Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

公園に囲まれた四角い街アデレード留学の魅力とおすすめの観光地

日本からの直行便はなく、シドニーやメルボルンで乗り継いで行くアデレードですが、そこには乗り継いで行くほどの魅力が溢れています。今回はそんな南オーストラリア州の州都、アデレード留学の魅力とおすすめの観光地をご紹介します。

アデレードってどんな街?

アデレードは1836年にイギリスが植民地としました。その際オーストリアのその他の都市シドニーやホバートなどのような「流刑植民地」ではなく、イギリス人が自由に生活する「自由植民地」となりました。 南オーストラリア初代測量局長官ウィリアム・ライト大佐をはじめとするイギリス人が新しい理想の地として住みやすい都市、美しい都市を作りました。 そうして出来たのがアデレードです。

アデレードの街は四方を公園に囲まれていて、街中は碁盤の目のように整備されています。自然と調和された都市計画が当時から行われていました。

コンパクトながら、人口は約130万人とオーストリアの中でシドニー、メルボルン、ブリスベン、パースに次ぐ5番目に大きな都市です。

アデレード留学の魅力

①日本人が少ない

前述の通り、アデレードは日本からの直行便が出ていないため、オーストラリアの他の都市に比べて日本人が圧倒的に少ないです。街を歩いていても日本人観光客は滅多に見かけません。せっかくの留学、日本語をシャットダウンして英語環境につかりたい、という方にはおすすめです。

②常に「住みやすい都市」TOP10圏内

イギリスのエコノミスト誌が発表している「世界の住みやすい都市ランキング 」において毎年アデレードはTOP10に入っています。

イギリス エコノミスト誌「住みやすい都市ランキング」

このランキングは、安定性、環境・文化、医療、インフラ、教育の5項目の総合評価でランキングを出しており、100年以上前に自由移民が築いた理想の都市は、現代でも住みやすい都市として人気の街となっています。

③気候が安定している

オーストラリアは「暑い」というイメージがあるかと思いますが、アデレードは最高温度が30度を越えることは滅多にありません。また乾燥した地域のため日本のようなジメジメはなく、カラっとした暑さになります。冬も最低気温は10度前後のため、寒いのが苦手な方にはとても過ごしやすい気候です。

④街がコンパクトで分かりやすい

四角い街アデレードは南北1.7km、東西2.2kmと非常にコンパクトで分かりやすい街です。徒歩でも移動可能ですが、市内は無料のトラムが走っているのでちょっと疲れたときや大きな荷物があるときなどは気軽に利用できます。

おすすめの観光地

ジブリファン必見の時計塔

ジブリ映画「魔女の宅急便」のラストシーンで飛行船がひっかかった時計台のモデルになったと言われています。建物は1872年に建てられ、郵便局として使用されています。外見もさることながら豪華な内部はジブリファンのみでなく一見の価値ありです。

南オーストラリア州立図書館

留学生には欠かせない図書館ですが、アデレードにある南オーストラリア州立図書館は「美しすぎる図書館」として図書館マニアの中でも有名です。その美しさと歴史から映画「ハリーポッター」や「美女と野獣」の世界を連想する人も少なくないはず!

Rundle Mall(ランドルモール)

アデレードのショッピングエリアです。週末には多くのショッピング客があつまります。オーストラリアのスーパー、WoolworthsやColes、ムートンブーツで有名なオーストラリアブランドのUGG、お土産に人気のHaigh’s Chocolatesなど全てランドルモールに揃っています。

Glenelg(グレネルグビーチ)

トラムの終着駅にあるビーチリゾートです。市内からトラム1本、40分ほどで行けるため観光客にも人気のビーチです。(トラムは市外エリアは有料です)ビーチの周りはレストランやカフェも充実していてアデレードのシーフードを味わうことができます。

Barossa Valley (バロッサバレーのワイン)

バロッサ・バレーは150以上のワイナリーがある世界有数のワイン地域です。世界的に有名なワイナリーから家族で経営する小さなワイナリーまで様々なワイナリーが存在しています。周辺の地域ではオリジナルワインを作る授業がある学校もあるほどです。市内からワイナリー巡りのツアーなども多く催行されているので思う存分ワインを楽しめます。

Gorge Wildlife Park(コアラを抱っこできる動物園)

オーストラリアにコアラにタッチできる、コアラと写真がとれる動物園は多くありますが、「コアラを抱っこできる動物園」はそう多くありません。市内から車で40分山道をのぼっていきます。公共交通機関でいくことは難しいですが学校のアクティビティやホストファミリーにお願いしてぜひ行ってみてください。

カンガルー島

手つかずの自然が感じられる島です。野生のアシカ、カンガルー、コアラに会うことができたり、自然の力で作られた不思議な形の岩などを見ることができます。カンガルー島は市内からフェリーまたは飛行機で行くことができますが、フェリーは何と90%の乗客が酔うと言われている荒々しい船旅です(笑)お金に余裕のある方は飛行機をおすすめしますが、オーストラリア湾の荒波を体感してみるのもいいかもしれません。

おすすめの語学学校

ILSC アデレード校 – ILSC Adelaidアデレードで最も賑わう、ランドルモールというエリアのすぐ側にある学校です。アデレードの活気がありながらも、リラックスした街の雰囲気を感じられるエリアです。最新キャンパスでは、モダンでフレッシュな雰囲気を楽しむことができます。キャンパス内のカフェでは、カフェワークスキルクラスの学生バリスタが作ったおいしいコーヒーを楽しむことができます。週末のアクティビティでは、カンガルー島への日帰り旅行や周辺ワイナリー巡りなどが人気です。

留学お役立ち情報一覧へ