留学お役立ち情報

英語が全くできない私が留学したことで得た3つのこと

私はこのカナダへの留学に行くまでは、英語が全くできないただの大学生でした。

学生時代はスポーツ活動に明け暮れ、勉強をほとんどしていなかったので、とても苦手意識がありました。

その中でも英語は特に苦手で、逃げてばかりだったことを覚えています。

そんな英語が全くできないただの大学生である私が、単純なきっかけで留学することになり、そこで得ることができた3つのことをご紹介したいと思います。

1つ目:国籍を超えた友達

海外に滞在する中で国籍の違う友達ができます。

留学しようと思ったとき、英語がまったくできない私はまず現地の語学学校に通う事にしました。

そこで得たものは語学力に留まらず、世界からカナダに来ている多くの友人でした。

友人がいなければ英語ができないまま留学生活が寂しいものになり、何のために留学したのかわからなくなってしまいます。

英語ができなかったからこそ、英語を学びたいという共通目的を持った友人がとても大切なのです。そういった環境の中に自分を置けるのも留学というものの特徴と言えます。

2つ目:自信

英語を話せるという自身が身につきます。

学生時代、スポーツで体力と忍耐が養われ、いくつかの成績も残せたものの、卒業と同時に引退しました。その後、一歩踏み出す勇気がなかった私は、この留学で得たかったもののひとつがは自信でした。

英語ができないことを言い訳にしてあのまま留学をしていなかったらー。

私はきっと英語ができないままそのコンプレックスの中にいたと思います。

英語ができないことが留学しない理由ではなく、自信がないから留学に踏み出せなかったのだと思います。

3つ目:将来への目標

留学中に得た友人や、語学力は今では将来の目標の枠を拡げてくれています。

英語が苦手だったところからスタートした私の留学生活でしたが、留学を通して「できない自分」から、「できる自分」へ変わることが出来ました。

苦手なものを克服するということは大きな変化につながります。

最後に

参考になったでしょうか?

留学したことは私の財産になりました。これをみて留学に興味を持っていただけたらうれしいです。上記で紹介した3つのこと以外にも沢山の経験をしました。留学を通して得れることは人それぞれ違うと思いますが、上記の3つは誰でも得れるものだと思います!

英語ができない私が再び留学を通じて一生懸命になれて、英語ができるようになったというのはこの先必ず私の人生にとってのプラスだと思います。

留学してよかった、英語を学んでよかった!そう思っています!

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

  • 資料請求
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会お申込み

お問合せ

ISS International Students Services