留学お役立ち情報

留学して英語を学びたい!気になる生活費用は?

留学にみんさんはどんな印象をお持ちでしょうか?

最近は大学の制度等が整備され、海外留学に行きやすくなりました。

学生の間に留学して英語を学びたい!と思う方が増えたと思いますが、やっぱり気になるのは「費用」ですよね。学生であれば費用面はできるだけ節約したいもです。

就職してからでは忙しくてなかなか行けないだろうし、でも学生の今はアルバイトをするしか収入源がなく、それほど貯められない、という方がほとんどではありませんか?

留学準備費用や語学学校や現地の大学等で必要な学費はいろんなサイトに載っているけれど生活するための実際の費用はなかなかわからない。

そこで実際に留学した私がかかった費用(生活費)をご紹介したいと思います。

 

1.家賃

留学で家賃を抑える

初めはホームステイでも後からシェアハウスに住む人が多くいると思います。

海外では普通の家庭でも空いている部屋を貸したり、友達同士で住んだりが一般的。

2人1部屋のルームシェアは費用を安く済ませられますし、少し費用を足せるなら高級住宅にも住むことができます!

英語でレントと呼ばれる家賃は、私の場合には1週間$90〜$200、日本円で7,500~17,000円くらい(オーストラリア西部地方)でした。

 

2.食費

留学で食費を抑える

留学すると心配の一つが毎日の食事。

英語圏の外食は高いイメージがありますが、そのとおり!毎日外食だと費用がかかってしまいます。それは日本でも同じことが言えますよね。

しかしスーパーで食材を買って自炊することが出来ます。買い物をすることにより英語を使う場が増え、スキルアップにもつながります。

1ヶ月$100もあれば充分です。

 

3.交通費

留学で交通費を抑える

留学していても日本と同じように電車やバスを使うと費用を抑えることができます。
※夜間はタクシーに乗らないと危険な場所もあるので、特に女子は要注意!

公共機関を使うことでその街の本当の住人のように感じられ、英語が身近になりますよ!

日本と同じように電子カードが普及している場所が多いです。

留学生でも学生割引が適用されることが多いので更に費用を抑えられたりします。

私は学校の近くに住んでいたので交通費はあまりかかりませんでした。ですが交通機関を使う機会もあったので周りの交通機関の金額を把握することをおすすめします。

 

まとめ

このように高いイメージのある英語圏でもうまく節約していけば、学生の方でも生活をしていくことができると思います。

是非ご参考にしていただき、快適な留学生活を送っていただければと思います。

留学ライフ最新号

試し読みをする

留学お役立ち情報

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

留学にかかる費用

留学保険の重要性

留学準備のまとめ

留学奨励金制度

交換留学

留学する際の心構え

8月ミニフェア
  • 資料請求
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会お申込み

お問合せ

ISS International Students Services