Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

秋の大人語学研修「世界遺産の島マルタで英語を学ぶ」留学記

2019年11月10日~19日の11日間で催行されたISSの添乗員同行プラン「秋の大人語学研修 地中海に浮かぶ世界遺産の島マルタで英語を学ぶ」の留学記を添乗員の感想を含めお届けします。

出発日

秋も深まる11月10日の夜8時ごろ、成田空港にご参加者の方が集合しました。添乗員もここから一緒に同行します。マルタ島の添乗員同行プランは毎年人気のプランで、今年は14名の方にご参加いただきました。18歳以上の方を対象に募集していますが、下は20代、上は70代と毎年幅広い年齢層にご参加いただいています。 マルタに行くためには乗り継ぎが必要となるため、まずは成田からエミレーツ空港に乗り、ドバイへ向かいます。ドバイ空港では添乗員引率の元、次の搭乗口へ向かいます。出発までは少し時間があるので各自お買い物。ドバイ空港は昼夜問わず離発着が行われているためほとんどのお店が空いているのでショッピングも楽しめます。

現地到着日

朝7:45ドバイ空港を出発し、マルタへ向かいます。マルタへの便は途中キプロスへ寄航しますが、ここは機内で待機するのみ。キプロスを出発しマルタにようやく到着です。マルタ空港の入国審査はとってもeasy。入国審査から既にマルタの国民性がうかがえます。

到着ロビーへ出ると今回滞在する語学学校、IELSマルタのスタッフが出迎えてくれます。そこから専用車に乗り滞在する寮へ。マルタ島は面積が316平方メートルで東京23区の約半分と非常にコンパクトな島です。そのため空港から寮までも30分程で到着します。

寮に到着後、簡単なチェックインの手続きを済ませ、明日の確認をしてこの日は終了。日本からマルタまでの長旅の疲れをゆっくり癒してくださいね。 滞在する寮は1名利用でゆっくり過ごすことができます。(本来2人部屋のところを1人で利用します。)部屋の中にはバス、トイレが付いていて、簡易キッチンもあるので快適に過ごすことができます。

現地1日目

いよいよマルタでの研修が始まります。初日の朝は寮の下に集まり皆で一緒に学校へ向かいます。学校へは徒歩で5分弱の簡単な道のりなので初日一緒に行ったら次の日以降は皆それぞれで登校しています。

学校につくと早速プレイスメントテストです。筆記と面接が行われその結果を元にクラスが分けられます。クラスが分けられその日から授業がスタートします。各クラスの人数は15名前後。マルタではヨーロッパの留学生が多くいますがレベルが上のクラスに行けばいくほどヨーロッパ人の比率が高くなり、日本人率は下がります。下のクラスに行けばその逆です。レッスンはもちろんALL ENGLISHです。文化・スポーツ・政治など様々なトピックに沿って会話中心のレッスンが行われます。シェーン英会話のレッスンで慣れている方もいれば初めての英語のみのレッスンに戸惑う方も。

午後はフリータイム。各自買い物をしたり、マルタの街を観光したりして過ごします。中には追加(1コマ20ユーロ)でプライベートレッスンを受ける方もいらっしゃいます。食事は朝昼夕と各自でとります。朝はスーパーでパンやシリアルを買って寮で食べる方がほとんど。昼や夕は寮のキッチンで自炊したりご参加者の方同士でレストランに行ったりしています。ちなみにマルタはイタリアに近いためレストランもイタリアンが多くあります。物価もヨーロッパの中では安く本格的なパスタやピザが1,000円以下で食べられます。

現地2日目~5日目

次の日からは1日目と同じスケジュールで動きます。その中で3日、午後にマルタの各名所の観光が含まれています。

ヴァレッタ観光

マルタの首都でもあり世界遺産の街、ヴァレッタの観光です。 ヴァレッタには歴史的建造物が数多く残されており、大聖堂や博物館などマルタの歴史が分かる名所が多く見どころがたくさんあります。多少天候の悪い中での観光となりましたが、参加者の皆様はガイドさんの英語を熱心に聞いてマルタの歴史を学ばれていました。

イムディーナ観光

かつての首都で今は「静寂の街」と言われている小さな街です。街には当時の外敵から守るための城壁が張り巡らされており、他では見ることができない街並みです。参加者の皆様もたくさんの写真を撮られていました。ガイドさんの知識が豊富で、英語のレッスンも兼ねながらの説明をしっかり聞きながら巡りました。

マルサシュロック観光

学校のあるスリーマからバスで30分ほどのカラフルな船が浮かぶ島の南部の漁港です。海辺には魚介レストランやお土産屋さんが立ち並び多くの観光客で賑わっています。皆様思い思いに時間を過ごされていました。

以上3か所の観光をしつつ、5日目の学校最終日には各自終了証が渡されました。

現地6~7日目

週末の土日は自由行動となります。近くの離島、コミノ島やゴゾ島へ行ったり、マルタ島内のまだ巡っていない名所を巡ったり、ショッピングしたりと皆様マルタでの残りの時間を余すことなく満喫されておりました。

帰国日&日本到着日

のんびりと週末を過ごしあっという間の1週間が終わりました。帰国は行きと同様、エミレーツ航空に乗りドバイ空港で乗り継ぐ旅路となります。1週間の疲れもありつつ皆さま満足気な表情でのご帰国となりました。

ご参加者の方のコメント

授業のプログラムは充実していて、大変良かったです。先生も熱心で親切でした。追加で個人レッスンを申し込みましたが、こちらも内容が大変良く、先生の教えるテクニックが優れていました。発音中心にレッスンをお願いしましたが、文法的なミス、語彙のミスなど書き留めてくださり、正してもらえました。(40代女性)

これまでの人生の中で一番楽しく、充実したlesson でした。先生もクラスメイトも明るく、会話も多く、求めていた内容でした。レベルも丁度良かったです。月曜と木曜にプライベートレッスンを申込み、これも充実しました(フリートーク)。様々な国の方と話せて、濃い時間を過ごせました。(40代男性)

最後の週末フリータイムの内、丸1日自分1人でマルタを自由に動き回った時間は本当に楽しかったです。ホテルの受付の方々にはレストランを教えていただいたり、何かとお世話になりました。いつもどなたも親切に対応していただいて感謝です!(60代女性)

日々のレッスンをはじめ、レストランやショップなどで街の人々と会話できたことが1番楽しく、充実していました。土曜日のフリーの日はタクシーのドライバーとかなり会話でき、濃い経験となりました。英語を使わざるを得ないので、間違っていてもためらいがなくなる点が良かったです。(50代男性)

イタリア料理やシチリア料理が美味しかったです。寮も便利な場所で、部屋も清潔(お掃除も毎日)で快適でした。(50代女性)

番外編

マルタ島は別名「猫島」と呼ばれていて島には猫がたくさん見られます。ご参加者の中にも猫好きな方がいらっしゃりたくさん写真を撮られていました。マルタの猫については是非こちらの記事もご覧ください。

別名「猫島」・マルタ共和国マルタのネコは野良猫が大半のため、正式に数えられておらず、その数は30万匹から70万匹といわれています。2016年のマルタの人口(それでは早速ISSスタッフが滞在し、猫の虜になったマルタの猫スポットをご紹介します。

留学お役立ち情報一覧へ