留学お役立ち情報

留学に関する費用を30%抑える方法まとめ

他の記事でもご紹介されていましたが、私も留学を決意したときに1番ネックとなったのは費用面でした。

私の場合、学費は両親から借りましたが、他の食費や日常生活で使うさまざまな必要物などはすべて自分で用意しました。

そのためしばらくの間カツカツの生活でしたね。

おかげで私は皆さんに「留学に関する費用を30%抑える方法」をまとめてご紹介できます!

是非これから留学にいかれる方のご参考にしてください。

 

1.食費

外食すれば食費がかかるのは当たり前!自炊に限ります。

またスーパーで買うのではなく週末や朝だけやっているマーケットで買い物することでスーパーよりも物によっては30〜50%くらい抑えることができます。日本に比べて食材が高いといったイメージを持っている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。むしろコスパがいいものが多かったりと買い物も楽しめます。

また、マーケットに出かけるだけでも異国情緒が味わえて留学先での日本と違う生活感を感じることができます。

テイクアウトの店では夕方にタイムセールをやっていたりするのでそこも費用をおさえられるポイントです。

 

2.家賃

大勢の人はホームステイだけでなく、ホームシェアにチャレンジをする人も多いと思いますが、一人部屋ではなく、部屋をシェアすることで費用は格段と抑えられます!

同じ部屋でも一人だと$140ですが二人で$200になるなどお得になります。

他人と生活することに抵抗がある人でも、せっかくの留学ですからぜひトライしてもらいたいです。

またメリットとして、やはり一人で勉強するよりも人と勉強することで語学力が身につきます。

 

3.図書館

海外では日本に比べて、図書館の数が多く、おしゃれで大きな建物に、クーラー完備、wi-fi完備、自習机がたくさんあります。留学の目的は飽くまで勉強なのでやはり勉強する空間も大事になってきます。

留学先で費用をかけずに静かな空間で勉強に集中することができます。また図書館のような公共機関にいるととネイティブな英語に触れる機会も増えるのでおすすめです。

 

さいごに

潤沢なお金を持って、海外に留学できる学生は少ないと思います。

でも、せっかくの機会だから使うところは使いたい。

私もそうでした。留学とはいえ海外に、ある程度滞在するわけですから使いたい時は使いたい。。。食事や遊びそうった場所に行くことが出来るようになるのも留学の一つの楽しみです。

今日ご紹介した節約テクニックで、節約するとこは節約、使うところは使うという留学生活を過ごしていただければと思います!

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services