に英会話スクールに通うなどの勉強をしてから行きましたが、現地で英語に困らない程度の会話力にはまだまだ遠いと感じていました。

ただ、留学を終えた現在、私は外国人とふつうに話せる程度まで英語が上達したと感じています。

 

留学中に実践した3つの勉強法をご紹介します。

1.積極的に授業に参加する

留学勉強1

 

海外の語学学校や大学には、たくさんの留学生がいます。

大学であればもちろん現地の学生もたくさんいますが、日本人を含めアジア圏の留学生もたくさんいます。

 

その中で日本人はとても消極的で、授業はただ聞いているだけと言う印象を受けました。

それでは日本で英語を学んでいるのと変わりがありません。

それでは英会話力は身に付かない、積極的に授業に参加しなくてはと思いました。

間違った発音であっても、文法が正しくなくても、そこを気にせず自分の考えを伝える、英語を使うことが大切だと感じたからです。

授業では、自分をアピールしどんどん積極的に発言することで英語の上達が早くなります。

留学したら、日本人の特徴である「受け身」は止めて授業中に積極的に発言することをオススメします。

2.外国人の友人をたくさん作る

留学生はどうしても同じ国の人と一緒にいる傾向があります。

言葉が通じ、意思疎通できる人を友人として選んでしまうからです。

 

留学してまで日本語でばかり話していたら、英語が上達しませんよね。

私は現地の学生や他国の留学生と交流を持つように心がけました。

外国人の友人をたくさんつくって、授業以外でも英語を使う時間をたくさん持ちたかったからです。

会話は英語。プライベートな時間も英語を話すことでどんどん英語が上達して行きました。

 

外国人は(国によって違いがありますが)日本人と違いとても積極的です。

だから最初は上手く言葉が通じなくてもジェスチャーや表情でも意思疎通ができると感じました。

3.自宅学習を忘れない

留学勉強3

留学生は学校以外での自宅勉強をしないという方が多いようです。

私は授業で分からない単語や表現などがあると、その都度メモしておき、自宅に帰ってから調べるように心がけました。

そんな地道な自宅学習も英語を上達させるために必要な事だと感じています。

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services