Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

【その他各国】新型コロナウイルスに関する最新情報(6/7更新)

新型コロナウイルスに関する最新情報

新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認ください。)

全ての入国者・再入国者・帰国者に対し、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めるとともに、入国時の検査が実施されます。詳しくは、または「水際対策に係る新たな措置について」および「検査証明書の提示について」をご確認ください。

※日本への帰国・渡航に際して必要とされている出国前検査証明に関し、出発地での搭乗手続きや本邦入国時の検疫において、同検査証明の有効性をめぐり様々なトラブルや混乱が生じていることを受け、2021年4月19日以降、検査証明の確認が厳格化されます。『検査証明書の確認について(本邦渡航予定者用 Q&A)』を必ずご確認ください。

COVID-19 に関する検査証明のフォーマットはこちらからダウンロードしてください。
※入国時に提示・提出する誓約書・質問票、入国後に求められる防疫措置等、最新の情報はこちら

本ページでは、カナダ・アメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・アイルランド・マルタ以外の国の最新情報を更新しています。

※( )内は更新日です。

ドイツ(6/7)

【短期留学(90日以内)】可能
【長期留学(3ヵ月以上)】可能
【PCR検査陰性証明】必要
【入国後の隔離】不要

※2021年6月4日付で、全ての日本人のドイツ入国制限が解除されることが決定しました。これにより、日本国籍の方であれば、どなたでもどんな目的でも、以前同様ドイツに入国が可能となります。 また現時点で日本はドイツにとってのリスク地域ではありませんので、渡独後は隔離なしですぐに通常の生活を開始できます。

語学学校French in Normandayのスタッフより(2/16更新)

ルーアンでの生活ですが、コロナに気をつけながらも日中は普通に生活はできている状況です(現時点では夜間外出禁止が続いております)。

衛生商品(マスク/除菌ジェル等)も問題なく手に入りますし、PCR検査も無料で、どこででも受けることができます。2/15付けで、フランス政府より各在外大使館に、 フランス語学留学のための学生ビザを承認するにあたり、 「Qualité FLEラベル」を持つ語学学校への留学を対象にビザを発行する との通達がされるという情報を入手いたしました。

当校は、政府が公認する上記の 「Qualité FLE」ラベルを全項目において最高の3つ星を取得しています。また、現状況でも日本人の長期留学の生徒さんもいらっしゃいます。 このコロナ禍、安心してルーアンで生活していただけるように、スタッフ全員でサポートさせていただいております。

フランス(6/7)

新型コロナウイルスに関する最新情報フランス

【短期留学(90日以内)】可能
【長期留学(3ヵ月以上)】可能
【PCR検査陰性証明】必要
【入国後の隔離】不要

※2021年6月9日付で、日本人のフランス入国制限が解除されることが決定しました。観光でも留学でも入国が可能、入国後の自主隔離も不要となります。

語学学校French in Normandayのスタッフより(2/16更新)

ルーアンでの生活ですが、コロナに気をつけながらも日中は普通に生活はできている状況です(現時点では夜間外出禁止が続いております)。

衛生商品(マスク/除菌ジェル等)も問題なく手に入りますし、PCR検査も無料で、どこででも受けることができます。2/15付けで、フランス政府より各在外大使館に、 フランス語学留学のための学生ビザを承認するにあたり、 「Qualité FLEラベル」を持つ語学学校への留学を対象にビザを発行する との通達がされるという情報を入手いたしました。

当校は、政府が公認する上記の 「Qualité FLE」ラベルを全項目において最高の3つ星を取得しています。また、現状況でも日本人の長期留学の生徒さんもいらっしゃいます。 このコロナ禍、安心してルーアンで生活していただけるように、スタッフ全員でサポートさせていただいております。

フィリピン(5/3)

新型コロナウイルスに関する最新情報フィリピン

【留学】基本的に不可能
【PCR検査陰性証明】―
【入国後の隔離】―

最新情報(5/3)


・4/30、フィリピン政府は、禁止していた外国人等のフィリピン入国を条件付きで解除することを発表しました。
※日本人の語学留学が可能かについては、最新情報が入り次第更新いたします。

条件は以下の通り。
(1)入国時に有効なビザを持つ外国人、または共和国法第6768号に基づく、バリックバヤン・プログラムまたはバリクバヤン・プログラムを制定する法律に基づいて与えられた資格を有している外国人。
(2)認定された検疫ホテル/施設で少なくとも7泊分の事前予約を行うこと。
(3)到着日から6日目に検疫ホテル/施設でのPCR検査を受けること。
(4)入国日の入国客最大受入人数にも左右される。
(5)4月27日に発行されたIATF決議第112号によって課された旅行制限(インドからの渡航者及び、フィリピン到着前の14日間以内にインドへの渡航歴のある者)は引き続きフィリピン入国を禁止する。

・4/29、フィリピン政府は、オムニバス・ガイドラインの内容を、次のとおり修正することを発表しました。これにより、飲食店やその他サービス関係のお店の営業再開が見込まれています。

(1)レストラン、飲食店等の食品調理施設は、MECQ下のエリアでも、会場定員の10%の座席数で屋内での食事サービスを再開できる。
(2)美容院、理髪店、ネイル・スパ等は、会場定員の30%の座席数で営業を再開できる。
(3)上記に含まれていないパーソナルサービス(メディカル・エステティック・クリニック、コスメティック・クリニック、ダーマ・クリニック(皮膚科等)、メイクアップ・サロン、リフレクソロジー(マッサージ等)、エステティック、ウエルネス(ジム等))は、営業が許可されない。
(4)営業が許可される施設は、店員・顧客共にフェイス・マスクの着用できるサービスのみを提供するものとする。

最新情報(3/13)

マニラ市内や一部地域では外出規制が継続しています。国民全体に、不要不急の外出は控える通達が出ており、マニラなどでは州をまたぐ移動が制限されています。ショッピングセンターは営業しており、公共交通機関は乗車率制限かつ社内をビニールで区切るなどの対策をして運行しています。マスクの着用は義務づけられていますが、高温多湿な気候もあり、首都圏以外での着用率は下がってきています。学校の対面授業はなく、オンライン授業か教材配布による自宅学習になっています。需要の急増に伴うインフラ整備が課題となっていますが、地域によっては通信障害・停電が日常的に発生しています。

2/28、初のワクチンが到着し、ドゥテルテ大統領は2021年9月まで緊急事態を解除せず、ワクチン接種を完了するまで規制緩和すべきでないとの考えを示しています。

台湾(5/19)

新型コロナウイルスに関する最新情報台湾

【留学】学生ビザ・ワーキングホリデービザがあれば可能 →※5/19~6/18まで停止に。
【PCR検査陰性証明】必要
【入国後の隔離】必要

・3/1よりワーキングホリデービザの申請が再開しました。
・5/19、コロナウィルスの感染拡大により、5/19~6/18の期間、居留証持たない外国人の入国の停止が発表されました。

→詳細はこちらから。

アラブ首長国連邦(ドバイ)(3/2)

新型コロナウイルスに関する最新情報ドバイ

【留学】可能
【PCR検査陰性証明】必要
【入国後の隔離】不要

現在、学生ビザを取得しての留学が可能です。出発前72時間以内に受診したPCR検査の陰性証明が必要ですが、入国後の2週間隔離はありません。また、Covid-19をカバーする海外旅行保険の加入が義務となっております。

男性のみ学生ビザの発給停止(3/2)

当面の間、男性のみ学生ビザの発給を停止すると発表されました(理由等は不明)。

→全ての方のビザ発給を再開しました(3/8)

語学学校ES Dubaiスタッフより(2/16)

年末年始を境にコロナ感染者が増加傾向にありましたが、最近は少しずつ減少傾向にあります。ピーク時は、1日に4,000人程度の新規感染者が出ていましたが、2月の現時点で3,000人程度まで減少してきております。UAEはイスラエルに次いで、ワクチン接種率世界第2位を誇っておりますので、この効果が出てきているのかもしれません。

街の様子は、特に変わった様子はなく、モールやレストランも夜まで通常営業しております。人が多く集まるクラブ等は、クローズしている状況です。

学校でもマスクの着用、ソーシャルディスタンスは徹底しています。また、先月より一時的にソーシャルアクティビティは中止させて頂いております。月に1度程度、生徒もしくは講師がコロナ陽性になる者がでており、その場合は該当クラスを2週間程度オンラインに切り替え、滞在先にて自己隔離をして頂いております。また、登校再開に際して、該当者全員にPCR陰性証明を提出頂いております。なお、PCR検査は、提携病院で生徒証明書を提示すれば割引価格の135AEDで受検頂くことができます。

\ドバイでおすすめの語学学校はこちら/

ES Dubaiドバイというとアラビア語のイメージが強いのですが、実際は住民の85%が外国人であり、共通言語として教育・ビジネス・観光などすべてのシーンで英語が使われる国際都市…

※上記の情報は各国政府の発表、現地スタッフ及び学校スタッフの情報を元に編集しております。各国の情勢により急遽変更となる場合もございますのでご了承くださいませ。

各国コロナ情報はこちらから

【カナダ】新型コロナウイルスに関する最新情報(8/2更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【アメリカ】新型コロナウイルスに関する最新情報(7/9更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【イギリス】新型コロナウイルスに関する最新情報(7/15更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【オーストラリア】新型コロナウイルスに関する最新情報(7/29更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【ニュージーランド】新型コロナウイルスに関する最新情報(7/9更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【アイルランド】新型コロナウイルスに関する最新情報(7/9更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

【マルタ】新型コロナウイルスに関する最新情報(7/31更新)新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認くだ…

\各国のワクチン接種状況については/

【主要留学先】ワクチン接種状況&実際に海外で接種をした日本人の体験談(7/9更新)世界各国でコロナウィルスのワクチン接種が進み、再び海外との往来ができる日も近くなってきました。主要留学先のワクチン接種状況および実際に現地でワクチン接種をした日…

コロナ禍での海外留学が気になる方は

気軽にLINEで相談できます★まずは友だち追加から!

友だち追加

各国コロナ情報に関するお問合せはこちら

お問合せ・メール相談

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学プラン

あわせて読まれている
留学体験談