• issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2018.04.25

2018年版 夏秋冬号
IMALUさん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • お問い合わせ
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

留学トピックス

2018年06月1日

欧米 ライブハウス事情

こんにちは!

6月となり、今年の半分を過ぎました。

梅雨が過ぎたら、夏が待っています!

夏と言えば、音楽フェスティバルが全国各地で開催されます。

 

今回は音楽に関連付けて、日本と欧米のライブハウスの違いをお伝えします。

 

①写真・動画撮影OK

日本では写真撮影がNGの公演が多いですが、欧米では写真撮影が許可されていることがほとんどです。

ファンがSNSに写真や動画を投稿しているのも良く見受けられます。

 

②パブやカフェと併設されている所が多い

日本のライブハウスだと『ワンドリンク制』と言って、チケット代とは別にドリンク代を支払うケースが一般的ですが、欧米ではそのような制度はありません。 

併設されているパブなどで、飲みたくなったら買いに行くスタイルです。

 

③思うがままに楽しむ!

日本だと、バラードでは静かに聴く…など暗黙のルールがありますが、欧米ではは自由にライブを楽しんでいます。

海外アーティストが日本で公演をすると、日本人は良く言えば行儀が良い・悪く言えば静かすぎて驚いたという話もよく耳にします。

 

【番外編・海外ライブ遠征】

日本ではなかなかライブチケットがとれない人気アーティストも海外であれば、比較的とりやすく、アーティストの近くで楽しめるというメリットがあります!

 

留学・ワーキングホリデー中の方はもちろん、そうでない方も海外のライブハウスで日本との違いを体験してみてはいかがでしょうか?

     
無料カウンセリング   お問合せ
     
電話でのお問い合わせ

ここにしかない強みをご紹介! issを選ぶ理由

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 電話相談

資料請求

ISS International Students Services