• issを選ぶ理由

留学ライフ最新号

最新号

試し読みをする

  • 留学体験談

スペシャルインタビュー

2017.10.20

2018年版 春夏号
IMALUさん

モニター研修

その他の国

留学お役立ち情報

  • 留学にかかる費用
  • 留学保険の重要性
  • 留学準備のまとめ
  • 留学奨励金制度
  • 交換留学
  • 留学する際の心構え
  • 無料カウンセリング
  • 留学説明会のお申込み
  • 資料請求
  • 外務省 海外安全ホームページ
  • 留学あんしんサポート
  • 文部科学省公認キャンペーン

    トビタテ!留学JAPAN

    ISSは「トビタテ! 留学JAPAN」
    に参加しています。

  • シェーン英会話
  • ケンブリッジ英語検定

交換留学

交換留学とは?

交換留学とは、現在の学校に在籍したまま、海外の学校に一定期間(1年間程)留学する形の留学形式のことです。留学先の学校は卒業せず、帰国後、復学して日本の学校を卒業します。

「交換留学」というと、自分が留学する代わりに、留学先の学校から、留学生を受入れる「学生の交換」と思われがちですが、必ずしもそういう意味ではありません。「交換留学」の「交換」とはお互いの国の文化や考え方の交流・交換を意味していると考えればよいでしょう。

高校生の交換留学(私費留学との違い)

高校生の交換留学

交換留学の受入れ先である交換留学団体はボランティア組織であるため、私費留学を手配するような留学斡旋会社とは違い、留学生に対する特別なサービスは用意されてはいません。
現地のホームステイ先もすべてボランティアです。

交換留学というのはあくまでも異文化の体験や、地域社会との交流を目的としたものであるため、派遣先で良い人間関係を築き、 お互いの文化の交換ができるように努力することが要求されます。
その分、私費留学よりは安く留学することが可能です。

申込先: 全国にある交換留学団体
参加資格: 交換留学のプログラムに参加するためには選考試験をパスしなければならず、申し込みをすれば誰でも行けるというものではありません。
留学先: 各交換留学団体によって違いますが、普通は自分が希望する国の公立高校に留学することになります。(場合によっては留学生受け入れのサポート体制が無い学校に留学することもあります。)
滞在方法: ホームステイが一般的
留学期間: 1年以内
費用: 年間90~150万円程(私費留学の場合年間150~400万程)

大学生の交換留学

大学生の交換留学

大学生の交換留学は、日本国内の各大学の在校生を対象に、各大学が交換協定を結んでいる海外の大学に学生を派遣する形になっています。

在学中の大学と交換協定を結んでいない大学に留学することも可能ですが、その場合は、私費留学扱いになります。その場合、それぞれの大学により、留学中の学費の支払いや単位の扱いがさまざまですので、相談が必要です。

申込先: 各大学
参加資格: 申し込む大学の在学生であること、そして学内での選考にパスする必要があります。(大学での成績とTOEFLのスコア等が選考の基準となるのが一般的。)
※交換留学先で取得した単位は、在籍中の大学の単位に換算することができます。
留学先: 各大学が交換協定を結んでいる大学のある国
※在学中の大学と交換協定を結んでいない大学に留学することも可能ですが、その場合は、私費留学扱いになります。
留学期間: 一般的には1年間
学費: 一般的には、在籍中の大学か、または留学先の大学か、どちらか一方に払えばよいことになっています。

留学する際の心構えについて知りたい >

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 留学説明会お申込み

資料請求

ISS International Students Services