Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

2020年最新!留学奨学金まとめと審査不要の奨学金

留学に行きたいけれどお金がない!費用を稼ぐ時間がない!という方にお勧めなのが「奨学金」。一言に奨学金といっても数100はあると言われ、返済不要なものと返済型のもの。民間が実施しているものや公的機関が出しているもの。など種類は様々です。そこでお勧めの奨学金制度をご紹介、また最後には審査不要のお得な奨学金情報もお伝えします!(※以下の情報は2020年10月20日時点のものです。奨学金の給付額や応募条件は変更される場合もございます。)

日本学生支支援機構 JASSO
トビタテ!留学JAPAN【給付型】
松下幸之助国際スカラシップ【給付型】
吉田育英会 派遣留学プログラム【給付型】
審査不要の奨学金
ISS専属アンバサダー

「給付型」と「貸付型」

奨学金には大きく分けて2種類があります。まずは自分の申請する奨学金がこの2つのどちらかを確認することが重要です。「給付型」は返済が一切不要な奨学金です。そのため応募の条件や定員は厳しいものが多いです。 次に「貸付型」です。文字の通り貸し付けしてもらう返済義務のある奨学金です。こちらは前者に比べ条件は緩く、定員もさほど限定されていないものが多いです。しかし中には利子のつくものもあるので、その場合は元の費用よりも多くかかります。

それでは実際にどんな奨学金制度があるかご紹介します。

日本学生支支援機構 JASSO

留学の奨学金として最も有名なのが独立行政法人のJASSOが実施するものです。JASSOの中でも給付型と貸付型の2種類があり、また目的によっていくつかの制度があります。

●高校卒業後に海外の大学で学士号の取得を目指す方向け【給付型】

対象:海外にある大学で「学士号」を取得する課程に直接進学する者
語学要件:TOEFL iBT80以上、またはIELTS6.0以上
奨学金:月額59,000~118,000円
授業料:年度250万円を上限とする実費額
定員:45名(2019年度実績)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/1shu_short.html

● 海外の大学等へ短期留学をする方向け【貸付型】

対象:国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校(4・5年及び専攻科のみ)・専修学校 (専門課程)に在籍する学生
語学要件:なし。ただし一定の学力基準が必要
奨学金:月額2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12万円の選択制
利息:利率固定方式または利率見直し方式のどちらかを選択
返済:貸与
定員:なし。ただし採用には審査が必要
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/2shu_short.html

トビタテ!留学JAPAN【給付型】

2014年にスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を派遣留学生として送り出す予定です。2021年度の実施はまだ発表されていませんがここでは2021年度の概要をご紹介します。

2020年度は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、11月27日に2021年度の新規募集が発表されました。尚、留学先機関の所在地が「海外安全ホームページ」上「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」以上に該当する地域の場合、原則として、奨学金の支給対象外となります。

対象:日本の大学等において、卒業又は学位取得を目的とした課程に在籍する学生
語学要件:なし
奨学金:月額12万円または16万円(国により異なる)
準備金:15万円または25万円(国により異なる)
授業料:30万円 
https://tobitate.mext.go.jp/univ/

松下幸之助国際スカラシップ【給付型】

(2020年度の応募は締め切りました。来年度の募集要項は2021年6月に発表される予定です。)

パナソニック(旧松下電器)の創業者である松下幸之助の志を受け継ぎ、未来のリーダーを支える公益財団法人として設立された「松下幸之助記念志財団」の一事業として行われています。

対象:日本の大学に学部生として在籍する者
助成対象:アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の大学・大学院及び政府研究機関に所属しての調査研究
奨学金:月額14万円
定員:5名程度
http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/jpn/promotion_jpn_01.html

吉田育英会 派遣留学プログラム【給付型】

(2021年度の募集は終了しています)

YKKグループの創業者吉田忠雄の発意により設立された奨学財団「吉田育英会」による助成制度です。資質優秀な学生に経済的支援を行うことで社会に有用な人材を育成することを目的にしています。

対象:日本の大学の学士号以上の学位を留学開始までに取得している方
助成対象:以下のいずれかを目的とする
①海外の大学の博士号を取得②海外の大学院等の研究機関で研究を行う③海外の医学医療・公衆衛生系大学院で専門職学位を取得する
奨学金:月額20万円
語学条件:理系の場合 TOEFL iBT88点以上、またはIELTS6.5以上
文系の場合 TOEFL iBT100点以上、またはIELTS7.0以上
定員:5名程度
https://www.ysf.or.jp/scholarship/visitor/universal/overseas.php

以上挙げてきたように、給付型のものは海外の大学や大学院での単位取得や研究を目的とする留学への支援が多くみられます。支援が大きい分、条件が厳しく選考にも準備が必要です。
そこでここからは返済不要!審査不要!誰でも受けられる奨学金をご紹介します。

語学学校が提供する奨学金

語学学校が定期的に出す割引キャンペーンなら誰でも受けることができます。学校により期間の条件などはありますが、中には20万円以上もお得になるキャンペーンも!
現在ご紹介しているキャンペーンはコチラ↓(2020年12月27日時点)

【ISS留学ライフ特別】語学学校からの奨学金情報(1/9更新)出来るだけ費用を抑えて留学したい!というのは誰もが思うことではないでしょうか。ここでは語学学校から特別に提供されている奨学金(スカラシップ)をご紹介します。 成…

※上記以外にも多数キャンペーンがあります。詳しくはお問合せください。

ISS専属アンバサダー

ISSでは「ISS専属アンバサダー」として留学体験をシェアしていただける方を募集しています。アンバサダーとして活躍していただく方には、留学費用から3万円の割引をさせていただきます!

対象:ISSの留学プランにお申込みを頂き、2020年10月1日~2021年6月30日までに日本を出発、3週間から1年間の留学・語学研修をされる18歳以上の方
条件:ISS留学ライフの公式SNS(InstagramFacebook)をフォロー
活動内容:以下3つの中からいずれか2つを選択
①留学中に公式SNSに留学中の現地レポート、写真を送る
②帰国後、ISSのイベントにて留学体験者としてお話
③帰国後、ISSのパンフレット「留学ライフ」およびホームページにて紹介している留学体験談の寄稿

アンバサダーに関するお問合せはコチラ

留学お役立ち情報一覧へ

あわせて読まれている
留学プラン

あわせて読まれている
留学体験談