Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

夏休み短期語学研修 留学記【UCLAコース】

ISS国際交流センターが催行する、中高生の添乗員同行プラン「世界有数の学園都市で学ぶ夏休み短期語学研修(UCLAコース)」の2019年の記録を同行スタッフの感想とともにお届けします。

出発日

7月下旬の日曜日、成田空港に25名の生徒が集まりました。夏休みの出発で空港はにぎわっていましたが、大きな混乱もなくスムーズに手続きが済みました。シンガポール航空でチャックインをし、添乗員からの説明後、いよいよ飛行機に乗り込みます。飛行機はシンガポール航空の直行便。約10時間のフライトです。

現地1日目

12:00頃、ようやくロサンゼルス空港へ到着!入国審査はロサンゼルスについて初めて英語を使う機会。滞在期間や滞在の目的など質問されちょっと緊張。無事入国を済ませ、到着ロビーにでると「EC」(現地運営学校名)と書かれたオレンジのTシャツを着たスタッフが出迎えてくれました。そこから専用車で約15分かけUCLAに向かいます。

UCLA(University of California, Los Angeles)は10あるカリフォルニア州立大学のひとつで、中でも一番学生数の多い学校です。キャンパス全体が街のようで、校舎はもちろん、カフェテリア、テニスコート、プール、病院など様々な施設が揃っています。 到着後は部屋にチェックイン。宿泊施設は普段UCLAの学生が使用している部屋を使用します。2人または3人1部屋でそれぞれにベッド、机、クローゼットが用意されています。シャワー、トイレは部屋の外にある共同のものを使用します。その後オリエンテーションが行われ、ディナータイム。食事はキャンパス内にある食堂でブッフェスタイルです。サラダ、パスタ、ハンバーガー、ピザ、デザートなど種類は豊富。夕飯の後もまだまだ続きます!ロサンゼルスの昼は長く、夜9時でもまだ明るいことが多いため1日中使ってプログラムが行われます。ということで夕食後はオリエンテーションとプレイスメントテストがありました。時差ぼけと戦いながらのテストはちょっと大変そうでしたが皆一生懸命取り組んでいました。

現地2日目

いよいよ英語レッスンのスタートです。英語レッスンは昨日行われたテストの結果を元に1クラス15名前後のクラスになります。授業はテーマに基づいて質問が出されます。例えばテーマが「Sports」のときは、「あなたが好きなスポーツは何ですか?またその理由は?」という簡単なものから、テーマが「Culture」の時は「あなたは違う文化を受け入れることに賛成か。その理由は?」など英語で説明するにはちょっと難しいものもあります。そういった質問に対し2~3名で話し合うものが多いです。他にも短めの文章を読んでそれに対して自分の意見を話し合う、など「自分の意見を英語で話す」機会が多く設けられます。 レッスンの後はキャンパスを出てすぐのウエストウッドという街を散策しました。ウェストウッドにはカリフォルニアで有名なスーパー、Trader Joe’sやTergetなどがあり、アメリカお土産のお菓子や日用品が手に入ります。

現地3日目~6日目

3日目以降は決まったスケジュールで動きます。午前は英語レッスン。午後はアクティビティ。アクティビティは、キャンパス内ではスポーツやフォトチャレンジなど。UCLAにはテニスコート、サッカーコート、ジムなどスポーツのできる施設が充実しているので様々なスポーツで遊ぶことが出来ます。また、キャンパス内だけでなくロサンゼルスの街にでる半日観光もあります。映画「LA LA LAND」で有名になったグリフィス天文台はロサンゼルスの代名詞、「HOLLYWOOD」の看板も見ることが出来ます。またサンタモニカや高級住宅地のビバリーヒルズなどの名所も満喫しました。

現地7日目

土曜日は授業がなく、午前中はゆっくり過ごして午後のアクティビティのみ。近くのビーチへ行き(ロサンゼルスにはビーチが至る所にあります)、今週で帰国する留学生のお別れパーティをしました。ロサンゼルスのパーティーといえばなにかと浜辺でバーベキューです。ソーセージやマシュマロを焼いたり、浜辺でビーチバレーをする人や海に入って遊ぶ人など帰国する留学生の別れを惜しみつつも楽しみました。

現地8日目

週末には1日遠足があります。ロサンゼルス留学には欠かせない「ディズニー・カルフォルニアアドベンチャー」。日本にはないアトラクションやグッズの購入など、1日フルで満喫しました。

現地9日目~12日目

プログラムも2週目に入ると皆慣れてきた様子。アメリカ人スタッフに自ら英語で話かけて楽しんでいる様子もうかがえました。この週はアクティビティではハリウッドのウォークアンドフレイムに行きました。ハリウッドスターの手形や星のタイルが並んでいるところ。というと皆さんなじみ深いでしょうか?そこにはいつもスパイダーマンやジャックスパロウなどハリウッド映画のキャラクターに化けた大道芸人が並んでいて毎日お祭り騒ぎで賑わっています。他の日は、ゲッティセンターという美術館やサイエンスセンターなどロサンゼルスの名所を余すことなく満喫しました。

最終日

レッスン最終日は最後に終了式があり、一人ひとり担任の先生からCertificate(終了証)をもらいました。午後はまたまたビーチへ。先週は送る側だった皆も今週はプログラム自体が終わるため、みんなが最後の日となります。この2週間でこの日本人グループだけでなく、フランス、ロシア、台湾のお友達もでき、学校のスタッフも沢山交流をしました。ビーチではそんな仲良くなった人との記念撮影をしたり、連絡先を交換したりという様子が見受けられました。皆それぞれにロサンゼルス最後の夜を満喫しました。

帰国日

2週間滞在したロサンゼルスも今日で最後。専用バスで空港へ向かいます。入国審査ではだいぶ待たされましたが、アメリカは出国審査がないため一瞬で手続き終了。復路と同じシンガポール航空に乗り、帰路につきました。

日本到着

往路よりちょっと長いフライトを経て、無事成田空港に到着しました。入国審査、荷物検査を経て到着ロビーへ出て解散となりました。到着ロビーで迎えてくれたご家族との2週間ぶりの再会に皆ちょっと照れ臭い様子。

英語を使って過ごしたこの期間のたくさんの経験は、今後の人生に間違いなくプラスとなることと思います。アメリカの良いところ、離れて暮らすことで分かった日本の良いところ、そしてご家族の有難さを知れたのではないでしょうか。この経験を糧に今後も頑張ってくださいね。

参加者のコメント

毎日バスで沢山の場所に出かけられて、楽しかったです。現地のより生の文化に触れられました。ショッピングが1番心に残っています。外国人のスタッフの人達と一緒に卓球をしたことが1番楽しかったです。(15歳女)

言葉が伝わらず困ったこともありましたが、それによって自分の課題がよく分かったのですごく良い経験になった。 (13歳女)

英語が分からなかったこともあるがある程度授業についていくことが出来た。フランスから来た人がとても明るく面白かった。(15歳男子)

授業がとても楽しかったです。メンバーもとても良く、先生も面白い方でした。その中で楽しく英語を学ぶことができ、とても楽しかったです。(14歳女)

他国籍の方ともたくさん話せて仲良くなることができた。帰りたくないぐらい毎日が幸せでとても楽しかった。
(14歳女)

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学体験談