留学お役立ち情報

留学をして英語力を身に付けることでの就職へのメリットとは

みなさんは、留学経験が就活にどのようなメリットがあるか考えたことがありますか?

留学することで得ることはたくさんあります。自分自身の価値観が大きく変わったり、多くの人と関わることで生まれる新たな人間関係、留学しなければ身につかなかった語学力など、人によって得られるものは違います。

そして、留学で得たことは自分自身のスキルや自信となって、就職活動をする際や実社会に出た後にとても役立ちます。

留学は「就職をするときに有利になる」とよく耳にする割に、いまひとつ、どのような点が具体的に武器になるのかと言われると、曖昧なところがありませんか?

今回は留学をして身に付けた英語等のや語学力やそれだけにとどまらない経験等がメリットになるのかについてご紹介したいと思います。

また、下記の記事でも同じように就職へのメリットが紹介されています。

就職してから驚くほど現れた留学をしたことによるメリット

 

1,実践的な英語・語学力

留学の目的として最も多く挙がるのは、英語やその他の語学力を身に付けることだと思います。留学で得る語学力は、日本の学校の授業で習うような学力中心ではなく、コミュニケーションツールとして使う実践的なものです。実社会で働くときにはその英語が実際に使えなければあまり意味がありません。

昔は日本国内だけをビジネスフィールドにしていたような業界でも近年はどんどんグローバル化が進んで、英語が話せなければ仕事ができないというシーンも増えてきています。そういった仕事で、必要となったときに発揮できる語学力が必要とされます。留学では実践的な英語力、語学力を身に付け、そうすることで就職時には有利だし即戦力ととらえてもらえます。

 

2,柔軟な考え方や価値観による新たな発想

ideas

留学は、それまでは知り得なかった様々な価値観や思考方法をの違いに出会うことができます。また、こういった発見は自分自身の考え方や大げさに言うなら生き方にも影響を与え、どんどん幅広い視野や柔軟性を身ににつけることができます。ひいては仕事をする上だけではなく生きていくための創造性にも繋がっていくと思います。様々な価値観を受け入れる柔軟性は、それまでになかった新たな発想を生み出し、結果的に新たな仕事へと繋がることが数多くあります。新しい社会に対応していくには不可欠なので、企業としても採用したい人材になります。

 

3,広い視野で物事を考察する力

広い視野

いろいろな価値観に対する柔軟性と同じく、国や地域ごとに異なる文化や様々な国の人たちと出会い触れ合うことで、今までとは違った観点・広い視野で物事を考察する力が身につきます。

仕事するうえでも、広い視野でまた客観的に物事を見ることによって新たな事業やサービス、アイデアが生まれることがあります。

新しいことを生み出すことに繋がる力・能力を開花させ磨くためにも、留学はとても有効的な経験ではないでしょうか。

 

最後に

留学をすることでその人自身に与えるものは、たくさんあります。それは就職だけに限らず、自分自身の人生を充実したものにする礎になります。

「就職に有利になるから留学をする」という考えのもと留学をするというのもありだと思います。ですが、「就職のために」ではなく、「自分自身のために留学をしてみる」という思いを持って留学することで、より充実した有意義な留学生活が送れると、私は考えています。

みなさんも、留学は自分自身の成長・新たな自分の発見といったポイントもある、という観点を持ちながら就職を含めて自分の将来をより良いものにしてください。

 

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

8月ミニフェア
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services