Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

エアライン就職を実現させよう!カナダでエアライン留学

英語を使って外国人を接客したり、世界各国を飛び回ったり、そんなお仕事に誰もが一度は憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか?

インターネットや通信など新たな業種が次から次へと出てくる世の中ですが、航空業界は就職先として今でも不動の人気を誇っています。

2021年卒 就職企業人気ランキング

こちらは株式会社マイナビと株式会社日本経済新聞社の両者共同で行っている調査の就職企業人気ランキングです。

順位企業名
1JTBグループ
2全日本空輸(ANA)
3日本航空(JAL)
4東京海上自動火災保険
5オリエンタルランド
6資生堂
7エイチ・アイ・エス(H.I.S.)
8Plan・Do・See
9ソニーミュージックグループ
10味の素
2021年卒マイナビ大学生就職企業人気ランキング(文系女子)

トップ5の中に航空会社が2社もランクインしています。それ以外でも旅行やテーマパークなど、娯楽や旅行に関連した企業が4社ランクインしています。

しかしながら新型コロナウイルスの影響により、航空業界は大きなダメージを受けています。そのため多くの企業が2021年度の採用を中止する結果となりました。

日本の航空会社の新卒採用情報

日本航空

2021年度:中止
2022年度:未発表

ANAグループ

2021年度:中止
2022年度:一部の職種に限定し、採用人数を大幅に圧縮
【採用を見送りした職種】
グローバルスタッフ職(事務)/ グローバルスタッフ職(技術)/ 客室乗務職 /運航乗務職(自社養成パイロット)

スカイマーク

2021年度:中止
2022年度:未発表

AIR DO

2021年度:一部の職種に限定
【採用を見送りした職種】
客室乗務員 / グランドスタッフ
2022年度:未発表

スターフライヤー

2021年度:若干名募集
2022年度:未発表

ソラシドエア

2021年度:若干名募集
2022年度:未発表

※上記採用情報は各社公式ホームページの採用情報とマイナビ2021の掲載情報を基に記載しています。予告なく変更になる場合もございますのでご了承ください。

以上のように2021年卒採用では多くの企業が採用を中止、または職種を限定しての採用となりました。2021年に入っても航空業界を取り巻く環境は厳しく、2022年卒採用でも縮小が予想されます。

応募条件とは?

2021年度入社新卒採用の客室乗務職の応募条件として出していたものは以下の通りです。(採用自体は中止されています。)

(1)2020年4月~2021年3月までの間に専門学校・短期大学・高等専門学校・4年制大学または大学院(修士課程)を卒業見込みの方
(2)呼吸器、循環器、耳鼻咽喉、眼球、脊椎等が航空機乗務に支障なく、必要な体力を有し、心身ともに健康な方。裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上の方。
(3)土曜・日曜・祝祭日、年末年始を問わず、早朝および深夜を含む交替制勤務が可能な方。
(4)TOEIC600点以上、または同程度の英語力を有することが望ましい。
(5)国際線に乗務するまでにパスポートの取得が可能であること

JAL2021年度職種別募集要項 新卒 客室乗務職

以上のように、他の一般企業と比較して特別な条件はありませんが、毎年1万人以上ものエントリーがあるので、上記の条件は最低限として、周りとは差をつける能力や経験が必要になることは間違いありません。

2ヵ月で差をつけるエアライン留学

カナダのトロントにある語学学校Sprott Shaw Language Collegeで開講されているプログラム、「Communication for Airline Cabin Crew Training(CACCT)」では航空会社で働く際に頻繁に使用する英語にフォーカスし、コミュニケーション力の向上を図るとともに、キャビンクルーとして必要な知識や接客のプロに必要な質の高いホスピタリティスキルの取得を目指します。

プログラムではオリジナルの教材を元にキャビンクルーとしての知識、航空機の仕組み、接客、クルー間でのコミュニケーションから安全対策まで幅広い内容を学びます。各レッスンの中では模擬テストを行い知識の定着を図ります。

将来、エアライン業界や旅行業界での就職を希望される学生へおすすめのプログラムです。

プログラム概要

期間:4週間または8週間
授業:月~金 1日2時間(週10時間)
開始日:夏季、冬季(2021年は未定)
入学基準:TOEFL45~46、TOEIC550、IELTS4.5
費用:67,200円(4週間)、134,400円(8週間)
   ※その他申込金、テキスト代などがかかります

プログラム内容(全8回)

Lesson1:プロとしてのキャビンクルー
・キャビンクルーの歴史
・トレーニングとクルーのサンプルスケジュール
・状況に応じた機内アナウンスメント

Lesson2:機内でのフードマネージメントとサービス
・機内食の歴史
・フードマネージメント
・食事などサービス関連のロールプレイ

Lesson3:安全と緊急対応
・緊急時における対応、対処方法
・危険物に関する知識と規定
・緊急時に使用される設備と器具

Lesson4:航空業界入門知識
・航空業界の歴史
・航空業界での専門用語と定義
・税関と入国管理の基礎知識

Lesson5:カスタマーサービス
・接客におけるルールと必要不可欠なスキル
・苦情対応やクライアントとのかかわり方
・特別対応が必要なクライアントへの理解と対応

Lesson6:航空機入門知識
・航空機に関する入門知識
・時差、タイムゾーンの知識
・航空機の仕組みと用語

Lesson7:キャビンクルーになるためには
・応募資格や就職活動の流れ
・就職活動の成功の秘訣
・身だしなみについてのルール

Lesson8:就職活動や面接準備
・履歴書の書き方
・カバーレターの目的と書き方
・面接対策

このプランの体験談

毎日英語でキャビンクルーの勉強ができるのは、私にとってとても貴重な経験になりました。英語を使いながら様々な国籍、またキャビンアテンダント、グラウンドスタッフ、パイロットなど目標を持ったクラスメイトとのグループワークをし、意見交換をしていくことは日本ではできない経験でした。

授業の中では専門用語から緊急時の対処法、また履歴書の書き方や疑似面接がありました。先生と生徒の距離も近く、勉強がしやすいというのもこのプランを選んで良かったと思う理由です。

教室の中だけで学ぶのではなく、空港を見学することによって日本の空港との違いを見つけることができましたし、実物を見ながら機体の説明や器具の名前を教えてもらえました。

私にとってこのプランを選んだことは将来へのモチベーションにもなりましたし、カナダでの素敵な思い出になりました。少しでも航空業界に興味のある方はおすすめのプランです。

千坂さん(大学生)
千坂さん(大学生)

通常の英語コースでは学ぶことのない単語を学ぶことも出来ましたし、英語でアナウンスを練習した際には普段の会話にも応用できました。また、履歴書の書き方や面接の対策も出来るため、就職活動の準備もすることができました。
座学だけではなく、授業内でエミレーツ航空の制服の帽子をかぶらせてもらったり、シートベルトや酸素マスク着用のアナウンスを実物を使ってデモンストレーションしたり、空港見学に行ったり、実際にフライトアテンダントとコミュニケーションをとる等、様々な経験ができ、楽しく学習できました。
空いた時間でTOIC対策を追加しましたが、日本出発前の点数から一気に100点あげることができました!帰国後の就職活動にも役立つので良かったです。

Uさん(大学生)
Uさん(大学生)

お問合せ・メール相談

お問合せの際は、「エアライン留学について」とご記入いただけるとスムーズです。

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学プラン

あわせて読まれている
留学体験談