Z-KAI Group

MENU

留学お役立ち情報

【マルタ】新型コロナウイルスに関する最新情報(11/3更新)

新型コロナウイルスの感染拡大により各国では入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。(各国の渡航に関する情報は外務省の「海外安全ホームページ」でご確認ください。)

マルタ滞在中のお客様より動画が届きました(撮影は2020年10月)

EC Maltaのスタッフより(9/18)

・9/13時点の感染者合計は465名。
・8月に比べ新規感染者数、合計感染者数ともに減少傾向
・小中高校で授業開始
・商業施設や交通機関はマスク着用のもと営業可能
・屋外ではマスク着用の義務なし
・バーやクラブは営業停止
・カフェやレストランの、室内席はテーブルの間隔などの規制。店員はマスクやフェースシールドを着用。

昔ながらのカフェもしっかり飛沫防止対策
元々テラス席の多いマルタ。日常と変わらずカフェタイムを楽しんでいます。
9月に入ってもビーチで楽しむ人が多く見られます

マルタへの入国について

・7/1のマルタ国際空港再開後、7/15より日本人も渡航が可能になっています。
・入国の際は、機内で自己申告書が配布され、到着時に提出が義務付けられています。
・到着後の14日間自主隔離も不要となります。

自己申告書

・マルタから発表される「注意が必要な国(Amber list)」より入国する場合は、マルタ行きのフライトに搭乗する前に、PCR検査の陰性結果を提出する必要があります。過去72時間以内に行われた検査の陰性結果証明書を提示しない乗客は、マルタ国際空港で検査を受けるか、到着時にマルタで自己隔離を要請されます。

・現在「注意が必要な国(Amber list)」には、チェコ、チュニジア、ブルガリア、ルーマニア、スペインの5ヵ国でこのリストは定期的に更新されます。

EC Maltaのコロナ対策

校舎内に入る際の体温チェック
生徒はマスク着用
先生はフェイスシート着用

EC Malta日本人留学生について

7月中旬以降、約20名の日本人学生が ECマルタ校での英語留学を開始しています。日本帰国後の隔離期間があるため、3ヵ月、または6ヵ月以上の留学生がほとんどです。

Sprachcaffe Maltaのコロナ対策

マルタ校は、感染症対策の安全プロトコルを順守している学校として、観光局に認証を得ています。

認証ステッカー
教室前の消毒液設置の様子です。小さなテーブルを置き、そこに消毒液を設置しています。
換気しやすい屋外テラスでの授業やオリエンテーションを行っています。

IELS Maltaのコロナ対策

感染症対策の安全プロトコルを順守している学校として、観光局に認証を得ています。

認証ステッカー
受付等にはしっかり飛沫防止のアクリル板が設置されてます。
アクリル板+マスクで徹底対策!
先生もフェイスシールドを着用し、席も少し離して授業を行っています

Link School of Englishのコロナ対策

現在、留学中のお客様より動画が届きました。現地の雰囲気を感じていただけると思いますので是非ご覧ください。

◆ 対面授業を再開した学校
EC Malta
IELS Malta
Link School of English
Sprachcaffe Malta
Easy School of Languages

※上記の情報は各国政府の発表、現地スタッフ及び学校スタッフの情報を元に編集しております。各国の情勢により急遽変更となる場合もございますのでご了承くださいませ。

マルタの情報に関するお問合せはこちら

お問合せ・メール相談

留学お役立ち情報一覧へ