留学お役立ち情報

ニュージーランドへ留学に必ず持っていきたい持ち物14選

ニュージーランド 留学 持ち物

 

海外留学の渡航先として人気のニュージーランド。海と山の両方が楽しめる自然の豊さと、重厚なスコティッシュ建築が多く保存され、語学だけではなく多様な文化にもふれられる国です。ニュージーランドの国土はほぼ日本と同じくらいなのに、人口400万人と人口密度が低いのも特徴。今回は、ニュージーランドへ留学を決意したときに持っていくべき持ち物を厳選してお届けいたします。

 

留学の前に要チェック!基本の持ち物リスト

 

まずはニュージーランドに限らず、留学先がどこであっても必要になる持ち物をリスト化しました。留学前に荷物造りに勤しむ皆さん、忘れ物がないかこちらでチェックしてみてください。

 

留学で絶対に必要な必需品リスト

 

1.パスポート・ビザ
入国審査で必要になる書類です。いざ何か起きたときに備えるためにも、有効期限の長いものが好ましいです。顔写真の入ったコピーを用意しておくのもおすすめです。また学生ビザやワーキングホリデービザの場合、電子ビザの発行となるためパスポートにはビザが貼られていない状態なので、ビザ取得のレターを印刷しておくようにしましょう。

 

2.航空券・保険証券
忘れがちですが、eチケットの場合は必ず事前に印刷したものを用意しておきましょう。また保険証券は、身分証明になるときもあります。さらに飛行機が遅延した場合など補償金が出ることもあるので、すぐとり出せるようにしておくのがベストです。

 

3.現金
入国後すぐに使える現地の現金を用意しておきましょう。また帰国後には日本円も必須です。

 

4.クレジットカード
保険や身分証の代わりとして使用できることも。携帯に適したサイズなので、海外での必需品のひとつです。

 

5.入学許可証
学校から入学許可証、滞在先住所、何かあったときの連絡先などを預かっているはずです。それらはコピーをとってすぐ確認できるような場所へ所持しておきましょう。

 

6.国際運転免許証
留学先で車の運転をする人には必須アイテムです。もちろん身分証明としても使えます。

 

ニュージーランド留学でおすすめの日常品リスト

 

留学先では、日本のような便利さが満喫できないことも。ささいなことが日常で満たせないと、ストレスも溜まってしまいそうです。そんなことがなるべく起きないように日本からニュージーランドへ持っていくべき日常品をご紹介します。

 

1.洋服
留学先では洗濯できるのが1週間に1回というのもザラです。余裕があればTPOに合わせて着られる8日分くらいの洋服を持っていくことをおすすめします。

 

2.リュックサック
自然が豊富なニュージーランドではアウトドアを目的に留学する方も多いことでしょう。両手が使える軽くて丈夫なリュックがものすごく重宝します。重い教材を入れられるので登校にも便利です。

 

3.水筒
もちろんニュージーランドの現地でも水筒は売っていますが、手頃なサイズがなかなか売っていません。節約のためにも500mlサイズがあれば助かります。

 

4.スニーカーやヒールのない靴
日本のように交通機関が発達しているのは、世界でもひと握りの都市部だけ。留学先では、日本にいるときよりも移動に徒歩を使うことが多くなるでしょう。特にアウトドアのスポットが多いニュージーランドなら、履きやすさを重視した靴や防水の効いた靴をセレクトするのがおすすめです。

 

5.O型変換のプラグ・変圧器
ニュージーランドのコンセントはO型のものが多く、日本基準のものだとほぼ使えません。持参した電子機器がコンセントに挿し込めない可能性が高いので、O型変換のプラグを準備していくと便利です。また、国によって電圧は違い、ニュージーランドは230または240V(ボルト)と日本より高い電圧となっています。240Vまで対応可能の電子機器が増えていますが、対応不可能の場合は変圧器の準備が必要です。

 

6.参考書やガイドブック
参考書は意外にも現地で手に入りにくいもののひとつです。ガイドブックは日本で発行されているもののほうが情報が多く、かつ写真もたくさん掲載されています。荷物がかさんでしまいますが、手持ちのものがあるなら、持っていくほうがいいでしょう。

 

7.薬と除菌スプレー
医療の定義は国によって異なります。そのためよく使っている常備薬は、日本から持っていくほうが安心です。また、敏感肌の方やホコリ汚れが苦手な人なら、除菌スプレーを持っていくのもおすすめです。

 

8.パソコンや文具
留学には学んだことをまとめるパソコンやモバイル、文具類が必須です。ですが設定を請け負っている業者がニュージーランドにはいないので、持参したほうが断然ラクです。また文具は日本製品のほうが使いやすく、値段も安いです。

 

日本から持ち込めない物がある?!

 

現地で過ごす留学期間が長い方ほど、日本食が恋しくなる可能性が高いですよね。そこでいろいろな食品を持っていこうと考える方も少なくないと思います。しかし各国には入出国の際に規制があり、「持ち込めない」「持ち出せない」物があります。ニュージーランドでは、特に卵、牛肉製品、動物の毛を使った製品、植物の種や苗などが禁止になっています。加工物ももちろんNGです。特に注意したいのがニュージーランドへトレッキング目的に渡航する人で、使い慣れているトレッキンググッズにカビや微生物が付着している場合があり、これらも持ち込めません。どうしても持ち込みたい場合は申請しましょう。
規制を設けられた食品や物が多くあるので、事前に調べ、心配だなと感じたら事前に申請を行うようにしましょう。

 

まとめ

 

人生の大きな転機の理由に「留学がきっかけ」と答える経験者は意外なほど多いです。それだけ留学とは学ぶことが多い貴重な体験ができるのです。とはいえ、帰国後の生活もあるので、なるべくならムダな費用はかけたくない。トラブルに巻き込まれたくない、というのも偽らざる本音です。節約やリスク回避のためにも、事前準備は大切なことです。しっかり持ち物を吟味して、ニュージーランドの楽しい留学生活を満喫しましょう。
留学したいと思ったらまずはこちらに資料請求してみてください。
留学に悩んでいる方には無料カウンセリングを行っていますので、こちらへどうぞ

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services