留学お役立ち情報

オーストラリアに留学することで得た3つのこと

僕が留学先として選んだのはオーストラリアです。

英語を学ぶために留学したいので最初はアメリカかなと考えていましたが、最終的にはオーストラリアに決定しました。

実際にオーストラリアに留学した先輩の意見を聞いていると、留学ならオーストラリアだっ! とひらめきがありました(笑)。

気候は温暖だし、治安も良い。それに地元の人がとてもフレンドリーだし、素敵な出会いも期待できるかな、なんて期待してしまったのも事実です。

オーストラリア留学のため、日頃それほどこまめに動く性質ではない僕が、熱心に調べながら手続きをしました。

オーストラリア留学1

1.オーストラリアのビザの種類

オーストラリアには「観光ビザ」「学生ビザ」「ワーキングホリデービザ」の3つの種類があります。

「観光ビザ」は、3ヶ月までの短期留学であれば、これで大丈夫です。

あくまで観光が目的のビザなので、アルバイトなどもちろん働くことはできませんが、短期であれば十分かな。

「学生ビザ」は学校に通う期間、学校で学びたいだけの期間、滞在が可能です。しかもアルバイトが可能なので長期オーストラリアでは人気のビザです。

そして「ワーキングホリデービザ」は働きながら観光ができるビザですが、その中で4ヶ月間は語学学校へも通うことが可能です。

ただこれは年齢制限がある(18歳~30歳まで)ので注意が必要です。

2.学生ビザで渡航するメリット

色々悩んだ結果、僕は「学生ビザ」で留学することにしました。

学生ビザのメリットは、ワーキングホリデーのように年齢制限がないこと。僕は大学を卒業して7年がたち最初は短期留学かもしれないけれど、もっと長く継続する可能性があったのでこのビザを選びました。

3ヶ月以上の留学でビザが発行されるし、学ぶ期間も自由に選べるのはとても大きなメリットだと思いました。留学期間中に働くことができるから、長期滞在のことを考えるとお金の心配が減るし同時に生きた英語にも触れられるのもメリットでした。

働く時間が制限されてはいるのですが、週20時間までであれば、どのような仕事をしても良いようです。生活費を現地でまかなうことができるのは、社会人留学生にはとても有難いことですね。

補足ですが、このビザは学生でいる期間よりも1ヶ月長くビザが発行されます。

英語を学び終えてから1ヶ月はオーストラリア観光に専念できるのはとても魅力的です。

3.語学学校のコースの種類

僕の通ったオーストラリアの語学学校には主に3つのコースが用意されています。

初心者コースの「一般英語コース」、中級者コースの「IELTS準備コース」、そして上級者向けの「ケンブリッジ英語検定コース」です。 

多くの人は、初めての留学なら「一般英語コース」からスタートし、「ケンブリッジ英語検定コース」を最終目標として長期間の留学で英語力を身につけているようです。

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services